大平山・四方台・貫山

2024.03.09(土) 日帰り

山BINGO第7弾 今回は、新門司港に用事があったので、そのついでといっては申し訳ないけども、平尾台のカルスト台地を進んで、九州百名山の貫山(ぬきさん)に登ってきました。 BINGOゲーム的には、縦にも横にも遠方の山々が名を連ねているので、BINGOを取るにはかなり難しいポイントなんだけど、ついでがあれば登って損はない見晴らし抜群の登山道でした。 登山ルートは、吹上峠の駐車場から大平山に登り、四方台から貫山まで往復。この後降りは、四方台からキス岩の方に降りて平尾百仏を一部だけ拝んで吹上峠に戻る、どちらかというとハイライトコースでした。 時間に余裕があれば、塔ヶ峯や岩山にも寄りたかったところですが、翌日に向けて体力温存しておく必要があったので、無理のない範囲での気持ちいい山歩きとなりました。

平尾台の案内板。
目指す貫山は、案内図の外になっています。
東向きに立てられた東が上の案内図です。
左手前の吹上峠休憩所が現在地になります。

平尾台の案内板。 目指す貫山は、案内図の外になっています。 東向きに立てられた東が上の案内図です。 左手前の吹上峠休憩所が現在地になります。

平尾台の案内板。 目指す貫山は、案内図の外になっています。 東向きに立てられた東が上の案内図です。 左手前の吹上峠休憩所が現在地になります。

平尾台地区の案内図。
こちらも東向き。

平尾台地区の案内図。 こちらも東向き。

平尾台地区の案内図。 こちらも東向き。

平尾台地区入口の表示板。
左側が吹上峠休憩所と奥にトイレや駐車場。

平尾台地区入口の表示板。 左側が吹上峠休憩所と奥にトイレや駐車場。

平尾台地区入口の表示板。 左側が吹上峠休憩所と奥にトイレや駐車場。

大平山(おおへらやま)への登山口。

大平山(おおへらやま)への登山口。

大平山(おおへらやま)への登山口。

このルートは、九州自然歩道にもなっています。

このルートは、九州自然歩道にもなっています。

このルートは、九州自然歩道にもなっています。

駐車場を見下ろしたところ。
遮るものが何もない。

駐車場を見下ろしたところ。 遮るものが何もない。

駐車場を見下ろしたところ。 遮るものが何もない。

大平山の山頂が見えてきました。
右奥の木の生えた辺り。

大平山の山頂が見えてきました。 右奥の木の生えた辺り。

大平山の山頂が見えてきました。 右奥の木の生えた辺り。

大平山山頂まであと少し。

大平山山頂まであと少し。

大平山山頂まであと少し。

大平山の山頂標。

大平山の山頂標。

大平山の山頂標。

大平山山頂から南側のパノラマ。
平尾台が一望。

大平山山頂から南側のパノラマ。 平尾台が一望。

大平山山頂から南側のパノラマ。 平尾台が一望。

山頂から東南方向。
ところどころ木が生えているところがドリーネ(カルスト台地にできた窪地)で、地下に続く穴が空いてるかもしれない危険なところ。

山頂から東南方向。 ところどころ木が生えているところがドリーネ(カルスト台地にできた窪地)で、地下に続く穴が空いてるかもしれない危険なところ。

山頂から東南方向。 ところどころ木が生えているところがドリーネ(カルスト台地にできた窪地)で、地下に続く穴が空いてるかもしれない危険なところ。

九州自然歩道との分岐点。
標識にあるように直進して四方台を経て貫山を目指します。

九州自然歩道との分岐点。 標識にあるように直進して四方台を経て貫山を目指します。

九州自然歩道との分岐点。 標識にあるように直進して四方台を経て貫山を目指します。

東側のパノラマ。
左側に貫山が見えます。
中央に四方台。

東側のパノラマ。 左側に貫山が見えます。 中央に四方台。

東側のパノラマ。 左側に貫山が見えます。 中央に四方台。

塔ヶ峯が見えました。
登山道の北側は野焼きされてないみたいで、あまり見通しがよくないです。
塔ヶ峯は、西側から見るとどうやって登るの?って思うくらいの形の山ですが、こちらの南側から見ると普通の感じに見えます。

塔ヶ峯が見えました。 登山道の北側は野焼きされてないみたいで、あまり見通しがよくないです。 塔ヶ峯は、西側から見るとどうやって登るの?って思うくらいの形の山ですが、こちらの南側から見ると普通の感じに見えます。

塔ヶ峯が見えました。 登山道の北側は野焼きされてないみたいで、あまり見通しがよくないです。 塔ヶ峯は、西側から見るとどうやって登るの?って思うくらいの形の山ですが、こちらの南側から見ると普通の感じに見えます。

四方台への登山道が丸見え。
南側だけ野焼きされてて、うっすら黒くなっているのがわかります。

四方台への登山道が丸見え。 南側だけ野焼きされてて、うっすら黒くなっているのがわかります。

四方台への登山道が丸見え。 南側だけ野焼きされてて、うっすら黒くなっているのがわかります。

分岐のようですが、道標がハングルとローマ字なので、ぱっと見よくわかりません。

分岐のようですが、道標がハングルとローマ字なので、ぱっと見よくわかりません。

分岐のようですが、道標がハングルとローマ字なので、ぱっと見よくわかりません。

振り返って大平山を見たところ。
白く見えるのが歩いてきたところ。

振り返って大平山を見たところ。 白く見えるのが歩いてきたところ。

振り返って大平山を見たところ。 白く見えるのが歩いてきたところ。

四方台に到着。
後ろに貫山。

四方台に到着。 後ろに貫山。

四方台に到着。 後ろに貫山。

貫山の右側、北東方向に登山後に向かう予定の新門司港が見えます。

貫山の右側、北東方向に登山後に向かう予定の新門司港が見えます。

貫山の右側、北東方向に登山後に向かう予定の新門司港が見えます。

四方台から東側のパノラマ。
左端が貫山。瀬戸内海が見えます。
案内図にも四方台の東にアンテナがあるようになってましたね。

四方台から東側のパノラマ。 左端が貫山。瀬戸内海が見えます。 案内図にも四方台の東にアンテナがあるようになってましたね。

四方台から東側のパノラマ。 左端が貫山。瀬戸内海が見えます。 案内図にも四方台の東にアンテナがあるようになってましたね。

野焼きされた笹がヤマアラシの棘のように見えます。
貫山や四方台の東側も野焼きされています。

野焼きされた笹がヤマアラシの棘のように見えます。 貫山や四方台の東側も野焼きされています。

野焼きされた笹がヤマアラシの棘のように見えます。 貫山や四方台の東側も野焼きされています。

貫山への登山道。
こう見通しがいい登山道というのもなんか違和感ありますね。
野焼きの前にきれいに刈り込まれたんですよね。

貫山への登山道。 こう見通しがいい登山道というのもなんか違和感ありますね。 野焼きの前にきれいに刈り込まれたんですよね。

貫山への登山道。 こう見通しがいい登山道というのもなんか違和感ありますね。 野焼きの前にきれいに刈り込まれたんですよね。

貫山の山頂標。

貫山の山頂標。

貫山の山頂標。

貫山山頂から東側のパノラマ。
貫山山頂は、20人近くの人がいて大賑わい。
そのうち、ちらほら雪が舞ってきました。

貫山山頂から東側のパノラマ。 貫山山頂は、20人近くの人がいて大賑わい。 そのうち、ちらほら雪が舞ってきました。

貫山山頂から東側のパノラマ。 貫山山頂は、20人近くの人がいて大賑わい。 そのうち、ちらほら雪が舞ってきました。

北九州空港の連絡道が真っ正面に見えます。

北九州空港の連絡道が真っ正面に見えます。

北九州空港の連絡道が真っ正面に見えます。

木の枝にカラスが一羽留まっていました。

木の枝にカラスが一羽留まっていました。

木の枝にカラスが一羽留まっていました。

貫山側から見た四方台とその先に岩山。

貫山側から見た四方台とその先に岩山。

貫山側から見た四方台とその先に岩山。

西側、大平山。

西側、大平山。

西側、大平山。

大平山の南東側に回ってきました。
大平山から四方台へのルートって、結構な崖の上だったんですね。
右奥には塔ヶ峯が見えます。西から見るととんがったように見えている。

大平山の南東側に回ってきました。 大平山から四方台へのルートって、結構な崖の上だったんですね。 右奥には塔ヶ峯が見えます。西から見るととんがったように見えている。

大平山の南東側に回ってきました。 大平山から四方台へのルートって、結構な崖の上だったんですね。 右奥には塔ヶ峯が見えます。西から見るととんがったように見えている。

木の生えてるところが小穴と呼ばれているドリーネらしい。
登山道の北側には大穴と呼ばれているところがあるらしい。

木の生えてるところが小穴と呼ばれているドリーネらしい。 登山道の北側には大穴と呼ばれているところがあるらしい。

木の生えてるところが小穴と呼ばれているドリーネらしい。 登山道の北側には大穴と呼ばれているところがあるらしい。

大平山の南に広がる羊群原。
ピナクルっていわれるらしい。

大平山の南に広がる羊群原。 ピナクルっていわれるらしい。

大平山の南に広がる羊群原。 ピナクルっていわれるらしい。

奇妙な形に溶け残った石灰岩。
うしろに見える道筋にも似てるような感じ。

奇妙な形に溶け残った石灰岩。 うしろに見える道筋にも似てるような感じ。

奇妙な形に溶け残った石灰岩。 うしろに見える道筋にも似てるような感じ。

東側の岩山。

東側の岩山。

東側の岩山。

地図上は右側への一本道だけど、yamapの登山ルートだと東西方向の道に突き当たった感じになってる場所。
左側の小道を進むとショートカットして中峠方面に行けそう。

地図上は右側への一本道だけど、yamapの登山ルートだと東西方向の道に突き当たった感じになってる場所。 左側の小道を進むとショートカットして中峠方面に行けそう。

地図上は右側への一本道だけど、yamapの登山ルートだと東西方向の道に突き当たった感じになってる場所。 左側の小道を進むとショートカットして中峠方面に行けそう。

この先にキス岩があるようなので、予定の登山道を少し逸れて進みます。

この先にキス岩があるようなので、予定の登山道を少し逸れて進みます。

この先にキス岩があるようなので、予定の登山道を少し逸れて進みます。

ポケモンのベトベトンか何かに見えてしまった。
大口開けてる。

ポケモンのベトベトンか何かに見えてしまった。 大口開けてる。

ポケモンのベトベトンか何かに見えてしまった。 大口開けてる。

キス岩。
ミニロビくん、邪魔しちゃ悪いよ。

キス岩。 ミニロビくん、邪魔しちゃ悪いよ。

キス岩。 ミニロビくん、邪魔しちゃ悪いよ。

溶け残った石灰岩の形は様々。
よからぬ想像をしてしまった。

溶け残った石灰岩の形は様々。 よからぬ想像をしてしまった。

溶け残った石灰岩の形は様々。 よからぬ想像をしてしまった。

分岐点。ここは吹上峠ではなく、登山計画どおりに左の迂回路方向に進む。

分岐点。ここは吹上峠ではなく、登山計画どおりに左の迂回路方向に進む。

分岐点。ここは吹上峠ではなく、登山計画どおりに左の迂回路方向に進む。

分岐点。貫山方向から来たところ。ここは、吹上峠方向に進みます。
ここから先は車でも通れそうな整地された道を歩いていきます。
うしろに大平山山頂が見えます。

分岐点。貫山方向から来たところ。ここは、吹上峠方向に進みます。 ここから先は車でも通れそうな整地された道を歩いていきます。 うしろに大平山山頂が見えます。

分岐点。貫山方向から来たところ。ここは、吹上峠方向に進みます。 ここから先は車でも通れそうな整地された道を歩いていきます。 うしろに大平山山頂が見えます。

うしろに写っているのは、ドリーネの下穴と呼ばれているところ。
全体像がうまく写せず、伝わらない。

うしろに写っているのは、ドリーネの下穴と呼ばれているところ。 全体像がうまく写せず、伝わらない。

うしろに写っているのは、ドリーネの下穴と呼ばれているところ。 全体像がうまく写せず、伝わらない。

立派な分岐の道標。
真っ直ぐ平尾石仏方向に進む。

立派な分岐の道標。 真っ直ぐ平尾石仏方向に進む。

立派な分岐の道標。 真っ直ぐ平尾石仏方向に進む。

ゴールの駐車場が見えてきました。あと少し。

ゴールの駐車場が見えてきました。あと少し。

ゴールの駐車場が見えてきました。あと少し。

平尾百仏。
もともとバラバラに設置されていたものが集められたものだとか、もっとゆっくり見てみればよかった。

平尾百仏。 もともとバラバラに設置されていたものが集められたものだとか、もっとゆっくり見てみればよかった。

平尾百仏。 もともとバラバラに設置されていたものが集められたものだとか、もっとゆっくり見てみればよかった。

平尾台からの出口。
ロケット打ち上げ実験が予定されていることにビックリ。野焼きされた後みたいだし、ちょうどいいのかな。

平尾台からの出口。 ロケット打ち上げ実験が予定されていることにビックリ。野焼きされた後みたいだし、ちょうどいいのかな。

平尾台からの出口。 ロケット打ち上げ実験が予定されていることにビックリ。野焼きされた後みたいだし、ちょうどいいのかな。

天然記念物となっている平尾台の石碑。
ここからだと距離のある大平山山頂が手前の丘より低く見えますね。

天然記念物となっている平尾台の石碑。 ここからだと距離のある大平山山頂が手前の丘より低く見えますね。

天然記念物となっている平尾台の石碑。 ここからだと距離のある大平山山頂が手前の丘より低く見えますね。

平尾台の案内板。 目指す貫山は、案内図の外になっています。 東向きに立てられた東が上の案内図です。 左手前の吹上峠休憩所が現在地になります。

平尾台地区の案内図。 こちらも東向き。

平尾台地区入口の表示板。 左側が吹上峠休憩所と奥にトイレや駐車場。

大平山(おおへらやま)への登山口。

このルートは、九州自然歩道にもなっています。

駐車場を見下ろしたところ。 遮るものが何もない。

大平山の山頂が見えてきました。 右奥の木の生えた辺り。

大平山山頂まであと少し。

大平山の山頂標。

大平山山頂から南側のパノラマ。 平尾台が一望。

山頂から東南方向。 ところどころ木が生えているところがドリーネ(カルスト台地にできた窪地)で、地下に続く穴が空いてるかもしれない危険なところ。

九州自然歩道との分岐点。 標識にあるように直進して四方台を経て貫山を目指します。

東側のパノラマ。 左側に貫山が見えます。 中央に四方台。

塔ヶ峯が見えました。 登山道の北側は野焼きされてないみたいで、あまり見通しがよくないです。 塔ヶ峯は、西側から見るとどうやって登るの?って思うくらいの形の山ですが、こちらの南側から見ると普通の感じに見えます。

四方台への登山道が丸見え。 南側だけ野焼きされてて、うっすら黒くなっているのがわかります。

分岐のようですが、道標がハングルとローマ字なので、ぱっと見よくわかりません。

振り返って大平山を見たところ。 白く見えるのが歩いてきたところ。

四方台に到着。 後ろに貫山。

貫山の右側、北東方向に登山後に向かう予定の新門司港が見えます。

四方台から東側のパノラマ。 左端が貫山。瀬戸内海が見えます。 案内図にも四方台の東にアンテナがあるようになってましたね。

野焼きされた笹がヤマアラシの棘のように見えます。 貫山や四方台の東側も野焼きされています。

貫山への登山道。 こう見通しがいい登山道というのもなんか違和感ありますね。 野焼きの前にきれいに刈り込まれたんですよね。

貫山の山頂標。

貫山山頂から東側のパノラマ。 貫山山頂は、20人近くの人がいて大賑わい。 そのうち、ちらほら雪が舞ってきました。

北九州空港の連絡道が真っ正面に見えます。

木の枝にカラスが一羽留まっていました。

貫山側から見た四方台とその先に岩山。

西側、大平山。

大平山の南東側に回ってきました。 大平山から四方台へのルートって、結構な崖の上だったんですね。 右奥には塔ヶ峯が見えます。西から見るととんがったように見えている。

木の生えてるところが小穴と呼ばれているドリーネらしい。 登山道の北側には大穴と呼ばれているところがあるらしい。

大平山の南に広がる羊群原。 ピナクルっていわれるらしい。

奇妙な形に溶け残った石灰岩。 うしろに見える道筋にも似てるような感じ。

東側の岩山。

地図上は右側への一本道だけど、yamapの登山ルートだと東西方向の道に突き当たった感じになってる場所。 左側の小道を進むとショートカットして中峠方面に行けそう。

この先にキス岩があるようなので、予定の登山道を少し逸れて進みます。

ポケモンのベトベトンか何かに見えてしまった。 大口開けてる。

キス岩。 ミニロビくん、邪魔しちゃ悪いよ。

溶け残った石灰岩の形は様々。 よからぬ想像をしてしまった。

分岐点。ここは吹上峠ではなく、登山計画どおりに左の迂回路方向に進む。

分岐点。貫山方向から来たところ。ここは、吹上峠方向に進みます。 ここから先は車でも通れそうな整地された道を歩いていきます。 うしろに大平山山頂が見えます。

うしろに写っているのは、ドリーネの下穴と呼ばれているところ。 全体像がうまく写せず、伝わらない。

立派な分岐の道標。 真っ直ぐ平尾石仏方向に進む。

ゴールの駐車場が見えてきました。あと少し。

平尾百仏。 もともとバラバラに設置されていたものが集められたものだとか、もっとゆっくり見てみればよかった。

平尾台からの出口。 ロケット打ち上げ実験が予定されていることにビックリ。野焼きされた後みたいだし、ちょうどいいのかな。

天然記念物となっている平尾台の石碑。 ここからだと距離のある大平山山頂が手前の丘より低く見えますね。

この活動日記で通ったコース

貫山 吹上峠〜平尾台周回コース

  • 03:30
  • 6.9 km
  • 510 m
  • コース定数 13

吹上峠を起点に、貫山を往復しながら平尾台をぐるっと周遊できるコース。吹上峠へのアクセスは、公共交通機関を利用する場合はJR小倉駅から西鉄バスで中谷営業所まで行き、ここから平尾台自然観察センター行きのジャンボタクシーに乗り換えたのち、吹上峠で下車する。駐車場があるためマイカーでもアクセスできる。吹上峠からは貫山を往復しながら、なだらかな稜線や石灰岩の羊群原、春〜夏は緑の草原と、秋にはススキ野原を散策できる。なお、平尾台の歩道はいくつも分岐して一帯に張り巡らされているので、このコースに限らず自由に散策してもいいだろう。