猿投山

2019.01.20(日) 日帰り
zarufuji
zarufuji

よく名古屋方面の方がハイキングやトレーニングに使ってる猿投山 私は南アへ行くとき、よく猿投グリーンロード~治部坂峠~飯田ルートを通るので 猿投という名前に親近感を感じていていつかアルプスの帰りに登りたいと思っていました でも、アルプスの帰りはたいていバテバテでやはりこの山のために遠征が必要だなって 登ってまいりました 標高は、生駒と同じくらいなので植生とか雰囲気は似ているけど 都会からの距離があるからか、山の中は深く感じました 朝起きれなくて、6時40分くらいに自宅を出て、10時20分頃駐車場に到着 今日は、昼から晴れる予報だったのでこのくらいから歩くのがちょうどいいか! と思ったが、結局山頂までシビシビと小雨が降り続き その後は止んだけどガスってるし、雲が厚くて薄暗い1日でした 最近、山の日の天気回りうまくいかないです--- なので登る人が多いと聞くこの山も、山頂で2組4人 その他も合わせて10人ちょっとお会いしただけでした 下山後は猿投温泉で入浴、みやげの後帰路に着きました

駐車場の地図
ここに書かれてあるルートのほとんどは
舗装道路のようだ

駐車場の地図 ここに書かれてあるルートのほとんどは 舗装道路のようだ

駐車場の地図 ここに書かれてあるルートのほとんどは 舗装道路のようだ

で、東海自然歩道の舗装道路を川沿いに登りだす

で、東海自然歩道の舗装道路を川沿いに登りだす

で、東海自然歩道の舗装道路を川沿いに登りだす

でも舗装道路は歩いてても楽しくない
右側を見上げると、冬枯れした尾根がみえる
一旦戻って川を渡り、山道に入っていく

でも舗装道路は歩いてても楽しくない 右側を見上げると、冬枯れした尾根がみえる 一旦戻って川を渡り、山道に入っていく

でも舗装道路は歩いてても楽しくない 右側を見上げると、冬枯れした尾根がみえる 一旦戻って川を渡り、山道に入っていく

イノシシが出没するらしい
かまれた人もいるようだ
ワナが置いてあった

イノシシが出没するらしい かまれた人もいるようだ ワナが置いてあった

イノシシが出没するらしい かまれた人もいるようだ ワナが置いてあった

川側の斜面は植林帯
東側の尾根はアップダウンしながら
猿投山山頂に近づいていく

川側の斜面は植林帯 東側の尾根はアップダウンしながら 猿投山山頂に近づいていく

川側の斜面は植林帯 東側の尾根はアップダウンしながら 猿投山山頂に近づいていく

尾根から(多分)猿投山が垣間見える

尾根から(多分)猿投山が垣間見える

尾根から(多分)猿投山が垣間見える

小雨が降り続いている
展望もあまり効かない
名古屋あたりでは日も差して来ていたし
昨夜気象庁の「今後の雨」も昼前から雨雲は取れるようだったが---
もう昼なのに天候が回復する様子がない

小雨が降り続いている 展望もあまり効かない 名古屋あたりでは日も差して来ていたし 昨夜気象庁の「今後の雨」も昼前から雨雲は取れるようだったが--- もう昼なのに天候が回復する様子がない

小雨が降り続いている 展望もあまり効かない 名古屋あたりでは日も差して来ていたし 昨夜気象庁の「今後の雨」も昼前から雨雲は取れるようだったが--- もう昼なのに天候が回復する様子がない

カツラかな?
株立ちの立派な木

カツラかな? 株立ちの立派な木

カツラかな? 株立ちの立派な木

ポツンとアカマツ

ポツンとアカマツ

ポツンとアカマツ

シダが繁栄

シダが繁栄

シダが繁栄

間違えて林道へとしばらく歩いてしまう

間違えて林道へとしばらく歩いてしまう

間違えて林道へとしばらく歩いてしまう

株立ちが多い

株立ちが多い

株立ちが多い

この株立ちの樹は?

この株立ちの樹は?

この株立ちの樹は?

東宮まで登ってきた
元は祠の手前にも建物があったのかな

東宮まで登ってきた 元は祠の手前にも建物があったのかな

東宮まで登ってきた 元は祠の手前にも建物があったのかな

東宮の標識
この裏から最高標高地点へと登る

東宮の標識 この裏から最高標高地点へと登る

東宮の標識 この裏から最高標高地点へと登る

最高地点は地形図にも632mとあったが
駐車場の案内図には638.3mで道はないと書いてあったなあ---
見た感じここより高い地点はなさそうだけど---
山名にかなうおサルさんの人形

最高地点は地形図にも632mとあったが 駐車場の案内図には638.3mで道はないと書いてあったなあ--- 見た感じここより高い地点はなさそうだけど--- 山名にかなうおサルさんの人形

最高地点は地形図にも632mとあったが 駐車場の案内図には638.3mで道はないと書いてあったなあ--- 見た感じここより高い地点はなさそうだけど--- 山名にかなうおサルさんの人形

御嶽山のビュースポットらしいが---

御嶽山のビュースポットらしいが---

御嶽山のビュースポットらしいが---

展望はいまだこんな感じ

展望はいまだこんな感じ

展望はいまだこんな感じ

猿投山山頂629mに到着!

猿投山山頂629mに到着!

猿投山山頂629mに到着!

山頂はこんな感じでベンチがこの周辺あちこちに置いてある

山頂はこんな感じでベンチがこの周辺あちこちに置いてある

山頂はこんな感じでベンチがこの周辺あちこちに置いてある

一等三角点だ!

一等三角点だ!

一等三角点だ!

北東側の展望、天候が良ければ南アも見えるのかな

北東側の展望、天候が良ければ南アも見えるのかな

北東側の展望、天候が良ければ南アも見えるのかな

武田道の「武田」は武田信玄の関係?

武田道の「武田」は武田信玄の関係?

武田道の「武田」は武田信玄の関係?

降り際にほんの少しだけ青空がのぞいた
でも結局、車での帰路、東名阪でも降ってたし
今日は天気の回復がかなり遅れたなあ

降り際にほんの少しだけ青空がのぞいた でも結局、車での帰路、東名阪でも降ってたし 今日は天気の回復がかなり遅れたなあ

降り際にほんの少しだけ青空がのぞいた でも結局、車での帰路、東名阪でも降ってたし 今日は天気の回復がかなり遅れたなあ

駐車場に戻ってきた

駐車場に戻ってきた

駐車場に戻ってきた

下山後、猿投温泉に立ち寄った

下山後、猿投温泉に立ち寄った

下山後、猿投温泉に立ち寄った

ここで入浴、土産購入して
帰路に着きました

ここで入浴、土産購入して 帰路に着きました

ここで入浴、土産購入して 帰路に着きました

駐車場の地図 ここに書かれてあるルートのほとんどは 舗装道路のようだ

で、東海自然歩道の舗装道路を川沿いに登りだす

でも舗装道路は歩いてても楽しくない 右側を見上げると、冬枯れした尾根がみえる 一旦戻って川を渡り、山道に入っていく

イノシシが出没するらしい かまれた人もいるようだ ワナが置いてあった

川側の斜面は植林帯 東側の尾根はアップダウンしながら 猿投山山頂に近づいていく

尾根から(多分)猿投山が垣間見える

小雨が降り続いている 展望もあまり効かない 名古屋あたりでは日も差して来ていたし 昨夜気象庁の「今後の雨」も昼前から雨雲は取れるようだったが--- もう昼なのに天候が回復する様子がない

カツラかな? 株立ちの立派な木

ポツンとアカマツ

シダが繁栄

間違えて林道へとしばらく歩いてしまう

株立ちが多い

この株立ちの樹は?

東宮まで登ってきた 元は祠の手前にも建物があったのかな

東宮の標識 この裏から最高標高地点へと登る

最高地点は地形図にも632mとあったが 駐車場の案内図には638.3mで道はないと書いてあったなあ--- 見た感じここより高い地点はなさそうだけど--- 山名にかなうおサルさんの人形

御嶽山のビュースポットらしいが---

展望はいまだこんな感じ

猿投山山頂629mに到着!

山頂はこんな感じでベンチがこの周辺あちこちに置いてある

一等三角点だ!

北東側の展望、天候が良ければ南アも見えるのかな

武田道の「武田」は武田信玄の関係?

降り際にほんの少しだけ青空がのぞいた でも結局、車での帰路、東名阪でも降ってたし 今日は天気の回復がかなり遅れたなあ

駐車場に戻ってきた

下山後、猿投温泉に立ち寄った

ここで入浴、土産購入して 帰路に着きました