玉峰 船通山二座踏破 –奥出雲満喫ツアー①玉峰山−

2016.04.24

活動詳細

詳しく見る
先々週、鯛ノ巣山にカタクリが咲いていた。 毎年船通山にはGWに登っているが今年は少し早めに行こうとメンバーに募集をかけた。 しかし船通山だけではなんだか物足りない… 船通山で引っ掛けて、メンバーを見てついでに玉峰山も登っちゃおうとブラック部長の一面をのぞかせる。 最初に引っかかったのはノグサー。 コイツなら大丈夫だろう… 続いて爺ィが引っかかる。 爺ィかぁ…(-。-; まぁ行ってみよう。 3ヶ月のブランクのある2人と共に駐車場の玉峰山森林公園に着くと、地元のボランティアの方々が枝打ちや草の苅り払いをしておられた。 親切に玉峰山の状況を教えて下さり、この後船通山にも行くことを告げると 「奥出雲を楽しんで来てください」 とエールをいただき登山開始する。 歩き始めてすぐ雄滝が現れる。 マイナスイオンをたっぷり浴びて登山再開、この先には大小様々な滝と奇岩が連続して現れる。 さながら『滝と奇岩の殿堂』とは言い過ぎか、それでも変化に富んだコースは目にも飽きない。 部長より「メインは船通山、体力を残すように」との指示の中、快調に頂上に到着。 まだまだ余裕がある様子の2人。少し休んで『窓岩』目指して下山開始。 様々な岩を見上げながら歩いていると窓岩の下部に到着。岩を巻くように右にある急登をつめると岩頭に登るロープが張ってある。 足を竦ませながら先端に行くと亀嵩の町を一望、ここからの眺めも絶景だ。 しばし楽しんだ3人だったが、このわずか2〜3mの岩登りがこの後の展開に多大な影響を及ぼすとは… 今日はまだまだ先は長い。 歩みを進めると苔に覆われた岩の奥にチョックストーン、その中にある滝『雌滝』に到着。 しかし雌滝とは表現がいかにもうまい。 神秘的な眺めを堪能し、子滝、孫滝と通過し舗装路に出ると急に2人の足取りが重くなる。 「アスファルトはキツいっす」とノグサー。 「窓岩でかなり体力使いました」と爺ィ。 駐車場に着き、おにぎりを食べ本日二座目の船通山に向かう。 果たして無事に登れるのだろうか… つづく

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。