八幡平 残雪求めて東北遠征 その②

2024.04.12(金) 日帰り

活動データ

タイム

05:35

距離

10.0km

のぼり

543m

くだり

744m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 35
休憩時間
1 時間 9
距離
10.0 km
のぼり / くだり
543 / 744 m
3
4
1 53
9
8
1 1
9
25

活動詳細

すべて見る

ロートル登山愛好家の「かねやん」です。残雪を求めて東北遠征後半は八幡平です。前日の西吾妻山登山後、米沢から盛岡へ新幹線乗り継ぎ移動して、盛岡に宿泊。そして本日レンタカーで秋田八幡平スキー場へとやってきました。 =================== 秋田八幡平スキー場リフト終点10:00―山毛森― 蒸ノ湯休憩所― 登山口―藤助森―八幡平―藤助森―登山口―蒸ノ湯休憩所―山毛森―秋田八幡平スキー場リフト終点―15:30リフト下 =================== スキー場のリフトで上がり、その反対側の急斜面を歩いて下りたところが蒸ノ湯休憩所とその側の登山口です。要するにスキー場の一山越えたところに登山口があるのですが、そこまではトレースも標識もなく、更に除雪中両側が切り立った雪壁の道(アスピーデライン)を渡らなければなりません。登山口に辿り着くのに難儀しました。   (注:来週からアスピーデライン全線開通ですが、既に3月後半くらいから秋田側からはこの登山口へ車で来れるようになっていたそうです) 登山道から先は快適なスノーシューハイクを楽しみました。急な登りがなく雪の平原にいるような感じがします。至る所ピンクテープの印があり、トレースもバッチリあったので進路に迷うこともありませんでした。視界が効き、風もない天気に恵まれたので、春の遠足気分で歩くことができました。 とは言え、春の重い雪はけっこう足にきます。最後のスキー場への登り返しは汗だくでした。下りリフトには乗れないので歩いて下りるのですが、既に15時ころリフトの運行は終了したようでした。誰もいないスキー場をずり落ちるように下りて、車で盛岡への帰路につきました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。