大菩薩峠から秀麗富嶽十二景四座縦走

2016.04.25(月) 09:31 - 2016.04.25(月) 09:31
大菩薩峠から秀麗富嶽十二景をたどる縦走路を経て大月駅まで歩きました。 一日目は甲斐大和駅から上日川峠までバス。そこから唐松尾根~大菩薩嶺~大菩薩峠で介山荘泊。 介山荘はとてもアットホームで楽しめました。 小屋で飲むことのできた日本酒は私が毎日愛飲している山梨の地酒「七賢」 嬉しさと他の登山者の方たちとの楽しい会話でお酒が結構すすみました。 二日目 大菩薩峠~小金沢山(秀麗富嶽)~牛奥ノ雁ヶ腹摺山(秀麗富嶽)~黒岳~大峠~雁ヶ腹摺山(秀麗富嶽)~姥子山(秀麗富嶽)~金山峠~金山鉱泉~大月駅 二日目は朝からあいにくの小雨で、私がたどったルートは金山鉱泉手前まで終始小雨でした。 期待していた秀麗富嶽の富士山の眺望もなく、登山道もぬかるんで滑りやすく(何回か滑りました)たどる登山者もおらず、ガスガスの中の山行でした。 本来は金山峠から大垈山方面で岩殿山を目指す予定でしたが、雨と眺望ゼロと孤独でテンションがあまりあがらず、今までたどったルートが意外と急坂が多くかなり滑ったので、姥子山付近で大月方面の看板を見て、そこの舗装道がその道だと勘違い、一時間歩き地図を見直し間違いに気づき、もと来た道を戻りました。 姥子山付近に金山峠に下りる道標が実は大月駅に行く道でした。 岩殿山方面は、今までの状況からあまり良くないと判断し、金山峠から大垈山方面ではなく、金山鉱泉経由で大月駅までたどるルートに変更しました。 金山峠から金山鉱泉までは何度も渡渉を繰り返し、すごく狭い登山道で意外と大変なルートでした。 金山鉱泉から舗装道になり、民家が見え、人の姿が見えた時は正直ホッとしました。

写真

大菩薩峠

大菩薩峠

大菩薩峠から麗大菩薩嶺方面

大菩薩峠から麗大菩薩嶺方面

介山荘に宿泊

介山荘に宿泊

食堂に貼られていた映画のポスター

食堂に貼られていた映画のポスター

中里介山の大菩薩峠の本もあった

中里介山の大菩薩峠の本もあった

食事の時に富士山が見えた

食事の時に富士山が見えた

介山荘には山梨の地酒「七賢」があった

介山荘には山梨の地酒「七賢」があった

2日目は朝4時に出発。あいにくの小雨。

2日目は朝4時に出発。あいにくの小雨。

小金沢山

小金沢山

熊笹の登山道は歩きやすく気持ちがよい

熊笹の登山道は歩きやすく気持ちがよい

牛奥ノ雁ケ腹摺山

牛奥ノ雁ケ腹摺山

黒岳

黒岳

雁ケ腹摺山

雁ケ腹摺山

姥子山

姥子山

金山峠の分岐から金山民宿村方面にルート変更

金山峠の分岐から金山民宿村方面にルート変更

桜が咲いていました

桜が咲いていました

金山鉱泉方面の登山道。道が狭く何度も渡渉を繰り返します。

金山鉱泉方面の登山道。道が狭く何度も渡渉を繰り返します。

一時間沢沿いを歩き舗装道に出たところ

一時間沢沿いを歩き舗装道に出たところ

金山鉱泉。やっと見えた民家にホッとしました。

金山鉱泉。やっと見えた民家にホッとしました。

金山鉱泉から一時間チョイで大月駅に無事到着しました。

金山鉱泉から一時間チョイで大月駅に無事到着しました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。