奥多摩駅~大岳山~陣馬山~丹沢主脈~大山南尾根~さざんかの湯(約39時間(休憩6時間)、89 km、累積標高+6300、-6600 m、丹沢24H)

2016.04.23(土) 00:01 - 2016.04.24(日) 15:21
Odakesan, Mitakesan, Gozenyama (Tokyo, Yamanashi)
ルート:奥多摩駅~大岳山~陣馬山~丹沢主脈~大山南尾根~さざんかの湯 合計時間: 39時間19分 (休憩約6時間) 合計距離: 88.54km 累積標高(上り): 6328m 累積標高(下り): 6633m 甲斐駒で偶然お会いした方に丹沢24Hに誘っていただきましたが、これまで登山道は40kmほどしか歩いたことが無く、丹沢24Hの基本コース程度(80 km、累積標高±6000 m)は無理だと思いました。しかし、何度か下見をして準備し、なんとか歩き通すことが出来ました。 今回の一番の反省は前半コースタイムの0.7倍ほどで歩いても疲労をあまり感じなかったので、中間地点の休憩を省いた結果、後半脚の筋肉が痛くなってしまったことです。速く長時間歩いても(走っても)足が痛くならないようになりたいと思います。 ヤビツ峠で自販機が閉まっていたのには驚きました。その後、護摩屋敷の水でどこの湧水にでもある警告看板を鵜呑みにして水を飲まなかったのは警戒しすぎだったと思います。ただ、脚が痛い状態でそのまま大山を登っていたら脚を壊していたと思うので、結果的には、ベンチで寝て自販機が開くのを待って良かったと思います。 自分一人ではこのような山行はできなかったと思います。次回も是非参加させていただきたいと思います。

写真

仕事が終わってから、山行準備し、終電で奥多摩駅へ。0:03小雨が降る中スタート。天気は23日は良さそうだが24日の雨が心配。

仕事が終わってから、山行準備し、終電で奥多摩駅へ。0:03小雨が降る中スタート。天気は23日は良さそうだが24日の雨が心配。

1:37 鋸山。今回は、これまで使っていた35リットルのザックを24リットルに変え軽量化した(15~20 kg→8 kg程)。

1:37 鋸山。今回は、これまで使っていた35リットルのザックを24リットルに変え軽量化した(15~20 kg→8 kg程)。

2:38 大岳山。コースタイムの0.7倍のペース。軽量化のお陰で疲労をほとんど感じず驚いた。

2:38 大岳山。コースタイムの0.7倍のペース。軽量化のお陰で疲労をほとんど感じず驚いた。

3:55-4:12 白倉バス停。自販機で飲料補充。

3:55-4:12 白倉バス停。自販機で飲料補充。

5:00 臼杵山登山口。霧がかかった急坂を登ると、

5:00 臼杵山登山口。霧がかかった急坂を登ると、

アンテナが有るところで展望が開け、雲海が広がっていた。

アンテナが有るところで展望が開け、雲海が広がっていた。

6:01-6:14 臼杵山

6:01-6:14 臼杵山

7:01 市道山

7:01 市道山

7:48 醍醐丸

7:48 醍醐丸

7:56 醍醐峠

7:56 醍醐峠

8:13 和田峠

8:13 和田峠

8:30-8:43 陣馬山

8:30-8:43 陣馬山

9:06 明王峠

9:06 明王峠

9:27 大平小屋

9:27 大平小屋

与瀬神社

与瀬神社

相模湖

相模湖

10:08-10:25 相模湖駅。ここまでコースタイムの0.7倍程のペース。ここから焼山登山口まで15 km程車道を歩く。晴れてきて日差しが強い。

10:08-10:25 相模湖駅。ここまでコースタイムの0.7倍程のペース。ここから焼山登山口まで15 km程車道を歩く。晴れてきて日差しが強い。

相模湖大橋を渡る。

相模湖大橋を渡る。

新緑と相模湖

新緑と相模湖

10:57 相模湖リゾートプレジャーフォレスト。温泉に入って休憩する予定だったが、軽量化のお陰で疲労感があまりなかったのでパスすることにした(この選択が後で大変なことに・・・)。

10:57 相模湖リゾートプレジャーフォレスト。温泉に入って休憩する予定だったが、軽量化のお陰で疲労感があまりなかったのでパスすることにした(この選択が後で大変なことに・・・)。

道志橋からの道志川の眺め。新緑がきれい。

道志橋からの道志川の眺め。新緑がきれい。

1159-12:30 スーパーで食事休憩。

1159-12:30 スーパーで食事休憩。

13:29 コンビニで丹沢主脈縦走分の食料、飲料を補充。重くならないように、ヤビツ峠までの必要最小限にした。

13:29 コンビニで丹沢主脈縦走分の食料、飲料を補充。重くならないように、ヤビツ峠までの必要最小限にした。

14:32 焼山登山口。蛭ヶ岳山頂に日の入りまでに到着するには、コースタイムの0.7倍が必要。

14:32 焼山登山口。蛭ヶ岳山頂に日の入りまでに到着するには、コースタイムの0.7倍が必要。

ヤマビル対策をしていなかったので若干心配だったが、結果的には大丈夫だった。

ヤマビル対策をしていなかったので若干心配だったが、結果的には大丈夫だった。

15:57-16:07 焼山。コースタイムの0.7倍のペースだが、いつもより遠く感じた。温泉で休憩しなかったせいか、眠く、左の大腿四頭筋が痛くなってきた。

15:57-16:07 焼山。コースタイムの0.7倍のペースだが、いつもより遠く感じた。温泉で休憩しなかったせいか、眠く、左の大腿四頭筋が痛くなってきた。

16:46 青根分岐

16:46 青根分岐

17:02 八丁坂ノ頭分岐

17:02 八丁坂ノ頭分岐

17:27 姫次

17:27 姫次

濃い霧の中

濃い霧の中

1時間程登ると霧を抜け、幻想的な光景が広がり、

1時間程登ると霧を抜け、幻想的な光景が広がり、

富士山が素晴らしかった。

富士山が素晴らしかった。

あと少し。左脚だけでなく、右脚膝裏の筋肉も痛くなったが、明るいうちに山頂に行きたかったので酷使してしまった。

あと少し。左脚だけでなく、右脚膝裏の筋肉も痛くなったが、明るいうちに山頂に行きたかったので酷使してしまった。

日の入り後に到着した蛭ヶ岳山頂付近からは、雲海に浮かぶ富士山が見えた。

日の入り後に到着した蛭ヶ岳山頂付近からは、雲海に浮かぶ富士山が見えた。

18:39-19:04 蛭ヶ岳山頂。後ろに富士山。

18:39-19:04 蛭ヶ岳山頂。後ろに富士山。

欲を言えばもう少し明るいうちから見たかったが、素晴らしい光景を見られただけ良かった。

欲を言えばもう少し明るいうちから見たかったが、素晴らしい光景を見られただけ良かった。

夜景

夜景

20:25 丹沢山。左右の脚の筋肉が痛い。

20:25 丹沢山。左右の脚の筋肉が痛い。

21:24 塔ノ岳。雨風が強くなってきたのでレインウェアを着る。

21:24 塔ノ岳。雨風が強くなってきたのでレインウェアを着る。

22:17 新大日。

22:17 新大日。

23:04 行者岳。痛み、眠気が辛く、叫んだり歌を歌ったりしてごまかした。丹沢24Hのメンバーも頑張っているかなと思ったりした。

23:04 行者岳。痛み、眠気が辛く、叫んだり歌を歌ったりしてごまかした。丹沢24Hのメンバーも頑張っているかなと思ったりした。

23:26 鳥夫山

23:26 鳥夫山

0:01-1:30 三ノ塔。歩きはじめて24時間、二度目の徹夜に突入と思っていたら、休憩所があったので、中に入り、横になる。いつもなら数分で眠るが、隙間風が寒くてほとんど寝られず。

0:01-1:30 三ノ塔。歩きはじめて24時間、二度目の徹夜に突入と思っていたら、休憩所があったので、中に入り、横になる。いつもなら数分で眠るが、隙間風が寒くてほとんど寝られず。

1:47 二ノ塔。今回のターゲットである大山が見えるも、とにかく両脚の筋肉が痛い。辛いなーと思って下山していると、Reynardさんにお会いし、なんだか少し元気になった。

1:47 二ノ塔。今回のターゲットである大山が見えるも、とにかく両脚の筋肉が痛い。辛いなーと思って下山していると、Reynardさんにお会いし、なんだか少し元気になった。

3:14 ヤビツ峠。ちょうど飲料が切れ、予定通り自販機で大山南尾根分の飲料を補充しようとすると、

3:14 ヤビツ峠。ちょうど飲料が切れ、予定通り自販機で大山南尾根分の飲料を補充しようとすると、

シャッターが閉まっている!!!!!仕方ないので

シャッターが閉まっている!!!!!仕方ないので

登山道で護摩屋敷の水まで戻って補充しようとすると、

登山道で護摩屋敷の水まで戻って補充しようとすると、

「生水での飲用は避け、煮沸をして引用してください。」と書かれた看板がある。これまでの1年半程の登山歴では必要な飲料(5リットル程)はすべて背負って、湧水を使わなかったので、この看板を無視してよいものなのか判断できず。ヤビツ峠の自販機のシャッターは8時くらいに空くかもと思い、レスキューシートを身体に巻きベンチで3時間程横になる。しかし、8時になってもシャッターは開かず、天候も悪いし、脚も痛いし、諦めて8時34分のバスに乗ろうと思ったら、

「生水での飲用は避け、煮沸をして引用してください。」と書かれた看板がある。これまでの1年半程の登山歴では必要な飲料(5リットル程)はすべて背負って、湧水を使わなかったので、この看板を無視してよいものなのか判断できず。ヤビツ峠の自販機のシャッターは8時くらいに空くかもと思い、レスキューシートを身体に巻きベンチで3時間程横になる。しかし、8時になってもシャッターは開かず、天候も悪いし、脚も痛いし、諦めて8時34分のバスに乗ろうと思ったら、

開いてる!!!! 大山登ってさざんかの湯まで歩けるのか不安だったが、飲料が手に入ったので、トライすることに。8:53山行を再開。

開いてる!!!! 大山登ってさざんかの湯まで歩けるのか不安だったが、飲料が手に入ったので、トライすることに。8:53山行を再開。

9:50 大山。ヤビツ峠のベンチで長時間横になったのが功を奏し、脚の痛みが大分良くなった。しかし、ペースを上げると再び痛くなりそうだったので、とにかくゆっくり歩くようにした。風雨がやや強かったが、厳冬期の八ヶ岳に比べればそよ風程度で問題なかった。

9:50 大山。ヤビツ峠のベンチで長時間横になったのが功を奏し、脚の痛みが大分良くなった。しかし、ペースを上げると再び痛くなりそうだったので、とにかくゆっくり歩くようにした。風雨がやや強かったが、厳冬期の八ヶ岳に比べればそよ風程度で問題なかった。

食料が尽きかけていたので、山頂の売店でカレーとトン汁を食べた。

食料が尽きかけていたので、山頂の売店でカレーとトン汁を食べた。

10:43 16丁目

10:43 16丁目

11:24 蓑毛越

11:24 蓑毛越

11:35 無線中継所

11:35 無線中継所

12:19-12:28 高取山

12:19-12:28 高取山

13:02-13:20 念仏山。

13:02-13:20 念仏山。

前回下見をしたときもそうだが、ここまで来るとようやくゴールが見えてきて、なんだか平和な気持ちになる。

前回下見をしたときもそうだが、ここまで来るとようやくゴールが見えてきて、なんだか平和な気持ちになる。

雑木林の新緑がきれい

雑木林の新緑がきれい

13:53-14:03 弘法山

13:53-14:03 弘法山

14:13 最後の権現山

14:13 最後の権現山

展望台から大山方面を振り返る

展望台から大山方面を振り返る

車道を歩きながら見た大山方面

車道を歩きながら見た大山方面

15:21 さざんかの湯到着。結果的には標準コースタイムで計画した予定の9分前だった。奥多摩駅から39時間程もかかってしまったが、標準コースタイムの0.7倍ほどで長時間歩いても脚の筋肉が痛くならないように改善したい。

15:21 さざんかの湯到着。結果的には標準コースタイムで計画した予定の9分前だった。奥多摩駅から39時間程もかかってしまったが、標準コースタイムの0.7倍ほどで長時間歩いても脚の筋肉が痛くならないように改善したい。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。