大峯奥駈道フル縦走(順峯) 2日目

2016.04.28(木) 04:55 - 2016.04.28(木) 16:38
Omine Okugakemichi No.3 (Nara, Wakayama)
さて2日目。実質1日目だが。 天気回復にて淡い期待をこめつつ起床するが悪化していた。 仕方がないのでレインコートを着て出発。 ザックにはカバーをつけたが、 後々ここではザックの中身をすべて持ってきていたごみ袋に入れるべきだったと思う。 結果中は浸水してビショビショになっていた。 雨ではあるがこの日は気温が高くレインコートの中で雨が降っていた。 去年ここを通ったとき大黒天神岳から大森山にかけてはやたらにきつい下りを下りた思い出があるので覚悟をしてはいたが、予想を超えてきつかった。 1日目にていきなりクライマックスである。 5月3日早朝に行われる山上ヶ岳の戸開け式に間に合うように調整していたので今日は玉置神社まで。 アルファ米を食べるのに抵抗があったため玉置神社駐車場にあるお店で夕食を取った。 ちなみに日中の行動食はカロリーメイト1箱分とえいようかん1本である。 雨と風が強かったため、誰もいなくなってから駐車場トイレにて雨風をよけるようにテントを張った。

写真

起きてみたら雨はひとつも止んでいない。

起きてみたら雨はひとつも止んでいない。

むしろひどくなっているが舗装された赤い道に沿っていく。

むしろひどくなっているが舗装された赤い道に沿っていく。

雨具を着て堤防沿いに出発。

雨具を着て堤防沿いに出発。

ここが大峯奥駈道順峯の入口。目立たない。

ここが大峯奥駈道順峯の入口。目立たない。

いきなり急勾配。

いきなり急勾配。

前回も撮影した気がするが看板。

前回も撮影した気がするが看板。

雑木林を進んでいく。

雑木林を進んでいく。

舗装路に合流。

舗装路に合流。

すぐ向かい側にまた入口。

すぐ向かい側にまた入口。

舗装路に出たり入ったりする。

舗装路に出たり入ったりする。

ヘアピンカーブ。

ヘアピンカーブ。

花が咲いてる。

花が咲いてる。

七越の峰に到着。

七越の峰に到着。

トイレ発見。

トイレ発見。

階段を下りていく。

階段を下りていく。

子供が遊ぶような公園。こっちにもトイレがある。

子供が遊ぶような公園。こっちにもトイレがある。

正面舗装路を歩いていく。

正面舗装路を歩いていく。

すぐ舗装は消える。

すぐ舗装は消える。

砂利道から写真右手階段を登っていく。

砂利道から写真右手階段を登っていく。

雨天で雲海みたいになっている。

雨天で雲海みたいになっている。

傾斜のきつい階段を登っていく。

傾斜のきつい階段を登っていく。

開けた場所に出た。

開けた場所に出た。

下のほうに大斎原と熊野本宮が見える。ここで見えるのは最後になるのでここから挨拶。

下のほうに大斎原と熊野本宮が見える。ここで見えるのは最後になるのでここから挨拶。

杉林を進んでいく。

杉林を進んでいく。

ひたすら杉林を進んでいく。

ひたすら杉林を進んでいく。

吹越峠到着。

吹越峠到着。

まだまだ杉林。

まだまだ杉林。

すぐ下のほうに重機が見える。ちなみに少し進んだところには山林作業者の車も停車していた。

すぐ下のほうに重機が見える。ちなみに少し進んだところには山林作業者の車も停車していた。

車道に合流。

車道に合流。

車道の向こう側にいく。

車道の向こう側にいく。

ここに4番靡がある。吹越山。逆峯からだと気付きにくい。

ここに4番靡がある。吹越山。逆峯からだと気付きにくい。

祠。

祠。

さて吹越山の急傾斜を登っていく。

さて吹越山の急傾斜を登っていく。

写真では分かりにくいが右は結構傾斜があるので落ちると割と大丈夫じゃないと思う。

写真では分かりにくいが右は結構傾斜があるので落ちると割と大丈夫じゃないと思う。

本日の少しばかりの木漏れ日。晴れる気がしたがそんなことはなかった。

本日の少しばかりの木漏れ日。晴れる気がしたがそんなことはなかった。

ずーっと杉林を進んでいく。

ずーっと杉林を進んでいく。

玉置山への看板。

玉置山への看板。

集落が見える。

集落が見える。

また車道と合流。

また車道と合流。

向かい側に道がある。

向かい側に道がある。

この場所にあった看板。

この場所にあった看板。

向かいの塀を上がるとすぐにある靡。

向かいの塀を上がるとすぐにある靡。

正面石造りの祠の左を抜ける。

正面石造りの祠の左を抜ける。

集落と熊野川が見える。

集落と熊野川が見える。

左は鹿対策の網がある。この辺りは登山道が狭くなっている。

左は鹿対策の網がある。この辺りは登山道が狭くなっている。

急勾配。

急勾配。

杉林でなくなった。

杉林でなくなった。

どんどんきつい傾斜を上っていく。

どんどんきつい傾斜を上っていく。

鉄塔がある。

鉄塔がある。

また鉄塔が見える。

また鉄塔が見える。

一旦ここで休憩。雨が降っているがぶっ続けは無理だ。

一旦ここで休憩。雨が降っているがぶっ続けは無理だ。

分かりにくい分岐。理由は看板が壊れていて寝かせてあったから。

分かりにくい分岐。理由は看板が壊れていて寝かせてあったから。

この辺りは本当に急傾斜。

この辺りは本当に急傾斜。

鬼のような急傾斜。

鬼のような急傾斜。

まだ下界が見える。

まだ下界が見える。

右は崖。

右は崖。

急傾斜しかない。

急傾斜しかない。

大黒天神岳到着。

大黒天神岳到着。

水場5分と書いてある。地図にはなかったので新しく見つかったのだろうか。

水場5分と書いてある。地図にはなかったので新しく見つかったのだろうか。

金剛多和に到着。女性外国人行者がいた。

金剛多和に到着。女性外国人行者がいた。

ここからも傾斜が半端無い。

ここからも傾斜が半端無い。

上から見ると傾斜のすごさが分かるだろうか。

上から見ると傾斜のすごさが分かるだろうか。

雨で岩場は滑る滑る。

雨で岩場は滑る滑る。

大分ごつごつした道になってきた。にしても急傾斜である。

大分ごつごつした道になってきた。にしても急傾斜である。

ここにきてロープ。崖みたいな場所なので使わないときつい。

ここにきてロープ。崖みたいな場所なので使わないときつい。

お、見えてきた。

お、見えてきた。

五大尊岳到着。

五大尊岳到着。

切畑辻。

切畑辻。

辻の看板。

辻の看板。

大森山登山道中にてでかいカエルを発見。

大森山登山道中にてでかいカエルを発見。

大森山の巻き道は使えないので頂上へ。

大森山の巻き道は使えないので頂上へ。

またここも傾斜がきつい。

またここも傾斜がきつい。

大森の水という場所。頂上ではない。

大森の水という場所。頂上ではない。

大森山山頂。

大森山山頂。

去年もここ来たときこんな天気だったなぁ。

去年もここ来たときこんな天気だったなぁ。

旧篠尾辻。

旧篠尾辻。

ここからこの奥駈けおなじみのガイド石が立つようになる。

ここからこの奥駈けおなじみのガイド石が立つようになる。

山腹を巻いて下りていく。

山腹を巻いて下りていく。

去年崩れていた場所。

去年崩れていた場所。

きれいに修復されている。

きれいに修復されている。

ここから林道を歩く。

ここから林道を歩く。

申し訳程度にある看板。

申し訳程度にある看板。

玉置山への車道に当たる。

玉置山への車道に当たる。

玉置辻。

玉置辻。

看板がある。

看板がある。

犬吠櫓。

犬吠櫓。

なかなか着かないなぁ。

なかなか着かないなぁ。

やっと玉置神社到着。

やっと玉置神社到着。

玉置神社駐車場にてテントを張る。

玉置神社駐車場にてテントを張る。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。