山荘の巨岩。山荘はまだ開いてませんでした。 戻る 次へ

瑞牆山・金峰山(甲州御岳山)・鷹見岩・丸山の写真

2024.04.13(土) 12:40

山荘の巨岩。山荘はまだ開いてませんでした。

この写真を含む活動日記

34
122

16:50

15.7 km

1968 m

瑞牆山・金峰山(甲州御岳山)・鷹見岩・丸山

ヤマノススメ巡礼マップ(瑞牆山・金峰山) (山梨, 長野)

2024.04.13(土) 2 DAYS

今回は、山登り春のテン泊祭り。 金峰山、瑞牆山にお世話になりました。 実は先週も、とある百名山に登ったんですが、、、 仔細は、リベンジの時に反省文を認めさせて頂きます。 さて気分を変えて、今回のヤマザキ春のパン祭り、、、 では無くテン泊山行ですが、金峰山は以前、大弛峠から尾根沿いに登頂してまして、その時お会いした御夫人より、「瑞牆山荘からの方が良いですよ。」と勧められて、また、途中の富士見平小屋の鹿肉ソーセージが美味そうなんで、小屋開きを待ってのテン泊登山にあいなった次第でございます。 初日は、小屋でテントを設営してから、金峰山へ。 まだ稜線上には残雪がかなりあり、いつもの軽アイゼンを付けたり外したりまた付けたり、、、 精神的にも辛かったですが、岩場の稜線が素晴らしく、疲れもぶっ飛びました。 世間的には、あまり知られていないお山ですが(失礼‼️)、山好きの方が足げく通われる気持ちが分かった気がします。ガレ場岩場苔道等変化が多く、眺望も素晴らしく面白い。 確かにココは通うかも。 念願の富士見平小屋も、結構テン泊される方も多く、広くて木々の合間から、富士や八ヶ岳が眺望出来て、鹿肉ソーセージも激旨。ココも通うかも。 翌日、予定は、朝3時出立で瑞牆山の日の出‼️と考えていたのですが、初日にお会いしたクライマーの若い衆の方から、「山頂直下が、アイスバーンでツルツルガチガチ」と伺い、出立を2時間遅らせアタック。 確かに「山頂まで10分」の案内板から突如のツルツルガチガチで、情報交換の大事さを今更ながら痛感した次第です。 尚、山頂までは岩場祭りで、最近の雪上行軍だったり、ガレ場のだんだら登りが多かっただけに、 ルート判断しながら行く岩場は好きかも❤️ と、また危ない世界に足を突っ込みそうな予感。 これからも懲りずに、「安全慎重‼️」を呟きながら(声に出してたかも)これからも行きますぜ。 GWからは、いよいよ南アルプスと八ヶ岳を目指します。乞うご期待。(無事に帰ってこられるんやろか、、、)