県境を少し14😆刈田岳~舟引山、ついでに冷水山

2024.04.13(土) 日帰り

今回の県境歩きは刈田岳山頂手前の県境より舟引山までの未歩の県境中央分水嶺を約5.3km歩いた、 刈田岳山頂手前から南西へ県境沿いの 1192ピーク付近までは登山道が県境沿いに少しズレながら伸びている、 1192ピークより南西の龍ヶ岳までの   約29.3kmは一部舟引山周辺と番城山手前に林道が県境沿い近くに有るが純粋に県境上に登山道が無い区間で 刈田岳手前から龍ヶ岳まで約33.6kmは 県境上を歩くとなると登山道は無い、 今回歩いた区間もそうだが約33.6kmは籔漕ぎか積雪時期にしか歩けない区間です、 2年程前に  二井宿峠~三県境までは山友さん達と踏破済みで、 (県境を少し5😆 二井宿峠~仙王岳~龍ヶ岳~三県境を参照) https://yamap.com/activities/21679935 刈田岳手前から二井宿峠までの約29kmが未歩の区間でその一部5.3kmを今回は歩きました。 舟引山とは? 標高 1172.64m 三等三角点 点名  船引 山頂の住所は山形県上山市大門で県境上ではなく山形県側に有る、 中央分水嶺の山と知られ山頂まで登山道の無い山だが近くに南蔵王林道が有りその林道を利用するとピークハントだけなら容易だと思う、 実際 舟引山に登ると分かるのだが本当のピークは県境上に有ると思うが より標高が低い山形県寄り西側に三角点が有りYAMAPの地形図では三角点上にグレーのランドマークが表記されてる、 この様な山は他にも沢山有るが この舟引山も測量のやりやすい場所に三角点が設置されたのか? それとも横川堰で宮城県側の水を引く為 山頂を何らかの理由で山形県寄りにしたのかも?、 よく分からないが古くから人が入ってる 山域で廃道になった登山道も近くに有り よく調べれば面白そうな山だと思う。 振り返っての感想。 最近までの県境歩きは県北を主に連続してたのですが流石に別の山域を歩きたく 今回は県南の未歩の県境を歩きました、 当初 二ツ森山まで計画してましたが気温が上がり踏み抜き多発してきたので舟引山で折り返しましたが下山途中相互フォローの方と嬉しい出会いもありました、 このタイミングに感謝☺️ 実際に歩き二ツ森山、番城山までの距離感はつかめ次の計画はどのように歩くか考えが固まりました、 この計画を練るのがワクワクで楽しみです 今年中に金山峠まで軌跡を繋げたいと思ってます💦 次は笹の海を泳ぐ感じですかね🥳

山形県側のエコーラインは除雪終わってました。

山形県側のエコーラインは除雪終わってました。

山形県側のエコーラインは除雪終わってました。

今日はとりあえず刈田岳目指して舟引山まで県境上を忠実に歩きたいと思います。

今日はとりあえず刈田岳目指して舟引山まで県境上を忠実に歩きたいと思います。

今日はとりあえず刈田岳目指して舟引山まで県境上を忠実に歩きたいと思います。

御釜ちゃん☺️

御釜ちゃん☺️

御釜ちゃん☺️

刈田岳山頂到着。

刈田岳山頂到着。

刈田岳山頂到着。

山頂後に県境歩き突入😙

山頂後に県境歩き突入😙

山頂後に県境歩き突入😙

県境上で雪が無ければ沢だと思う所を歩き舟引山を目指す。

県境上で雪が無ければ沢だと思う所を歩き舟引山を目指す。

県境上で雪が無ければ沢だと思う所を歩き舟引山を目指す。

途中 県境中央分水嶺の稜線が一望出来る展望場、
手前中央付近の低い山が舟引山、
中央の少し尖った山が二ツ森山、
右手奥のでかい山が番城山。

途中 県境中央分水嶺の稜線が一望出来る展望場、 手前中央付近の低い山が舟引山、 中央の少し尖った山が二ツ森山、 右手奥のでかい山が番城山。

途中 県境中央分水嶺の稜線が一望出来る展望場、 手前中央付近の低い山が舟引山、 中央の少し尖った山が二ツ森山、 右手奥のでかい山が番城山。

雪が有って歩きやすいが雪が無ければ笹が酷そうな場所。

雪が有って歩きやすいが雪が無ければ笹が酷そうな場所。

雪が有って歩きやすいが雪が無ければ笹が酷そうな場所。

途中県境の稜線上に人工的に掘削した場所が有り稜線を分断してた、
ここを宮城県側に行くと
すぐに横川堰が有る
これも堰の一部なんだろうか?
4月23日追記
ここは旧横川堰の水路跡でした。

途中県境の稜線上に人工的に掘削した場所が有り稜線を分断してた、 ここを宮城県側に行くと すぐに横川堰が有る これも堰の一部なんだろうか? 4月23日追記 ここは旧横川堰の水路跡でした。

途中県境の稜線上に人工的に掘削した場所が有り稜線を分断してた、 ここを宮城県側に行くと すぐに横川堰が有る これも堰の一部なんだろうか? 4月23日追記 ここは旧横川堰の水路跡でした。

中央の高い場所が県境沿いの一番標高が高い場所で舟引山の本当のピークです。

中央の高い場所が県境沿いの一番標高が高い場所で舟引山の本当のピークです。

中央の高い場所が県境沿いの一番標高が高い場所で舟引山の本当のピークです。

ピークより西に10~20m位離れて三角点を発見😆

ピークより西に10~20m位離れて三角点を発見😆

ピークより西に10~20m位離れて三角点を発見😆

標高 1172.64m
三等三角点
点名 舟引
にポチり🥰

標高 1172.64m 三等三角点 点名 舟引 にポチり🥰

標高 1172.64m 三等三角点 点名 舟引 にポチり🥰

舟引峠まで行きたいが雪が繋がっておらず断念🥲

舟引峠まで行きたいが雪が繋がっておらず断念🥲

舟引峠まで行きたいが雪が繋がっておらず断念🥲

舟引山本当のピークでエネルギーチャージ☺️

舟引山本当のピークでエネルギーチャージ☺️

舟引山本当のピークでエネルギーチャージ☺️

大福は潰れて餡子が飛び散ってました🥲

大福は潰れて餡子が飛び散ってました🥲

大福は潰れて餡子が飛び散ってました🥲

さて帰ります。

さて帰ります。

さて帰ります。

山形県側のエコーラインは除雪終わってました。

今日はとりあえず刈田岳目指して舟引山まで県境上を忠実に歩きたいと思います。

御釜ちゃん☺️

刈田岳山頂到着。

山頂後に県境歩き突入😙

県境上で雪が無ければ沢だと思う所を歩き舟引山を目指す。

途中 県境中央分水嶺の稜線が一望出来る展望場、 手前中央付近の低い山が舟引山、 中央の少し尖った山が二ツ森山、 右手奥のでかい山が番城山。

雪が有って歩きやすいが雪が無ければ笹が酷そうな場所。

途中県境の稜線上に人工的に掘削した場所が有り稜線を分断してた、 ここを宮城県側に行くと すぐに横川堰が有る これも堰の一部なんだろうか? 4月23日追記 ここは旧横川堰の水路跡でした。

中央の高い場所が県境沿いの一番標高が高い場所で舟引山の本当のピークです。

ピークより西に10~20m位離れて三角点を発見😆

標高 1172.64m 三等三角点 点名 舟引 にポチり🥰

舟引峠まで行きたいが雪が繋がっておらず断念🥲

舟引山本当のピークでエネルギーチャージ☺️

大福は潰れて餡子が飛び散ってました🥲

さて帰ります。