峰入古道(英彦山修験道)で己を試す苦行

2024.04.06(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 13
休憩時間
52
距離
18.6 km
のぼり / くだり
2070 / 2001 m
32
1 40
23
16
10
27
9
40
2
16
34
29
25
18
1 7
13

活動詳細

すべて見る

峰入とは…宝満山・英彦山の修験者が歩いたという古(いにしえ)の道。 小石原から入山し、陣尾山・大日ケ岳・釈迦ケ岳・宝珠山・岳滅鬼山・岳滅鬼獄・石楠花の頭・猫の丸尾・鹿の角・英彦山南岳を縦走して銅鳥居へ降る、累積標高差2000m越えのハードルート。己との闘い…苦行となる。 小石原から入山したはいいものの道なき道、踏み跡はなんとか確認できるが目印のテープは殆どなく陣尾山までペースはあがらない。縦走路のルートははっきりしているが、急登・急降下が繰り返す…馬の背・ロープ・ハシゴとまあハード。釈迦ケ岳から今日の山々を見渡すが英彦山は遠い。宝珠山からは走れるルートで快調にペースアップ(これが後々後悔することになる…)。 岳滅鬼山(獄)への急登で心が折れペースダウン、それでも石楠花の頭・猫の丸尾へは惰性で進む。鹿の角への取り付きで「鬼杉」へのルートが弱った心を誘う…修行・修行と言い聞かせ岩壁を回り込み岩稜を這い上がる。鹿の角からまた下って「鬼の舌」と言われる岩場の難所へ向かう。最後150mへ登り返すとラストピーク英彦山南岳に辿り着く。鬼杉へ下るガレた谷は疲れた腰・膝・足首にマジで辛い。 約10時間の苦行・荒行も大きな怪我なく終えた。…のも束の間、銅鳥居から小石原まで13km自転車🚵🏻‍♀️5.5kmは下り、そのあと7km上り…ペダルを踏み続ける体力・脚力はすでにない。自転車を押し続けること90分、小石原に帰り着く。 「おつかれやまでした」

英彦山 テープなし、何故かYAMAPはルート外れ警告がなりっぱなし、わずかな踏み跡がたより!
テープなし、何故かYAMAPはルート外れ警告がなりっぱなし、わずかな踏み跡がたより!
英彦山 いきなりの白テープ…あてにしない
いきなりの白テープ…あてにしない
英彦山 振り返ると"急登"
振り返ると"急登"
英彦山 なんとなく踏み跡を辿ると…
なんとなく踏み跡を辿ると…
英彦山 陣尾に着く
陣尾に着く
英彦山 「峰入り古道」という響きに励まされる
「峰入り古道」という響きに励まされる
英彦山 左奥が英彦山だろう…遠いなぁ!
左奥が英彦山だろう…遠いなぁ!
英彦山 峰入トレイルのルート表示(回収忘れ)
…でも励まされる、ランナーが走ったおかげで踏み跡が残っているのかもしれない
峰入トレイルのルート表示(回収忘れ) …でも励まされる、ランナーが走ったおかげで踏み跡が残っているのかもしれない
英彦山 岩稜帯の上り、木の根を足場に登る
岩稜帯の上り、木の根を足場に登る
英彦山 山桜…散り際かなぁ🌸
山桜…散り際かなぁ🌸
英彦山 おー岩の馬の背…慎重になる
おー岩の馬の背…慎重になる
英彦山 中腹に山桜🌸が彩る
中腹に山桜🌸が彩る
英彦山 だいぶ散ってはいるものの、やっぱり桜はいいね
だいぶ散ってはいるものの、やっぱり桜はいいね
英彦山 大日ケ岳への尾根分岐に出る
この辺りからルート表示が増えてきた
大日ケ岳への尾根分岐に出る この辺りからルート表示が増えてきた
英彦山 まだまだ元気😄
まだまだ元気😄
英彦山 岩の名称…意味不明
男岩はなかった
岩の名称…意味不明 男岩はなかった
英彦山 大日ケ岳山頂は眺望なし、通過
大日ケ岳山頂は眺望なし、通過
英彦山 金剛宝満・胎蔵権現 八大童子入峰修行大衆敬白
竈門神社千三百五十年大祭記念 宝満山修験道

なんかすごい処なんだなぁ!
金剛宝満・胎蔵権現 八大童子入峰修行大衆敬白 竈門神社千三百五十年大祭記念 宝満山修験道 なんかすごい処なんだなぁ!
英彦山 激下り…流石にロープの助けがありがたい
激下り…流石にロープの助けがありがたい
英彦山 激細の馬の背…何回もこんなところが続く
激細の馬の背…何回もこんなところが続く
英彦山 谷でなく尾根なのにゴーロとは?
谷でなく尾根なのにゴーロとは?
英彦山 釈迦ヶ岳山頂から…まだまだ英彦山は遠い
釈迦ヶ岳山頂から…まだまだ英彦山は遠い
英彦山 釈迦ヶ岳山頂
釈迦ヶ岳山頂
英彦山 ときおり椿が…眼の高さに現れる
ときおり椿が…眼の高さに現れる
英彦山 宝珠山に向かっては"走れる"ペースUP⤴︎
宝珠山に向かっては"走れる"ペースUP⤴︎
英彦山 宝珠山、元気です
宝珠山、元気です
英彦山 深倉越、鞍部に出て…ここから厳しさが始まる
深倉越、鞍部に出て…ここから厳しさが始まる
英彦山 三国境…岳滅鬼の表記が始まる
三国境…岳滅鬼の表記が始まる
英彦山 黄色の花は?アブラチャン?
黄色の花は?アブラチャン?
英彦山 岳滅鬼山頂…下に小さい禰󠄀豆子のキーホルダー
竈門神社と併せて鬼滅の刃の聖地らしいデス
岳滅鬼山頂…下に小さい禰󠄀豆子のキーホルダー 竈門神社と併せて鬼滅の刃の聖地らしいデス
英彦山 ほぼ疲れてます…腰も曲がってる
ほぼ疲れてます…腰も曲がってる
英彦山 この辺りから石楠花が目立つ
…でも花芽がついてない(裏年か?)
この辺りから石楠花が目立つ …でも花芽がついてない(裏年か?)
英彦山 岳滅鬼獄、ここは石楠花に囲まれてます
岳滅鬼獄、ここは石楠花に囲まれてます
英彦山 ミヤマシキミ
ミヤマシキミ
英彦山 ずいぶんと近くなってきた気がする
英彦山、鹿の角、猫の丸尾
ずいぶんと近くなってきた気がする 英彦山、鹿の角、猫の丸尾
英彦山 またまた激下り…もうお腹いっぱい
またまた激下り…もうお腹いっぱい
英彦山 疲れてます😓…遊び始める
疲れてます😓…遊び始める
英彦山 ハシゴ下り…ほぼ垂壁
ハシゴ下り…ほぼ垂壁
英彦山 縦是北豊前国小倉領
刻された言葉もすごいが、この大きさのものをここまで運んだのか…凄い!
縦是北豊前国小倉領 刻された言葉もすごいが、この大きさのものをここまで運んだのか…凄い!
英彦山 岳滅鬼峠
岳滅鬼峠
英彦山 石楠花の頭…惰性で歩いてます
石楠花の頭…惰性で歩いてます
英彦山 猫の丸尾、
ここまで丸尾を巻きながら登ってきた
猫の丸尾、 ここまで丸尾を巻きながら登ってきた
英彦山 眼前に鹿の角の岸壁、奥に英彦山南岳
眼前に鹿の角の岸壁、奥に英彦山南岳
英彦山 疲れ果てて弱気な俺
もうここまでいいかな、鬼杉に出て帰ろうかな…と悩む
修行と言い聞かせ、裏英彦山へ進む
疲れ果てて弱気な俺 もうここまでいいかな、鬼杉に出て帰ろうかな…と悩む 修行と言い聞かせ、裏英彦山へ進む
英彦山 岸壁を右に巻いて岩場を這い上れば、鹿の角
岸壁を右に巻いて岩場を這い上れば、鹿の角
英彦山 いったん鞍馬へ降りて英彦山へ向かう
いったん鞍馬へ降りて英彦山へ向かう
英彦山 初めて見る花🌼デス
初めて見る花🌼デス
英彦山 「鬼の舌」と言われる、難所・転落事故も起きてるそうです
垂壁というほどもなく登ることは難しくない
手がかりに掴む岩が浮石でないことを確認しながら登ることが大事です
「鬼の舌」と言われる、難所・転落事故も起きてるそうです 垂壁というほどもなく登ることは難しくない 手がかりに掴む岩が浮石でないことを確認しながら登ることが大事です
英彦山 ロープに頼るとバランスを崩す危険がある
登りは岩と木の根を掴んだがいい
ロープは下り用と思ったがいい
ロープに頼るとバランスを崩す危険がある 登りは岩と木の根を掴んだがいい ロープは下り用と思ったがいい
英彦山 英彦山南岳、中岳は通行不可です
英彦山南岳、中岳は通行不可です
英彦山 残った力を振り絞って…少年JUMP ⤴︎⤴︎
残った力を振り絞って…少年JUMP ⤴︎⤴︎
英彦山 南岳から鬼杉へ降る難所を振り返る
南岳から鬼杉へ降る難所を振り返る
英彦山 行者石
この辺りのガレバを下るのは疲れた体には辛い
あとは一気に奉幣殿へ進めばゴールの銅鳥居
行者石 この辺りのガレバを下るのは疲れた体には辛い あとは一気に奉幣殿へ進めばゴールの銅鳥居
英彦山 銅鳥居への参道、右は白ミツマタ
銅鳥居への参道、右は白ミツマタ
英彦山 頑張っている桜と散った葉桜
ゴールは近い「おつかれやまでした」
頑張っている桜と散った葉桜 ゴールは近い「おつかれやまでした」

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。