アケボノツツジ開花宣言…高千穂の里山旅

2024.04.14(日) 日帰り

恒例の、赤川浦岳のアケボノツツジ。 柔らかい咲きすがたに 平穏な日々のありがたさを感じます。 八年前の熊本地震では 避難所でしばらく暮らしました。 どんな時も 花は変わらず咲くのだなぁ。 安定の開花を見届けたら 近くの四恩岳へ。 ここ、アキレス腱伸びっぱなしでした。

力強く。
今日は、宮崎県高千穂町へやって来ました。

力強く。 今日は、宮崎県高千穂町へやって来ました。

力強く。 今日は、宮崎県高千穂町へやって来ました。

毎年アケボノツツジを見に来ます。行き交う登山者とご挨拶。黒原越は冷たい風だけど…
2/28

毎年アケボノツツジを見に来ます。行き交う登山者とご挨拶。黒原越は冷たい風だけど…

毎年アケボノツツジを見に来ます。行き交う登山者とご挨拶。黒原越は冷たい風だけど…

アップダウンで、身体はホカホカ。

アップダウンで、身体はホカホカ。

アップダウンで、身体はホカホカ。

高千穂の中心部は雲海の下。

高千穂の中心部は雲海の下。

高千穂の中心部は雲海の下。

諸塚山と、大仁田の風車だ。
5/28

諸塚山と、大仁田の風車だ。

諸塚山と、大仁田の風車だ。

ほどなく、アケボノツツジ

ほどなく、アケボノツツジ

ほどなく、アケボノツツジ

咲きそろってるなぁ

咲きそろってるなぁ

咲きそろってるなぁ

柔らかいから

柔らかいから

柔らかいから

空気が透けているみたい。
9/28

空気が透けているみたい。

空気が透けているみたい。

岩峰のあたりへ行きますか。

岩峰のあたりへ行きますか。

岩峰のあたりへ行きますか。

着いたら、絶壁に座ってみました。
ホントは足がブルブル…。

着いたら、絶壁に座ってみました。 ホントは足がブルブル…。

着いたら、絶壁に座ってみました。 ホントは足がブルブル…。

クサノオウ
12/28

クサノオウ

クサノオウ

国道325号線から旧道へ。
槐(サイカチ)の大木や、水路塔が残る〈人夫坂隧道〉トンネル。ここが、目指す四恩岳の登山口ですが…
13/28

国道325号線から旧道へ。 槐(サイカチ)の大木や、水路塔が残る〈人夫坂隧道〉トンネル。ここが、目指す四恩岳の登山口ですが…

国道325号線から旧道へ。 槐(サイカチ)の大木や、水路塔が残る〈人夫坂隧道〉トンネル。ここが、目指す四恩岳の登山口ですが…

崩落で取り付きが通れないので、西側のザレた斜面から尾根に上がりました。
ここに決めるまでキョロキョロウロウロ。

崩落で取り付きが通れないので、西側のザレた斜面から尾根に上がりました。 ここに決めるまでキョロキョロウロウロ。

崩落で取り付きが通れないので、西側のザレた斜面から尾根に上がりました。 ここに決めるまでキョロキョロウロウロ。

軽度の薮こぎを抜けたら、
きつい勾配が始まります。
15/28

軽度の薮こぎを抜けたら、 きつい勾配が始まります。

軽度の薮こぎを抜けたら、 きつい勾配が始まります。

絵本のような、ふもとの集落。

絵本のような、ふもとの集落。

絵本のような、ふもとの集落。

ゴツゴツした岩尾根

ゴツゴツした岩尾根

ゴツゴツした岩尾根

立ちはだかる巨岩は
東側に巻きましょうか。
18/28

立ちはだかる巨岩は 東側に巻きましょうか。

立ちはだかる巨岩は 東側に巻きましょうか。

おっと…石の祠がありました。

おっと…石の祠がありました。

おっと…石の祠がありました。

植林地で息を整えたら

植林地で息を整えたら

植林地で息を整えたら

地面にしがみついて、また急登

地面にしがみついて、また急登

地面にしがみついて、また急登

杉の古木が、
ともろのあがきを見ています。

杉の古木が、 ともろのあがきを見ています。

杉の古木が、 ともろのあがきを見ています。

まだまだ続く登り坂。
ルートは明確ですが、踏み跡やテープがないので足場は自分で探すのです。

まだまだ続く登り坂。 ルートは明確ですが、踏み跡やテープがないので足場は自分で探すのです。

まだまだ続く登り坂。 ルートは明確ですが、踏み跡やテープがないので足場は自分で探すのです。

偽ピークに、ひぃ〜っ。

偽ピークに、ひぃ〜っ。

偽ピークに、ひぃ〜っ。

つ…着いた。
狭い山頂広場でした。

つ…着いた。 狭い山頂広場でした。

つ…着いた。 狭い山頂広場でした。

下山はピストン。
ヘビさんも春の証だなぁ。
トゲに気をつけて下りました。
26/28

下山はピストン。 ヘビさんも春の証だなぁ。 トゲに気をつけて下りました。

下山はピストン。 ヘビさんも春の証だなぁ。 トゲに気をつけて下りました。

無事にトンネルに帰着です。

無事にトンネルに帰着です。

無事にトンネルに帰着です。

そして、近所の健軍川。
鯉のぼりが水路を飾る季節だなぁ。
28/28

そして、近所の健軍川。 鯉のぼりが水路を飾る季節だなぁ。

そして、近所の健軍川。 鯉のぼりが水路を飾る季節だなぁ。

力強く。 今日は、宮崎県高千穂町へやって来ました。

毎年アケボノツツジを見に来ます。行き交う登山者とご挨拶。黒原越は冷たい風だけど…

アップダウンで、身体はホカホカ。

高千穂の中心部は雲海の下。

諸塚山と、大仁田の風車だ。

ほどなく、アケボノツツジ

咲きそろってるなぁ

柔らかいから

空気が透けているみたい。

岩峰のあたりへ行きますか。

着いたら、絶壁に座ってみました。 ホントは足がブルブル…。

クサノオウ

国道325号線から旧道へ。 槐(サイカチ)の大木や、水路塔が残る〈人夫坂隧道〉トンネル。ここが、目指す四恩岳の登山口ですが…

崩落で取り付きが通れないので、西側のザレた斜面から尾根に上がりました。 ここに決めるまでキョロキョロウロウロ。

軽度の薮こぎを抜けたら、 きつい勾配が始まります。

絵本のような、ふもとの集落。

ゴツゴツした岩尾根

立ちはだかる巨岩は 東側に巻きましょうか。

おっと…石の祠がありました。

植林地で息を整えたら

地面にしがみついて、また急登

杉の古木が、 ともろのあがきを見ています。

まだまだ続く登り坂。 ルートは明確ですが、踏み跡やテープがないので足場は自分で探すのです。

偽ピークに、ひぃ〜っ。

つ…着いた。 狭い山頂広場でした。

下山はピストン。 ヘビさんも春の証だなぁ。 トゲに気をつけて下りました。

無事にトンネルに帰着です。

そして、近所の健軍川。 鯉のぼりが水路を飾る季節だなぁ。