大崩山山スキー(乗鞍岳)

2024.03.16(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 39
休憩時間
1 時間 27
距離
7.6 km
のぼり / くだり
893 / 893 m
5 52
2 26

活動詳細

すべて見る

3月16日(土)「晴れ」 7時頃には登山口の乗鞍スカイライン入口に到着した。今日は、大崩山を目指す。先ずはスカイラインを登って行く。1536m辺りから尾根に取付く。Nは上手に直登して行くが、1760m辺りからスキーシールでの直登が難しくなる。自分はジグザクと九十九折り登行に切り替える。こんな所も、岩登りの上手さが応用されているかもしれない。踵荷重で、滑るか滑らないかの微妙な小股のステップで。西側の尾根が合流する頃には、斜度が落ちて来る。でもなんだが波立ち、意外と歩き難いな。振り返ると槍穂高の展望が開けていた。北アルプス南部の山並みが全て見られた。スカイラインに合流した。YAMAP地図には「猫の小屋」があるが、実際には無かった。スカイラインは日光が当り、シャバ雪状態でスキーシールにも雪が団子になる。再び尾根に戻るが、大崩山は諦める事にし、来た道をスキー滑降開始する。2077m付近の僅かな登りを嫌い、左を下りるが中々尾根に復帰出来なかった。1990m付近から右手の沢に進む。結構急なのでターンするのに勇気がいる。段々と狭くなり急になって来る。沢を覗けなくなり、左に逃げるが再び沢中に戻る。雪も硬くターンが出来ず、横滑りで落ちて行く感じが続く。急峻で狭くなり右手の沢に逃げるが、アイスバーン状態で、所々出ている笹に掴まりながら落ち下る感じだった。引続き横滑りで降りて行く。やっと斜度が緩くなると、沢が開け流水が確認できる。雪の繋がる微妙な場所から対岸へ渡ると、斜度も落ちスカイラインに飛び出た。後は緩やかなスカイラインを下りるだけだが、太腿が痛みだした。平湯スキー場が正面に見えるとスカイライン入口に下山した。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。