烏ヶ山

2024.03.15(金) 日帰り

活動データ

タイム

03:29

距離

4.7km

のぼり

556m

くだり

539m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 29
休憩時間
26
距離
4.7 km
のぼり / くだり
556 / 539 m
1 50
1 16

活動詳細

すべて見る

今日は最高の天気に恵まれ、念願であった烏ヶ山の登頂を無事終えた。頂上で大山の南壁がクッキリと見え、大山ブルーを満喫。 命の半分を託した10本爪アイゼンは、今日は雪の水分のバランスが良かったこともあり、確りと雪をとらえて、安心感があり、十分に働いてくれた。本当に有難う! 雪を厚く被ったこの時期、正規ルート以外でも歩こうと思えば自由にコース取り出来ることから、色々な方向に向けて足跡やスノーシューの跡が続いている。位置情報を確かめずに途中まで登ってきたら、予定していた右側の正規ルートを大きく外れていた。もう引き返すのは困難であり、このまま正面から急登を登ろうと決めて、進む。この「特設」正面尾根コースは、左手に見えるカール状の裾野の景色が素晴らしく、結果的に大正解だった。 今日は男女ペア2組だけに出会った。私より先行の1組は既に頂上を折り返して、肩口の急登で出会った。私より後行の1組は、私が頂上を折り返して、右尾根コースと左尾根コースの合流地点で出会った。 昨年10月末に登った時は、雨に打たれてずぶ濡れになり、岩が滑り、おまけに雷がゴロゴロ鳴り出して、頂上まであと僅か15分の地点で引き返した。だから、尚更今回は頂上まで行きたかった。 前回の印象は「魔の山」。今回はシロタエの衣装を纏った天使がにっこり微笑んでくれたような気分。

大山・甲ヶ山・野田ヶ山 朝からクッキリと見える。テンションは否応なく上がる。
朝からクッキリと見える。テンションは否応なく上がる。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 登山靴とスノーシューで基本的に歩き固められていて、歩き易い。
登山靴とスノーシューで基本的に歩き固められていて、歩き易い。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ブナ林の奥に烏ヶ山が見える
ブナ林の奥に烏ヶ山が見える
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 YAMAPの位置情報を見ずに登って来て、ふと思い出して位置を確かめたら、正規ルートから全然外れている。右のルートを登って来たつもりだったが、むしろ左のルートの方が近くなっていた。今日は左のルートを行く予定ではなかったため、方向転換して右斜め方向に進むが、右正規ルートへの合流はもう無理そうだ。正面に近い尾根を進むことに決める。多くはないが、何人かが歩いた跡はある。
YAMAPの位置情報を見ずに登って来て、ふと思い出して位置を確かめたら、正規ルートから全然外れている。右のルートを登って来たつもりだったが、むしろ左のルートの方が近くなっていた。今日は左のルートを行く予定ではなかったため、方向転換して右斜め方向に進むが、右正規ルートへの合流はもう無理そうだ。正面に近い尾根を進むことに決める。多くはないが、何人かが歩いた跡はある。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 左尾根の樹氷が美しい。
左尾根の樹氷が美しい。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 真っ白に雪を被った雄大なスロープ
真っ白に雪を被った雄大なスロープ
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ハアハア息を切らして登って来て、ふと見上げると、烏ヶ山の頂上部の巨大岩が「ヌッ」と顔を表した。やっぱりど迫力だ。これを登るのか?登れるのか?
ハアハア息を切らして登って来て、ふと見上げると、烏ヶ山の頂上部の巨大岩が「ヌッ」と顔を表した。やっぱりど迫力だ。これを登るのか?登れるのか?
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 この尾根をもうすぐで登り切る
この尾根をもうすぐで登り切る
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 尾根を登り切って、これから向かう岩を見上げる
尾根を登り切って、これから向かう岩を見上げる
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 この尾根道を行く。左右は切り落ちているので、油断せずに
この尾根道を行く。左右は切り落ちているので、油断せずに
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 この岩の一体何処を登るのか?という感じだが、ちゃんと登れる場所がある。左右は切り立っているが、横は僅かに登れる場所がある。
この岩の一体何処を登るのか?という感じだが、ちゃんと登れる場所がある。左右は切り立っているが、横は僅かに登れる場所がある。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 雄大なスロープ。ここを一気にスキーで滑り降りたら爽快だろう
雄大なスロープ。ここを一気にスキーで滑り降りたら爽快だろう
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 やっと尾根にでた。向こう側の斜面、広大なブナ林の原生林が見える
やっと尾根にでた。向こう側の斜面、広大なブナ林の原生林が見える
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 巨大な雪庇
巨大な雪庇
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 稜線に出たら風が強い。恐らく風速10mはありそうだ
稜線に出たら風が強い。恐らく風速10mはありそうだ
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 やっと着いた。念願だった頂上
やっと着いた。念願だった頂上
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 この道を登って来た
この道を登って来た
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 大山南壁がクッキリ見える。これが「大山ブルー」か
大山南壁がクッキリ見える。これが「大山ブルー」か
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 たおやかな大山南壁
たおやかな大山南壁
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上のこの岩が特徴的
頂上のこの岩が特徴的
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上の先は崖になっている。
頂上の先は崖になっている。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。