三伏山・本谷山 塩見岳撤退

2024.03.07(木) 5 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 36
休憩時間
57
距離
13.3 km
のぼり / くだり
890 / 284 m
3 5
53
DAY 2
合計時間
9 時間 7
休憩時間
3 時間 6
距離
7.4 km
のぼり / くだり
1123 / 383 m
8
1 12
DAY 3
合計時間
4 時間 16
休憩時間
1 時間 54
距離
4.1 km
のぼり / くだり
439 / 441 m
DAY 4
合計時間
13 時間
休憩時間
5 時間 40
距離
11.9 km
のぼり / くだり
902 / 1641 m
3 39
2 31
1 6
5
2 28
DAY 5
合計時間
3 時間 8
休憩時間
21
距離
12.8 km
のぼり / くだり
265 / 872 m
2 33

活動詳細

すべて見る

残雪期の塩見岳はえげつない そもそも2ヶ月人が入ってる情報をネットでは拾うことができなかった まず、鳥倉林道の冬季ゲート手前7kmの地点で積雪によってハイエースは通行止め(後輪駆動ならいけたのかな?) 三伏峠までは踏み抜き多数のトラバース路 長い 三伏山・本谷山はピーク付近が雪がしまっていて歩きやすい、かつ景色良し 本谷山から下ったコルはサイト適地 ちなみに9日は低気圧の通過で天気が悪いはずなので停滞、しかしながら当日は青空 流石南アルプス、トレース付けに小屋まで歩く 塩見小屋→埋まっててどこかわからん 塩見岳核心部の下まで行く、塩見ぬるっと登頂できちゃうのでは?と思う しかし、ガスが出てきたので撤退 翌日、晴天の中アタック 塩見岳は全くもって甘くなかった 天狗岩までのトラバース路はダガーで 私は滑落して死にかけたが運良く止まった 緊張感はものすごい 天狗岩から塩見山頂まではロープいるかも 山頂直下には凄まじく硬い氷壁があったらしく、隊として登頂は不可能と判断して撤退 帰りは後戻り、小河内岳に行くトレースがあった 変わった人もいるもんだ 塩見登頂はできなかったものの、色々と充実した山行だったと思う 山って偉大だね

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。