土器山・猿岳・腰巻山・金立山・正現岳

2024.02.25(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:19

距離

14.3km

のぼり

1066m

くだり

1053m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 19
休憩時間
1 時間 2
距離
14.3 km
のぼり / くだり
1066 / 1053 m
18
1 2
28
16
15
46
49
1
39
18
45

活動詳細

すべて見る

今日は佐賀県の山へ高速バスを使って行ってきました。 行き先は、ヤマッパーの皆さんのレポを参考に、縦走と季節の花を楽しめそうなこちらを選びました。 ◆土器山(かわらけやま)◆(別名「八天山」) 登山道の途中に花崗岩を削って道を作ってる部分がたくさんあっておもしろかったですが、挟まってと通れないかもとちょっとドキドキします😅 ◆猿岳~腰巻山~大峠~金立山◆ 木漏れ日の樹林の尾根ルートを鳥の声を聞きながら気持ち良く進みました。道を見失いそうな所もありますが、全体を通して赤リボン🎀を頼りにスイスイ進めました😊✨ ⚠ぎちょう峠(鉄塔の先)のとこだけは知らないと道を間違うかも!! すれ違った先輩女性からは、3月のお彼岸の頃はぎちょう峠から金立山の間のタムシバの花がすごくキレイだという情報もいただきました😊✨ ◆正現社ルート◆ 雰囲気はとても良かったです✨ ただ、シャワーロードはすごく歩きづらかったです。ポイントに番号を付けてるけど分岐に案内がまったくなく、そもそも分岐が見つけにくいとこも多かったことと、イノシシに掘り返されたのか大部分の地面がブヨブヨしてました😞 ◆金立公園◆ まずコスモス園で満開の河津桜🌸を楽しみ、その後薬用植物園へ季節の花(福寿草やオウレンなど)を楽しみに向かいました。ところが、季節の花は徐福長寿館の薬草園部分にしか咲いてないのか、無料の散策路では花はまったく見られませんでした。閉館時間が近かったこともあり、あきらめて高速バス停に向かいました🚶 🚏高速バス情報 🚍福岡(天神)〜佐賀(わかくす号)が1時間に2本。1,100円(回数券あり) 🚍福岡空港~佐賀が1時間に1本 💡どちらかの登山口(またはバス停)に車を置いて、高速神埼~高速金立(290円) のバス移動を組み込んだ周回も可能です😊

金立山・金敷城山 今日のアクセスは高速バス🚍
今日のアクセスは高速バス🚍
金立山・金敷城山 「水車の里」のきれいなトイレを使わせていただきました😌  こちらの駐車場は高速神埼バス停利用者のパークアンドライド駐車場も兼ねてました
「水車の里」のきれいなトイレを使わせていただきました😌 こちらの駐車場は高速神埼バス停利用者のパークアンドライド駐車場も兼ねてました
金立山・金敷城山 土器山八天神社が登山口です
土器山八天神社が登山口です
金立山・金敷城山 「かわらけ祈願」はせずに今日は登山だけ
「かわらけ祈願」はせずに今日は登山だけ
金立山・金敷城山 花崗岩を削った登山道
花崗岩を削った登山道
金立山・金敷城山 岩に生えた木! 自然のたくましさを感じます😌
岩に生えた木! 自然のたくましさを感じます😌
金立山・金敷城山 第2展望ポイントの「休憩所」
第2展望ポイントの「休憩所」
金立山・金敷城山 ここはすごく登りづらかったです😖(確かめてないけど迂回はできそうでした)
ここはすごく登りづらかったです😖(確かめてないけど迂回はできそうでした)
金立山・金敷城山 親不孝岩からの眺望① 脊振山方面(自衛隊のレーダーが見えます)
親不孝岩からの眺望① 脊振山方面(自衛隊のレーダーが見えます)
金立山・金敷城山 親不孝岩からの眺望② 吉野ヶ里公園方面
親不孝岩からの眺望② 吉野ヶ里公園方面
金立山・金敷城山 御神体岩の前に土器(かわらけ) が納めてあります
御神体岩の前に土器(かわらけ) が納めてあります
金立山・金敷城山 山頂からの眺め👀
山頂からの眺め👀
金立山・金敷城山 けっこういいペースですね😅(私は負けてそう)
けっこういいペースですね😅(私は負けてそう)
金立山・金敷城山 麓の集落へ下りる分岐。縦走はまっすぐ進みます👆
麓の集落へ下りる分岐。縦走はまっすぐ進みます👆
金立山・金敷城山 猿岳でちょうどお昼になったので背振方面の景色見ながら🍙休憩(写真忘れたけど眺望は北東側のみ)
猿岳でちょうどお昼になったので背振方面の景色見ながら🍙休憩(写真忘れたけど眺望は北東側のみ)
金立山・金敷城山 巨石岩屋
巨石岩屋
金立山・金敷城山 眺望は北側だけ(背振山地が見えてます)
眺望は北側だけ(背振山地が見えてます)
金立山・金敷城山 ここだけ雰囲気が変化して気分が変わりました
ここだけ雰囲気が変化して気分が変わりました
金立山・金敷城山 このルートはずっと赤リボンがあり、おかげで迷うことなく進めました😌
このルートはずっと赤リボンがあり、おかげで迷うことなく進めました😌
金立山・金敷城山 大峠の取り付きまで来ました
大峠の取り付きまで来ました
金立山・金敷城山 市の境(神埼市→佐賀市)を越えて金立山の取り付きに来ました
市の境(神埼市→佐賀市)を越えて金立山の取り付きに来ました
金立山・金敷城山 ⚠(送電線鉄塔を通過直後)金立山へ向かうルートはこの黄色リボンの奥の道を進みます❗(フィールドメモはこのリボンの少し先を左にS字に進むようアドバイスしてます) ⚠YAMAP地図では十字の分岐を一直線のように見えますが、実際は十字路ではありません。手前で一旦左に折れて黒破線を右に戻って「ぎちょう峠」の案内板から金立山への赤ルートへ戻る形です
⚠(送電線鉄塔を通過直後)金立山へ向かうルートはこの黄色リボンの奥の道を進みます❗(フィールドメモはこのリボンの少し先を左にS字に進むようアドバイスしてます) ⚠YAMAP地図では十字の分岐を一直線のように見えますが、実際は十字路ではありません。手前で一旦左に折れて黒破線を右に戻って「ぎちょう峠」の案内板から金立山への赤ルートへ戻る形です
金立山・金敷城山 黄色リボンの先(フィールドメモの三叉路を左折した所)。この先で黒破線ルートに出るので、そこを右に少し進みます 
黄色リボンの先(フィールドメモの三叉路を左折した所)。この先で黒破線ルートに出るので、そこを右に少し進みます 
金立山・金敷城山 途中でお会いした10年こちらで活動している先輩女性も「ぎちょう」の字は不明と言ってました🤔
途中でお会いした10年こちらで活動している先輩女性も「ぎちょう」の字は不明と言ってました🤔
金立山・金敷城山 金立山手前ではモンスターが出迎えてくれました😅
金立山手前ではモンスターが出迎えてくれました😅
金立山・金敷城山 山頂下の広場
山頂下の広場
金立山・金敷城山 金立神社 上宮
金立神社 上宮
金立山・金敷城山 正現社ルートを進むつもりでしたが、この案内の意味が分からずYAMAPの軌跡もズレてたため、一度通り過ぎてしまいました😔
正現社ルートを進むつもりでしたが、この案内の意味が分からずYAMAPの軌跡もズレてたため、一度通り過ぎてしまいました😔
金立山・金敷城山 沢沿いのとても気持ち良いルートでした✨✨
沢沿いのとても気持ち良いルートでした✨✨
金立山・金敷城山 正現社ルートは雰囲気が良かったです。ただ、金立山はルートが多い分、道迷いが心配ですね😓
正現社ルートは雰囲気が良かったです。ただ、金立山はルートが多い分、道迷いが心配ですね😓
金立山・金敷城山 正現岳が一旦南尾根ルートを進むことを把握しないまま通り過ぎてしまいました
正現岳が一旦南尾根ルートを進むことを把握しないまま通り過ぎてしまいました
金立山・金敷城山 ここに分岐があることを気付かずに通り過ぎてしまいました(フィールドメモあげようと思ったら、私の30分前に通った人がメモあげてました👍)
ここに分岐があることを気付かずに通り過ぎてしまいました(フィールドメモあげようと思ったら、私の30分前に通った人がメモあげてました👍)
金立山・金敷城山 👉
👉
金立山・金敷城山 眺望はなかったです
眺望はなかったです
金立山・金敷城山 ポイントに番号を付けるのは良いアイデアですが、それが道案内に活かされておらず何度も予定ルートを外れました。 とても残念です😔
ポイントに番号を付けるのは良いアイデアですが、それが道案内に活かされておらず何度も予定ルートを外れました。 とても残念です😔
金立山・金敷城山 展望台
展望台
金立山・金敷城山 佐賀平野と右奥に多良岳山系がきれいに見えました(雲仙は雲のせいか見えませんでした)
佐賀平野と右奥に多良岳山系がきれいに見えました(雲仙は雲のせいか見えませんでした)
金立山・金敷城山 正現稲荷神社下の登山口に下りてきました
正現稲荷神社下の登山口に下りてきました
金立山・金敷城山 桃のつぼみでしょうか😌 奥に桜並木が見えてきました
桃のつぼみでしょうか😌 奥に桜並木が見えてきました
金立山・金敷城山 🌸
🌸
金立山・金敷城山 🌸
🌸
金立山・金敷城山 福寿草やオウレンも見たかったのですが‥(´・ω・`)
福寿草やオウレンも見たかったのですが‥(´・ω・`)
金立山・金敷城山 バス停は金立サービスエリア内にあります
バス停は金立サービスエリア内にあります

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。