岳沢BC、西穂高岳

2016.04.29(金) 09:26 - 2016.05.01(日) 08:51
Hotakadake, Yarigatake, Kamikochi (Nagano, Toyama, Gifu)
=コースタイム= (4/29)小雪後曇り時々晴れ間 9:30上高地-12:40岳沢小屋(幕営) (4/30)快晴夕方から暴風雪 5:50テント発-6:20西穂沢取付き-10:20西穂山頂-12:50テン場 (5/1)霙交じりの雨 6:50岳沢小屋発-8:30上高地-9:00沢渡駐車場 所属山岳会の春山合宿を岳沢BCにて西穂高岳と前穂高岳に登る計画で出発。 今回は2泊で2座登る班5名と1泊で西穂のみ登る班4名の総勢9名での合宿でした。 結果的には4/30夕方から天候悪化で一晩中暴風雪が吹き荒れ5/1予定の前穂は危険と判断し 中止して下山しました。 この日は北アルプス各方面で遭難が相次いだので登頂を中止したのは賢明な判断でした。 残雪期限定の雪渓からの西穂は登りごたえがあり天候も味方してくれたので とても素晴らしい思い出に残る山行となりました。

写真

河童橋で台湾からの観光客と記念撮影をして出発

河童橋で台湾からの観光客と記念撮影をして出発

BCの岳沢小屋にとうちゃこ!

BCの岳沢小屋にとうちゃこ!

我らが館

我らが館

少し晴れてきたので稜線方面をパチリ

少し晴れてきたので稜線方面をパチリ

この日のテン場はこんな感じ

この日のテン場はこんな感じ

2日目の朝、快晴。乗鞍に朝日が当たる

2日目の朝、快晴。乗鞍に朝日が当たる

目指す西穂山頂方面もクッキリ

目指す西穂山頂方面もクッキリ

釣り尾根

釣り尾根

乗鞍、大きいね

乗鞍、大きいね

天狗沢のデブリ跡を超えていく

天狗沢のデブリ跡を超えていく

天狗沢全景

天狗沢全景

西穂高沢の取付きに到着。ここから雪渓を稜線まで詰めていく

西穂高沢の取付きに到着。ここから雪渓を稜線まで詰めていく

明神岳からのご来光

明神岳からのご来光

まだまだ遠い

まだまだ遠い

登ってくるメンバーたち

登ってくるメンバーたち

霧氷が綺麗でした

霧氷が綺麗でした

半分くらい登ったかな?

半分くらい登ったかな?

すごく急に見えますが本当に急なのです

すごく急に見えますが本当に急なのです

前穂方面、右の雪渓が明日登る予定の奥明神沢

前穂方面、右の雪渓が明日登る予定の奥明神沢

なんか槍沢の風景に似ている

なんか槍沢の風景に似ている

大分登ってきました

大分登ってきました

前穂と目線の高さが同じくらいになってきた

前穂と目線の高さが同じくらいになってきた

あと少し

あと少し

ここから右へ斜上していく

ここから右へ斜上していく

稜線上の雪庇

稜線上の雪庇

稜線とうちゃこ!! 長かった~

稜線とうちゃこ!! 長かった~

笠が岳

笠が岳

裏銀座方面

裏銀座方面

西穂高岳山頂直下の雪壁

西穂高岳山頂直下の雪壁

ヤッター!! 西穂山頂。

ヤッター!! 西穂山頂。

奥穂~前穂。奥に北穂

奥穂~前穂。奥に北穂

北穂~槍

北穂~槍

槍~裏銀座

槍~裏銀座

さあ、転ばないように下りますよ。

さあ、転ばないように下りますよ。

雨の上高地へ帰ってきました

雨の上高地へ帰ってきました

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。