上日川峠から大菩薩峠、大菩薩嶺、丸川峠を経て大菩薩峠登山口、そして大菩薩の湯で汗を流す

2016.04.23(土) 08:55 - 2016.04.23(土) 16:07
新宿05:38の中央線に乗り八王子から松本行きに乗り換え、甲斐大和駅に07:38着。バスで上日川峠バス停へ。 大菩薩嶺までは、きつい登りも無く、親子ずれもいてハイキングのような感じであった。大菩薩峠では富士山や南アルプスも見ることができ、楽しい山行であった。雷岩では、私を含め、多くの登山者が昼食を取っていた。大菩薩嶺から丸川峠の下りは、所々ぬかるんではいたが、全体的には足場はそれほど悪くなく、景色の変化もあって、楽しい下りであった。丸川峠から丸川峠入口へ続く林道へ出る所までは、傾斜もきつく、足場も悪く、景色を堪能するどころではなかった。下りが苦手(足の筋力不足)な私には、大菩薩嶺からの下りの足への疲労も有り、80分の下りは、とてもきつかった。丸川峠からの下りは、若い人は、軽快に下って行くのだが、私はもう歩きたくないという感じであった。大菩薩嶺までなら何度でも行きたいと思える素敵な山行でした。

写真

神部岩

神部岩

雷岩から富士山を望む

雷岩から富士山を望む

雷岩

雷岩

雷岩あら富士山、南アルプスを望む

雷岩あら富士山、南アルプスを望む

雷岩

雷岩

残雪が残っていた

残雪が残っていた

残雪が残っていた

残雪が残っていた

残雪が残っていた

残雪が残っていた

残雪が残っていた

残雪が残っていた

丸川峠を見下ろす山道から

丸川峠を見下ろす山道から

丸川峠に到着、1時間の下りは、少しきつかったが、ここまでの下りで足への疲労が蓄積、後で大変なことに

丸川峠に到着、1時間の下りは、少しきつかったが、ここまでの下りで足への疲労が蓄積、後で大変なことに

丸川峠から丸川峠入口までの下りは、足場も悪く、傾斜もきつく、下りが苦手な私には、膝も太ももも壊れる寸前

丸川峠から丸川峠入口までの下りは、足場も悪く、傾斜もきつく、下りが苦手な私には、膝も太ももも壊れる寸前

林道に出ると丸川峠入口まであと少し。やっときつい下りが終わった

林道に出ると丸川峠入口まであと少し。やっときつい下りが終わった

雲峰寺

雲峰寺

大菩薩の湯へ

大菩薩の湯へ

16時に大菩薩の湯に到着、温泉最高でした。18:33のバスで塩山駅へ

16時に大菩薩の湯に到着、温泉最高でした。18:33のバスで塩山駅へ

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。