白鷹丘陵トレイル【三度目の正直】

2024.03.30(土) 日帰り

いや結局雪ある内にリベンジかましたくね!?となったのでグンソー氏と再度リベンジハイクへ。 今回はズルかもしれないけど各山へ車で向かってピストンしようの精神で登ることに。 さっそく自分が寝坊をやらかし1時間ほど遅れるも、朝方の雨をこれで回避できまぁまぁまぁまぁ。。。と言うところで事なきを得る。 白鷹山へは前回撤退箇所の麓まで車で行きハイク開始。 雪の量はさもありなんという感じでやはりワカンは履いていきます。 前回は苦手意識のあったワカンですが、ギチギチに締め上げれば結構動きやすいことがわかってからは結構苦もなく進めました。 まずはと白鷹山を登頂し、グンソー氏へ雪の嶽原コースがいかにリスキーかを見てもらうことに。 。。。いや行くんですか?でも自分も嶽原コースはリベンジしてみたい。。。行くしかねぇ! ということで再び嶽原コースを今度は2人で行きます。 前回の二の舞にならないように、何故かGPS機能が壊れ北しか向かなくなったYAMAPをガン見しながら自分が先導します。 前回のように沢で途方に暮れてトホホな状況になることもなく無事下山。 こうなると車まではそこそこな距離を帰ることになるのですが。。。東西黒森山はこのまま行きたいよねということでハイク続行、西黒森山へ向かいます。 西黒森山はかなり吉道寄りで登りやすくはありましたが、雪解けでぐずぐずの足元状況だった為、雪の箇所はワカン、そうでない所はチェンスパと忙しなく履き替えを繰り返し山頂まで。 登頂証明を得ようとしたらグンソー氏のスマホが電波を拾えず激萎えしかけていたのですかさずテザリングで回避。 前回の激冷え時に助けてもらったプチ恩返し。 続いて東黒森山ですが。。。そもそも各山ピストン予定でいた為、重くなるからと水も車にある程度置いてきており残り僅か。そんな中、エグい程の傾斜が2人を襲います。 もはや壁では?と錯覚するほどには疲労感もあり、相変わらずぐずぐず足元を今回は靴のみで何とか登頂。 去年登山開始して、これまで様々な山をグンソー氏と歩いてきた集大成をこの東黒森山に感じ涙腺が緩みます。 感動に浸りつつ下山ルートは屈指の吉道。疲れも吹き飛びルンルンで下山。 ここからは車道を通り、途中のたらたら清水で乾いた体を潤し車まで帰還。 こうなったら富神山も行って締めたいなと提案し、車で北口まで向かいます。 今回初の北口から登りましたがここもかなりの吉道。 登りやすさも含めこの山の人気度合いを再確認して本日の山行終了。 帰りは爆食い&温泉で疲れを癒し、車越しですがオコジョを初めて見れて大満足。 今度は鷹取山も含めて夏にもっかい来よう!