ゴロゴロ 戻る 次へ

【雲取山・白岩山・妙法ヶ岳】往復で縦走してみたの写真

2024.04.13(土) 15:22

ゴロゴロ

この写真を含む活動日記

39
111

12:18

37.5 km

3508 m

【雲取山・白岩山・妙法ヶ岳】往復で縦走してみた

雲取山・鷹ノ巣山・七ツ石山 (東京, 埼玉, 山梨)

2024.04.13(土) 日帰り

雲取山ってイイ人しかいないのか。 ハイカーさん、ランナーさん、歩荷さん、小屋の方、皆さんとてもイイ人だったぞ。民度が高くてびっくりした。 おかげで色々な方とおしゃべりしてしまった。 当日、お話しして下さった方がワタシのページを見つけてこの日記をご覧になる可能性があるのだが、長文なので覚悟して頂きたい。 今までご覧になった日記の中でぶっち切りで長いと思うので心の準備を。 ---------------------------------------- 皆様はお花見をされただろうか。 ワタシも先週は桜を楽しませてもらった。 来年も、この先も桜を見て楽しい気分になりたいものである。 さて、ワタシはアイコンを戻した。 知らない方もいると思うので説明しておくと、2週間程だが女の子のアイコンにしていた。 そのアイコンに関して、理屈的には有名人やゆるキャラ、犬や猫などのアイコンと何ら違わないはずだ。 本人のみ、というルールはない。 フォロー頂いたがすぐに解除された方、申し訳ない。 ワタシは男である。 解除されても通知は残るので気が付いてしまうのだ。 どこからか飛んできてDOMOをくださった男性方、本当にありがとう。 ワタシも贔屓目抜きで可愛いと思うので気持ちは分からんでもない。小鳥と遊んでいるのを想像したら絵になる。 ただ、ワタシは男である。 活動日記を読んだらすぐに分かったはずだ。 読み始めたら気持ちが悪くなるほどの長文で愕然とした事だろう。 YAMAPにおけるボリュームゾーンである絵文字でチカチカする日記を書くのが得意なお兄様方にはギャル感が強すぎたか。 おかげでコメントやDMでのやり取りがなくて助かったが。 アイコンに惹かれて来られた方々は二度とワタシの所に訪問する事はなさそうだ。 とても残念である。 尚、あの子は今のところ山に興味はない。 服やネイル、肩幅を見てもらえれば分かったと思うが実在する一般女性である。 アプリの加工により目が少し大きく、輪郭が少し小さくなっているが実物とほぼ一緒である。 再登場はたぶんないだろう。 あの子宛てと思われるDOMOについては本人にしっかりと伝えてある。 想いまで届くかはワタシの知る所ではない。 51410(恋してん)DOMOという関西弁だったら届き得たかもしれない。知らんけど あの子に宛てたはずのDOMOを取り消したくなっただろう。 申し訳ない。 ワタシもDOMOを取り消したくなる事がある。 例えば草津白根山について。 ティファニーブルーが〜 みたいな投稿に知識もなくDOMOを押してしまったのでアレは取り消したい。 いい加減YAMAPさんは草津白根山について動いた方が良いと思う。 まずは地図のダウンロードが出来なくなれば良い気がするのだが… 草津白根山についてご存知ない方の為に簡単に説明すると登山禁止の山だ。 湯釜を見に行くのはアウトだ。 冬もだぞ。 富士山のやつとはワケが違う。 草津白根山についてはこれ以上語ると凶暴な方が鼻息荒くやって来るのでここまでとしよう。 あの話題は毎回ネットが荒れる。 ワタシには襲いかかってこないでくれ。 忘れた方もいると思うので念の為もう一度、ワタシは男である。 そしてYAMAP無課金ユーザーである。 実はGWらへんにやりたい事があり、それに向けた準備を開始した。 今回はその一環である。 関係ないが最近登山界のちょっとした有名人も色々挑戦しているなぁと。 かほさんはトレラン始めるし、せみちゃんはYouTubeを始めた。 かほさんは確認できるウェアが全てマムートなのでアンバサダー的な商売のニオイを若干感じるが別に悪い事をしている訳ではないのでむしろイイ。 個人的にだが登山界最強はせみちゃんだと思っている。脚力、Xの自然体なポスト、そして彼氏さんに見せている表情が爆発しとる。本人曰く凄い人見知りらしいのであの表情を引き出せる彼氏さんの素晴らしさがハンパない。 話を戻そう。 雲取山、ずっと行きたいと思っていた山である。東京にあるいっちゃん高い山だ。 東京の最高峰、響きがカッコいい。 そして百名山である。 登山を始めた頃は日帰りだと厳しいのか…、途中で泊まらないと安全に辿り着けないなんて雲取山の登山は難易度高いなぁ、と思っていた。 今はその頃に比べて少しだけ山の事が分かってきたので、雲取山の難易度がちょっとだけイメージ出来るようになった。 という訳でどのようなコースで行くか検討した。 村営駐車場から雲取山へのピストンだと距離と標高差が足りていないので違うコースを調べる。 フォロー頂いている方は薄々気が付いているかもしれないがワタシはケチである。 奥多摩駅から雲取山のピストンならバス代が¥1,000-以上も浮くではないか。 と思ったのだが、ワタシが考えたそのコースだと難しそうだった。 距離や累積標高もなのだが、途中で橋が壊れているようで、他の場所でも道が分かりにくいようだ。たぶん… さすがのケチちょむも危険な事はしたくない。 次に考えたのは雲取山より先に進むコースだ。 コレだ。 三峰山といって雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の3つを指すらしい山を縦走して往復する。 丹波山村村営駐車場⇄雲取山⇄白岩山⇄妙法ヶ岳 登山計画上は距離36.4km、累積標高3,712m コースタイム5掛け、休憩無しで11時間 コース定数89 くぅ〜〜〜〜 シビれる このコースを往復するような方は少ないと思われるのでコースタイムのマウント合戦がなさそうだ。 この事もこのコースを選んだ決め手の1つである。 速さではなくて距離耐性を鍛えたいのだ。 とにかく早くにスタートしておきたいので現地までは愛車で乗り込む。 車中泊どころか仮眠すら出来なかったが仕方ない。 休憩時間を含めたスケジュールは作成したが、目標は太陽が沈む前までにはゴールする事だ。 折り返しの妙法ヶ岳までどれだけ足を残せるかがポイントになると思っていた。 俺、このコースをちゃんとクリア出来たらGWにやりたい事があるんだ… ベタな死亡フラグである。 まぁ今こうやってスマホの画面を右に左に撫でているという事はそんなフラグはへし折ってやったという事だ。 俺さ…今年は雷鳥をこの目で見たいんだ… さあ山においてかっちょむ史上最大の冒険が始まる。 1.駐車場 利用するのは丹波山村村営駐車場だ。 24時間利用可能で無料である。 キャパは40台ほどらしい。 Googleマップのナビで行くのが1番良いと思われる。 ちなみに小袖乗越駐車場とも呼ばれているようだ。 皆さんと話しているうちになんか話が噛み合わないような…と思っていたのだが小袖という呼び方の方が一般的なのかもしれない。 AM3時ちょい前到着。 駐車場はほぼ埋まっている。 あぶねぇ。 ワタシは奥の場所を確保出来た。 ちなみにドコモは電波が入る。 お手洗いはチップ制、外灯が付いており、部屋内は人感センサーで照明が付く。 紙あり、便座が温かい。 ワタシは到着後、早めの朝食を食べ、歯磨きをしつつ準備を始める。 AM4:15スタートだ。 ヘッドライトはしているが暗くて怖ぇ。 道が細いし怖くて走れねぇ。 2.七ツ石山へ 正直、今回一番楽しみにしていたと言っても過言ではないのが七ツ石山である。 正確には七ッ石小屋が楽しみであり、更に付け加えるとそこにいる猫が本命だ。 名をでんごろうというらしい。 SNSでは【でんさん】と呼ばれているようだ。 ワタシは動物全般が好きだ。 冬にリス園に行ったがリス達は冬眠していて会えなかった。 するとスタッフさんが可哀想に思ったのか小さいウサギを手渡してくれて、この子で手を温めてね、と受け取ったウサギの体温に癒されつつも爪の鋭さにビックリしたという事がある。 実際にあった意味不明なエピソードをぶっ込んでみたが、ワタシは犬や猫の写真を撮らせてもらう事がよくある。 あわよくば触りたい。 モフりたい。 そんな期待に胸を膨らませながらネッコを探した。 小屋の外でこれから登る準備をされていた男性に看板ネッコの事を聞くと小屋の中にいるとの事だったので突撃した。 ワイ 「おはようございます。すみません、でんごろうちゃんの写真だけ撮らせて頂いても宜しいでしょうか」 女将さん(?) 「あー、うん。1,000円」 ワイ 「わっ、高ぇ。えへへ」 パシャパシャ 女将さん 「あっ、そのポーズいいね。1,500円だ」 ワイ 「厳しいっす」 という冗談のやり取り。 冗談だったんだよね… 写真を撮る時に朝ごはん中だったのに後ろに写らないように気を遣って下さって移動して頂いた男女お2人の方、本当にありがとうございました。 最高の写真が撮れました。 そうだ、前回久し振りに清掃登山をしたのだ。 トレラン装備でも意外とやれる自信が付いたので今回もやってみた。 出来る範囲でだが。 強い意識を持つというよりは宝探し的なライトな気持ち。 今回のような厳しい状態でやる事にも意味がある気がする。 3.雲取山へ 雲取山に着くまで全然人とすれ違わなかった。 寂しい。 いや、鹿はめっちゃいた。 縦横無尽に走り回っている。 「きゃーーーーー」 という叫び声がした方向を見ると鹿だった。 鹿ってこんな鳴き声なのか。 風は冷たいが快晴だ。 最高すぎる。 山頂に着くと前日テント泊や小屋泊等をされた方々がいらっしゃった。 快晴だったので富士山や北岳まで見える。 金曜日は曇って見る事が出来なかったらしい。 ワタシはカメラマンを申し出てパシャパシャ。 そしてワタシも交代で撮って頂く。 アークテリクスを着るイケメンの方が自前のめっちゃいいカメラでワタシを撮って下さった。 SNSにじゃんじゃん投稿して下さいと言ったのでもしかしたらどこかで見られるかも。 雲取山に着いた時点で予定より30分程の貯金があったので皆さんとおしゃべり。 これが非常に楽しい。 名残惜しいが次の目的地へ。 4.白岩山へ 雲取山から先は若干雪が残っている場所があったが慎重に歩けばチェーンスパイクは不要のレベルである。 この辺りから人とすれ違い始める。 ワタシと逆側から似たようなルートを辿る方と話が盛り上がった。 同じようにピストンをするとの事なのでまた再会するかもとワクワクした。 そう、再会。 ワタシは往復するルートなので序盤にお会いし、前を行かせてもらった方と折り返した後の復路で再会出来るのだ。 これは後半に元気が出る。 新しい楽しみ方を見つけた。 5.妙法ヶ岳へ ここは麓の三峯神社から登拝される方が多い。 道中でワタシの今回のルートを説明すると三峯神社まで行っちゃえばいいのに、とお言葉を頂くがそこまでの足は出来ていないのでかなり厳しいのだ。 今回のルートでもギリギリだと感じていた。 妙法ヶ岳は最後に鎖場があり想像以上にタフだった。 そしてここで折り返しなので昼食を取る事に。 今回は自作のオニギリも持って来た。 1年程前だったか赤ぼっこという山に行った時も同じオニギリを作った。 実は最近、そのオニギリの事で盛り上がったので久し振りに作ってみた。 近くにいる方々に変形した事でブサイクになったオニギリを見てもらった。 これは本当に自己満足である。 さて、この時点で足がかなり売り切れてしまったが頑張ろう。 6.折り返し そして楽しみにしていた事が現実になった。 序盤にお会い・お話しした方々と再会する事になった。 実は妙法ヶ岳の山頂でゴハンを食べている時にも再会しているのだが。 遠目から見つけた時に両手を振って再会を喜んだ。 皆さん応援して下さって嬉しい。 元気を頂く。 シンドイ足が動く。 心から感謝。 雲取山荘前でくつろいでいる方々にも 「おー、行ってきたのー?」 と声を掛けて頂く。 ちょっと話しただけの男にこんなにも皆さん優しくしてくれる。 ピストン、クセになりそうだ。 そして七ッ石小屋のでんごろうさんとも再会した。 日向ぼっこをしていたので喉をゴロゴロしてみた。 かわーーーー ワタシがニャーニャー言っていると鳴き返してくれて足にすりすりしてくれた。 近くの方が 「会話してるー」と驚かれていた。 突然の事でビックリしたので上手く写真が撮れなかったが最高に癒された。 男の声でニャーニャーうるさくしていたからかテン泊の方がやってきて一緒にネッコの写真を撮り、朝は小屋の中でめっちゃ可愛い写真が撮れますよとワタシの自慢の1枚をお見せした。 今度来た時もネッコに遊んでもらおう。 ゴミを拾いつつ、おしゃべりしつつ、ネッコと遊んで当初の予定通り日が落ちる前にゴールした。 これは自分に花丸あげたい。 ゴールした時は最近お気に入りの小ジャンプガッツポーズをしてみた。 そういえば、後半に男性とすれ違いで挨拶した時に挨拶後も視線を外さず、 ワイ 「あの、何かありましたか…?」 男性 「あっ、いや別に…」 という事があったのですが、後に考えたらもしかしてワタシをフォローして下さっている方だったのかなぁと。 思っただけなので実際は違うかもしれない。 もしフォローして下さっている方でしたら、めちゃくちゃ話しかけて下さって大丈夫です。 あっ、フォローとか関係なく話しかけて下さって大丈夫です。 同じ日に同じ山にいる事はそう多くないと思うので是非色々お話ししましょう。 7.ニューギア 今回も登場するニューギア。 半年前くらいか、いやもっと前かも… YouTuberのりょーじさんがギア紹介をしていた。 モンベルのガレッジバッグ ゴミや使用済み携帯トイレなどを外付けして持ち帰る為のロールトップ式のバッグだ。 ※garbage(生ゴミや残飯など) 1番の特徴は開口部だけでなく、下部に長さ調節が可能なストラップがある事だ。 他社もこの手のスタッフバッグは出しているが、下部にもストラップがあるのはおそらくモンベルだけである。 コレが大事。 ハイクの時は清掃登山をしていたワタシにはピッタリなギアだと思った。 Xで引用リポストするくらい気になっていた。 が、トレランスタイルが増えてきたので清掃登山をする機会が減ってしまったのでガベッジバッグの存在を忘れていた。 そして記憶から薄れている時にYAMAPで活動日記を見ている時に使用されている方がいらっしゃった。 内容と関係ない事で申し訳なく思いつつもガベッジバッグの使用感を伺ってみた。 するととても詳細なレビューを書いて下さった。 ワタシが説明するよりは下記URLからコメント欄を見て貰えると良いと思う。 https://yamap.com/moments/934586 ※ご了承なくURLを貼付してしまったのでご迷惑だったら遠慮なくお申し付け下さい。 このバッグの良さは外付け、つまりザックの容量を拡張出来る事にあると思っている。 別にゴミを入れなくても良いのだ。 そして今回は気温が上がるという天気予報を見て、普段よりも多くの飲料水を持っていく為に試しにトレランザックに付けてみた。 どの位揺れるかのテストも兼ねて。 結果はめっちゃ使える。 ワタシの持っているトレランザックに上手く付ける事が出来たのは大きい。 道中でお話しした女性から、それ可愛いと言ってもらえたので宣伝しておいた。 尚、写真を撮り忘れていたので七ツ石山山頂でお茶の準備をしていた男性に協力してもらって撮って頂いた。 8.YAMAP社の対応 冒頭で少し触れたので実際にワタシが経験した事を綴ろうと思う。 長くなるので興味がなければここを飛ばして写真を見てもらえたら嬉しい。 ワタシは活動日記にDOMOを頂いたらその方のページまでお邪魔して活動日記を見させて頂く事が多い。 その日も同じようにDOMOを頂いた方のページを見ていた。かなりの長距離を歩かれている日記があったので見ていると【立ち入り禁止エリア】という認識のまま通過していた。本人がそう綴っているのだ。 モヤっとした。 既に250人以上の方々がDOMOを送っていた。 コメントでは「凄い」「真似できない」「これからも楽しみ」という称賛の声。 誰一人として立ち入り禁止エリアについては触れていない。 気持ち悪かった。 それに関わる人すべてが気持ち悪いと感じた。 そこでワタシはコメントでやり取りを始めた。 詳しいやりとりの内容は省略するが、やはり本人は立ち入り禁止である事を認識した上で通過していた。 フォロワー数が700人を超えているので影響力を考えて該当箇所の修正・削除、もしくは日記の非公開を勧めた所でワタシはブロックされた。 ただ、やり取りは全てスクリーンショットで残してある。 その後にその場所をワタシなりに調べたが私有地且つ危険が伴う為の立ち入り禁止だった。 その場所と完全に同じは分からないが過去に死者が出ていた。尚、亡くなられた方は登山者ではない。 こういう場合のYAMAP社の対応が知りたかったのでカスタマーサポートに問い合わせた。 YAMAP社の回答を少しボカして下記に綴る。 この度は不適切な投稿をご報告いただき感謝申し上げます。 「立入禁止区域」を通過している場合は注意情報が表示されます。 立入禁止警告が表示されている日記で「明確に不適切な投稿」に該当するとYAMAPが判断した場合は強制的に非公開もしくは削除しております。 私有地に関する情報が含まれ、削除を希望する場合は、土地の権利保有者または正式な代理人の方から申請フォームより削除申請をお願いしております。 との事だった。 この後もラリーを続けたがほぼ同じ内容で返ってきた。 テンプレートがあるのだろう。 少しがっかりした。 まぁ問い合わせが多くて、いちいち対応出来ないのだろう。 活動日記の冒頭に【注意情報】というアラート・警告を出しているからYAMAP社としては問題視しないという事になるのだろう。 ちなみにワタシの活動日記にもいくつかアラートが出ている。 登山当日は立ち入り禁止ではなかったのだが季節的な事なのか、新しく立ち入り禁止になってしまったのか詳細は分からないがアラートが出ているのだ。 ワタシの行いも同様・同列と判断されるのか。 無課金ユーザーなので贅沢は言えないか。 尚、当該日記は現在700DOMOを超えている。 雲取山、めっちゃいいんだけどワタシの家からのアクセスと駐車場の難易度を考えると丹沢の方が楽なんだよなぁ。 ちなみに疲れすぎてしまったので温泉には行かず、ブイーンと帰宅してしまった。 名残惜しくて帰り支度をしつつ駐車場でダラダラして時間を使ってしまった事で帰宅時間が遅くなるのが理由でもあるが。 まだまだ鍛えなきゃな。 全部のピーク・標識の写真は撮ったけど省略。 ここまでお読み頂いた方々、誠にありがとうございました。 ※ ウィンドシェル アークテリクス(ノーバンウィンドシェルジャケット) ベースレイヤー ノースフェイス(スリーブレスESアンペアクルー) ドライレイヤー ファイントラック(ドライレイヤークールノースリーブ) パンツ 山と道(5ポケットショーツライト) シューズ ナイキ(ペガサストレイル2GTX) ソックス モンベル(メリノウールサポーテックトレッキングショートソックス) ゲイター サロモン(トレイルゲイターズ ロー) キャップ ノースフェイス(クライムメッシュキャップ) ネックゲイター BUFF(ORIGINAL ECOSTRETCH) アームカバー ノースフェイス(ドライドットアームカバー) サングラス goodr(OGs) グローブ ノースフェイス(シンプルFLトレッカーズグローブ) ザック ノースフェイス(TR10) スタッフバッグ モンベル(ガベッジバッグ) マスク アンダーアーマー(UAスポーツマスク) ヘッドライト ブラックダイヤモンド(リボルト350)