湖底の記憶

2024.02.26(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 38
休憩時間
1 時間 35
距離
12.5 km
のぼり / くだり
1302 / 1492 m
11
1 8
16
28
11
18
25
1 21
15

活動詳細

すべて見る

1900年代初頭 帝国主義の名の下に故郷を失った人々の記憶がここにある。 湖畔の下に眠る村は、必要な犠牲として帰る人のない記録として残された。 それは湖の底にある悲しい物語。 どうも僕です! 今日は東京都西多摩郡奥多摩町、奥多摩三山の一つである御前山(1,405m)を目指す。 奥多摩駅からバスで奥多摩湖へ🚌 奥多摩湖からスタートし御前山を目指し複数の山を縦走し奥多摩駅へ。 今日は寝ないで来たし今回は距離長いから心配だがなんとか気力でやるかぁ😪 エスケープもあるので行けるとこまで行こう🥾 雪が降った予報があったがどんな冒険になるか楽しみだ。 奥多摩は快晴だ😃 今日はelisa toffoli のEppure Sentire (un senso di te)を聴きながら登ろう。 https://youtu.be/llew0MMIxDo?si=6Q-ihLkSAEJi0HIs ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 登ってみた感想として 奥多摩湖から御前山までは急坂続き、雪景色も相まって常に楽しめた。 指沢山から見る奥多摩湖は時間の経過を忘れさせてくれるが途中から遭難救助のヘリコプターが轟音を上げ飛び続けていた。 御前山まではブナ林が登山道を演出したが御前山からの下りのルートは杉林に囲まれた登山道だった。 かなり疲れたが気持ち良かった😃 また今回のルートのトイレはスタート地点の「奥多摩 水と緑のふれあい館」と奥多摩駅周辺にしかないので注意。 そして遭難者が無事救助されている事を願う。 ではではおつかれ山でした🫡

大岳山・御岳山・御前山 JR青梅線奥多摩駅から西東京バスに乗車し「奥多摩湖」バス停で下車。 
https://transfer.navitime.biz/bus-navi/smart/diagram/Search/bus?course=0000430102&startId=00042103&stopNo=1
(2024 2/26時点)

奥多摩湖までの道は以前車で来た時は狭いトンネルだなぁとしか思わなかったがバスに揺られゆっくり見ると雰囲気あるな。
15分程で到着、料金は350円

さぁスタートだ🥾
JR青梅線奥多摩駅から西東京バスに乗車し「奥多摩湖」バス停で下車。 https://transfer.navitime.biz/bus-navi/smart/diagram/Search/bus?course=0000430102&startId=00042103&stopNo=1 (2024 2/26時点) 奥多摩湖までの道は以前車で来た時は狭いトンネルだなぁとしか思わなかったがバスに揺られゆっくり見ると雰囲気あるな。 15分程で到着、料金は350円 さぁスタートだ🥾
大岳山・御岳山・御前山 奥多摩湖(おくたまこ)は、東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波山村・小菅村に跨る人造湖。
正式名称は小河内貯水池(おごうちちょすいち)。
貯水池と言われるが雨水を貯めたのではなく多摩川にダムを築いて川の流れをせき止め造った湖。
塩総貯水量1億8000万トン、都民の貴重な水源の一つだ。

四季の移ろいを華やかに演出し、木々や周囲の山稜を映し出すその静寂な湖面は、幻想的なシーンを日々演出し続ける。
湖畔を彩る桜、新緑、紅葉、そして冬景色は多くの生命に癒しと生存競争を色濃く残す。
また湖畔では、歴史を今に伝える史跡や、懐かしいたたずまいを残す家並みにも触れることができる。
奥多摩湖(おくたまこ)は、東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波山村・小菅村に跨る人造湖。 正式名称は小河内貯水池(おごうちちょすいち)。 貯水池と言われるが雨水を貯めたのではなく多摩川にダムを築いて川の流れをせき止め造った湖。 塩総貯水量1億8000万トン、都民の貴重な水源の一つだ。 
四季の移ろいを華やかに演出し、木々や周囲の山稜を映し出すその静寂な湖面は、幻想的なシーンを日々演出し続ける。 湖畔を彩る桜、新緑、紅葉、そして冬景色は多くの生命に癒しと生存競争を色濃く残す。 また湖畔では、歴史を今に伝える史跡や、懐かしいたたずまいを残す家並みにも触れることができる。
大岳山・御岳山・御前山 今から100年程前の話ー
東京に住む人が増えすぎて飲み水が足りなくなったために、ここに水源が造られた。
1900年には200万人、1940年に735 万人まで増え続けた東京の人口推移を見ても水源の確保を急務とするのは必然だ。

1932年にこの場所に貯水池を造る計画が持ち上がった。
けど計画は様々な事情によりまったくスムーズにはいかなかった。
これには以下の様な理由がある。

・移転をめぐる補償問題
・土地の売却の拒否
・東京が水源を独占する事による他県の抗議
・コミュニストによる思想の暴走
・そして第二次大戦による物資不足

しかし長く時間をかけ村民を説得し、国で補償の対応や新しい居住地の選定を入念に擦り合わせ、村民の理解を得て合意した。

当初、村民は補償費を貰い一年以内に移転出来ると言われていた。
しかし【上記要因】により話が進まず住民達はそのままこの地に残され続ける事となる。
勿論、いつ湖の底に沈むか分からない状態では生活は継続出来ない。
村のインフラは崩壊し生産力も乏しい状態では人は暮らしていけない。

政府から移転してくれるタイミングを待っていても声はかからない。
業を煮やした村民は抗議を続けたが取り合ってもらえなかった。
小河内村の660世帯3786人、
村民はお粥をすすり、高利貸しや娘買いが横行し村は悲惨な状態になったと伝えられている。

様々な要因によりダム建築はスムーズにいかず、結局ダムが完成したのは1957年まで先延ばしとなった。
それを機に小河内村は湖の底に消えた記録となったんだ。
今から100年程前の話ー 東京に住む人が増えすぎて飲み水が足りなくなったために、ここに水源が造られた。 1900年には200万人、1940年に735 万人まで増え続けた東京の人口推移を見ても水源の確保を急務とするのは必然だ。 1932年にこの場所に貯水池を造る計画が持ち上がった。 けど計画は様々な事情によりまったくスムーズにはいかなかった。 これには以下の様な理由がある。 ・移転をめぐる補償問題 ・土地の売却の拒否 ・東京が水源を独占する事による他県の抗議 ・コミュニストによる思想の暴走 ・そして第二次大戦による物資不足 しかし長く時間をかけ村民を説得し、国で補償の対応や新しい居住地の選定を入念に擦り合わせ、村民の理解を得て合意した。 当初、村民は補償費を貰い一年以内に移転出来ると言われていた。 しかし【上記要因】により話が進まず住民達はそのままこの地に残され続ける事となる。 勿論、いつ湖の底に沈むか分からない状態では生活は継続出来ない。 村のインフラは崩壊し生産力も乏しい状態では人は暮らしていけない。 政府から移転してくれるタイミングを待っていても声はかからない。 業を煮やした村民は抗議を続けたが取り合ってもらえなかった。 小河内村の660世帯3786人、 村民はお粥をすすり、高利貸しや娘買いが横行し村は悲惨な状態になったと伝えられている。 様々な要因によりダム建築はスムーズにいかず、結局ダムが完成したのは1957年まで先延ばしとなった。 それを機に小河内村は湖の底に消えた記録となったんだ。
大岳山・御岳山・御前山 小河内村の村人達は「お国の為に」土地を明け渡した。
しかし明治、大正、昭和は日本にとって激動の時代だった。
その時代の荒波がこの奥多摩の地に生きる人達の歯車を狂わせた。
というよりも上手く噛み合わせることが出来なかったんだ。


ざっくり書いたが詳しく知りたい人は
石川達三著 - 「日陰の村」(1937年)を読むと詳しく把握出来るはずだ。
小河内村の村人達は「お国の為に」土地を明け渡した。 しかし明治、大正、昭和は日本にとって激動の時代だった。 その時代の荒波がこの奥多摩の地に生きる人達の歯車を狂わせた。 というよりも上手く噛み合わせることが出来なかったんだ。 ざっくり書いたが詳しく知りたい人は 石川達三著 - 「日陰の村」(1937年)を読むと詳しく把握出来るはずだ。
大岳山・御岳山・御前山 土地は歴史を記憶すると言われている。
当事者も証言者もすでにいなくとも、そこに足を運ぶことによって、土地そのものが教えてくれることがある。
山々や木々は数百〜数千年前からこの地を見守っている。
そしてここに住む何億年もの遺伝子を持つ生命達のDNAの一つに刻まれている。
土地は歴史を記憶すると言われている。 当事者も証言者もすでにいなくとも、そこに足を運ぶことによって、土地そのものが教えてくれることがある。 山々や木々は数百〜数千年前からこの地を見守っている。 そしてここに住む何億年もの遺伝子を持つ生命達のDNAの一つに刻まれている。
大岳山・御岳山・御前山 では山行記録を書いていく。
誰も今日は登ってない為少し不安だな。

まずは第一のピークとなる指沢山を目指す。
では山行記録を書いていく。 誰も今日は登ってない為少し不安だな。 まずは第一のピークとなる指沢山を目指す。
大岳山・御岳山・御前山 指沢山(さすざわやま)は、東京都奥多摩町に位置する標高940mの山だ。
奥多摩湖から御前山をめざす大ブナ尾根に座している。
奥多摩湖からいきなり急坂で指沢山まで登ってきた。
雪の影響でオンタイムとはいかないな。

ここ魅力はやはり奥多摩湖の素晴らしい眺望が素晴らしい😊
ウッドデッキの展望台からは奥多摩湖の絶景が広がる。
このコバルトブルーは絵画の様だ。

大菩薩嶺がこちらを見下ろしている。
迫力あるな。
指沢山(さすざわやま)は、東京都奥多摩町に位置する標高940mの山だ。 奥多摩湖から御前山をめざす大ブナ尾根に座している。 奥多摩湖からいきなり急坂で指沢山まで登ってきた。 雪の影響でオンタイムとはいかないな。 ここ魅力はやはり奥多摩湖の素晴らしい眺望が素晴らしい😊 ウッドデッキの展望台からは奥多摩湖の絶景が広がる。 このコバルトブルーは絵画の様だ。 大菩薩嶺がこちらを見下ろしている。 迫力あるな。
大岳山・御岳山・御前山 Di tutto quello che non so
Di tutto quello che non ho
何も分かっていない自分が 
何も持っていない自分が 

Eppure sentire
Nei fiori tra l'asfalto
でも聞こえるわ
アスファルトの隙間から咲く花

Nei cieli di cobalto - c'è
Eppure sentire
そこにはコバルト色の空がある
でも聞こえるわ

Nei sogni in fondo a un pianto
Nei giorni di silenzio - c'è
泣きたいくらいどん底でも夢の中
そこには静かな日々がある

Un senso di te
C'è un senso di te
あなたの感触
あなたの感触があるの
Di tutto quello che non so
Di tutto quello che non ho 何も分かっていない自分が 
何も持っていない自分が 
 Eppure sentire
Nei fiori tra l'asfalto でも聞こえるわ
アスファルトの隙間から咲く花
 Nei cieli di cobalto - c'è
Eppure sentire そこにはコバルト色の空がある
でも聞こえるわ
 Nei sogni in fondo a un pianto
Nei giorni di silenzio - c'è 泣きたいくらいどん底でも夢の中
そこには静かな日々がある
 Un senso di te
C'è un senso di te あなたの感触
あなたの感触があるの
大岳山・御岳山・御前山 東京消防庁のヘリが索敵している🚁
僕の進む方角を行ったり来たりしているから御前山で遭難したのか?
怖いな
東京消防庁のヘリが索敵している🚁 僕の進む方角を行ったり来たりしているから御前山で遭難したのか? 怖いな
大岳山・御岳山・御前山 神秘的
神秘的
大岳山・御岳山・御前山 ツキノワかな?
今朝の雪でこのルートにトレースはない
近い時間だ
ツキノワかな? 今朝の雪でこのルートにトレースはない 近い時間だ
大岳山・御岳山・御前山 タバコと比べてみる
タバコと比べてみる
大岳山・御岳山・御前山 縦15cmくらいか
ヘリの爆音で逃げて欲しいが遭難と関わってたら嫌だな😰
恐怖心を掻き立てる。
縦15cmくらいか ヘリの爆音で逃げて欲しいが遭難と関わってたら嫌だな😰 恐怖心を掻き立てる。
大岳山・御岳山・御前山 ヘリがこっちの方まで...探し回ってる
ヘリがこっちの方まで...探し回ってる
大岳山・御岳山・御前山 暑い
シロップかけてカキ氷食べたい気分😄
暑い シロップかけてカキ氷食べたい気分😄
大岳山・御岳山・御前山 ここら辺は30cmくらい積もってる。
登りの体力消費が通常の倍きつく感じる😔
結局ラッセルは山頂までやる事に
ここら辺は30cmくらい積もってる。 登りの体力消費が通常の倍きつく感じる😔 結局ラッセルは山頂までやる事に
大岳山・御岳山・御前山 ツリートップを太陽でデコ🎄
ツリートップを太陽でデコ🎄
大岳山・御岳山・御前山 くてくての中右手を見ると富士山が🗻
御前山までの道中ところどころ木々の間から顔を覗かせる。

これからの季節な葉っぱで覆われるから見えなくなりそうだな😅
くてくての中右手を見ると富士山が🗻 御前山までの道中ところどころ木々の間から顔を覗かせる。 これからの季節な葉っぱで覆われるから見えなくなりそうだな😅
大岳山・御岳山・御前山 この登山道イカしてるな😃
この登山道イカしてるな😃
大岳山・御岳山・御前山 画面では捉えれないがパウダースノーは光輝いている。
今からこれを破壊しなくてはならないのが勿体無い。
画面では捉えれないがパウダースノーは光輝いている。 今からこれを破壊しなくてはならないのが勿体無い。
大岳山・御岳山・御前山 惣岳山(そうがくさん)は標高1348mの山。

大岳山・三頭山と並ぶ奥多摩三山の一座・御前山の北西にそびえており、奥多摩湖からサス沢山を経て御前山をめざす大ブナ尾根に座している。
ここまで急坂の連続だったが開けていてベンチもありゆったり出来るがここまで来たら御前山は近いのでもう一踏ん張りだ💨

山頂の眺望は効かない。

 
惣岳山(そうがくさん)は標高1348mの山。 大岳山・三頭山と並ぶ奥多摩三山の一座・御前山の北西にそびえており、奥多摩湖からサス沢山を経て御前山をめざす大ブナ尾根に座している。 ここまで急坂の連続だったが開けていてベンチもありゆったり出来るがここまで来たら御前山は近いのでもう一踏ん張りだ💨 山頂の眺望は効かない。  
大岳山・御岳山・御前山 綺麗だね
綺麗だね
大岳山・御岳山・御前山 惣岳山を分岐にこのルートを進めば奥多摩湖の西側まで行ける。
健脚の人は三頭山〜大岳山まで行っちゃいそうだなぁ
惣岳山を分岐にこのルートを進めば奥多摩湖の西側まで行ける。 健脚の人は三頭山〜大岳山まで行っちゃいそうだなぁ
大岳山・御岳山・御前山 御前山1番乗り😃
ラッセル地獄だったが不思議だね。

山頂上がると疲れが吹き飛んだ、寒いけど🥶
御前山1番乗り😃 ラッセル地獄だったが不思議だね。 山頂上がると疲れが吹き飛んだ、寒いけど🥶
大岳山・御岳山・御前山 相変わらず立派なモニュメントだ。
さすが東京🗼

御前山(ごぜんやま)は大岳山、三頭山とともに奥多摩三山と呼ばれている山で、花の百名山にも選ばれている。
標高は1,405 mの山だ。

時期的にはカタクリの咲き誇る来月(三月後半〜四月下旬)が見頃で奥多摩随一のカタクリの群生地となっている。
御前山の手前は保全されロープがしっかり張られていた。
山名の由来は、神前に供する米飯「御膳」の意味で、山の形から来ていると言われているらしい。
相変わらず立派なモニュメントだ。 さすが東京🗼 御前山(ごぜんやま)は大岳山、三頭山とともに奥多摩三山と呼ばれている山で、花の百名山にも選ばれている。 標高は1,405 mの山だ。 時期的にはカタクリの咲き誇る来月(三月後半〜四月下旬)が見頃で奥多摩随一のカタクリの群生地となっている。 御前山の手前は保全されロープがしっかり張られていた。 山名の由来は、神前に供する米飯「御膳」の意味で、山の形から来ていると言われているらしい。
大岳山・御岳山・御前山 左 雲取山
真 高丸山
右 鷹ノ巣山

鷹ノ巣山は期近にトライしたいな😌

30分休憩、休憩していると2人程登山者が登頂してきた...人の気配がなかったから安心😮‍💨
結局今日はこの2人だけしか出会わなかった。

食事を終え奥多摩駅方面へ下山する💨
左 雲取山 真 高丸山 右 鷹ノ巣山 鷹ノ巣山は期近にトライしたいな😌 30分休憩、休憩していると2人程登山者が登頂してきた...人の気配がなかったから安心😮‍💨 結局今日はこの2人だけしか出会わなかった。 食事を終え奥多摩駅方面へ下山する💨
大岳山・御岳山・御前山 クロノ尾山(くろのおやま)は標高1,170mの山。
御前山(ごぜんやま)の東の尾根に位置している。
山頂にはベンチがあり、縦走路の休憩地といった雰囲気の小ピークとなっている。
眺望は効かない。
クロノ尾山(くろのおやま)は標高1,170mの山。 御前山(ごぜんやま)の東の尾根に位置している。 山頂にはベンチがあり、縦走路の休憩地といった雰囲気の小ピークとなっている。 眺望は効かない。
大岳山・御岳山・御前山 鞘口山(さいぐちやま)は標高1,142mの山。

ここから先は特徴のない登山道だった。
鞘口山(さいぐちやま)は標高1,142mの山。 ここから先は特徴のない登山道だった。
大岳山・御岳山・御前山 江戸小屋山(えどこややま)は標高970mの山。
だ細長い頂稜で通り過ぎそうになった😅
江戸小屋山(えどこややま)は標高970mの山。 だ細長い頂稜で通り過ぎそうになった😅
大岳山・御岳山・御前山 ただここは唯一開けているところで美しかった😃
15分程この景色を独占し歩ける🎶
ただここは唯一開けているところで美しかった😃 15分程この景色を独占し歩ける🎶
大岳山・御岳山・御前山 九竜山(きゅうりゅうさん)は標高954mの山
九重山(くじゅうさん)とも呼ばれる。

ここから奥多摩駅への下山はかなり急で雪もあり道をロストしやすい。
また落ち葉が何重にも積み重なっていたため簡単に1mくらい足を引きづり込まれる。
怪我は注意だ👀
九竜山(きゅうりゅうさん)は標高954mの山 九重山(くじゅうさん)とも呼ばれる。 ここから奥多摩駅への下山はかなり急で雪もあり道をロストしやすい。 また落ち葉が何重にも積み重なっていたため簡単に1mくらい足を引きづり込まれる。 怪我は注意だ👀
大岳山・御岳山・御前山 この階段を降りたら使われてない林道を横断しそのまま下るのが正解
この階段を降りたら使われてない林道を横断しそのまま下るのが正解
大岳山・御岳山・御前山 道を間違って進んでしまう。
落石ばかりで世紀末感満載の使われていない林道

道間違いに気付き元の階段に引き返す😩
道を間違って進んでしまう。 落石ばかりで世紀末感満載の使われていない林道 道間違いに気付き元の階段に引き返す😩
大岳山・御岳山・御前山 階段向かいのYAMAPの登山道
全然分からんわ😩
階段向かいのYAMAPの登山道 全然分からんわ😩
大岳山・御岳山・御前山 上手く撮れなかったが互いの猿🐒
山では見当たらなかったが人里の方が食べ物が多いんだろうね。
上手く撮れなかったが互いの猿🐒 山では見当たらなかったが人里の方が食べ物が多いんだろうね。
大岳山・御岳山・御前山 奥多摩駅に到着。
僕にとっては厳しい山行だったが楽しめた。

そして「湖底の記憶」は僕の中に留めた。
ただの巨大な水桶ではなく時代の無慈悲さと善意の村人によりこの形が出来上がった事は忘れてはならない。
そう思ったんだ。

- fin

本当は奥多摩温泉 もえぎの湯に浸かって帰ろうと思ったが4月まで施設改修工事に伴う長期休館だってさ😅
奥多摩駅に到着。 僕にとっては厳しい山行だったが楽しめた。 そして「湖底の記憶」は僕の中に留めた。 ただの巨大な水桶ではなく時代の無慈悲さと善意の村人によりこの形が出来上がった事は忘れてはならない。 そう思ったんだ。 - fin 本当は奥多摩温泉 もえぎの湯に浸かって帰ろうと思ったが4月まで施設改修工事に伴う長期休館だってさ😅

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。