Long touring 乗鞍畳平~魔王岳~猫岳(岐阜県側から)

2024.02.24(土) 日帰り

活動データ

タイム

06:29

距離

24.3km

のぼり

1665m

くだり

1596m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 29
休憩時間
1 時間 7
距離
24.3 km
のぼり / くだり
1665 / 1596 m
3 39
12
3
20
13

活動詳細

すべて見る

岐阜県平湯トンネル側から乗鞍スカイラインを基調に猫岳に、あわよくば乗鞍登頂を目指してskimoの大先輩masa92さんとロングツーリングを楽しんできました。 長野県側は夏冬通してよくお世話になってるけど、岐阜県側から目指すのは夏のバイクトレーニングでのロードワークぐらいしかなく、初めて見る景色に心躍らせながら、いつもより少し早めの山行開始。 林道入口から入り、林道やショートカットを使いながら互いの近況報告やら機材の話をしていたら、あっという間に1時間10分ほどで夫婦松に。 ここに来て曇天だった空も高度を上げると一気に快晴に。おまけに風もほとんど無く、めちゃくちゃ綺麗な雲海が広がっていて心が洗われました。 どちらかの日頃の行いが良く、神様?が味方してくれたのかな〜と。(私は素行悪いので多分違うw) 小休憩して、メインの乗鞍スカイラインへ合流。 そこからは道路メインでショートカット出来るところは片っ端から切って登り、のんびり一気に森林限界まで。 槍ヶ岳に白山に周りの山全て見渡せる景色の良さに、時間も忘れ、森林限界突破するも、既に3時間経過。 時間的にも登頂は難しいと判断して、乗鞍畳平まで頑張ろうと予定変更。 水平移動多めで、グライド〜で進むこと3時間半、ようやく畳平に到着。 少し風出てきたけど、にしても天気が良い!途中カリカリでヤバそうなとこもあったけど、頑張って上がってきて良かったね〜とmasaさん。 ここで休憩と昼食。朝マック(昼食うw)とカップヌードルくん。何処で食べても美味しい。 降りるにも、全部シールで行けてしまいそうな斜度なので敢えて魔王岳まで少しだけ上がって、滑走を楽しむことに。 無数にあるドロップから見極めてイン。雪質は、カリカリ、クラスト、たまにパウダーと雪面が読みづらい状態だったので、スピード落とし気味のショートターンで安全重視で楽しみました。 下山道中、少し時間に余裕もあったのでネコちゃん(猫岳)へ。 尾根の雪面も良く道路から数分でピークへ。景色は良かったけど、雪不足でドロップポイントを探すのに難航する。結局猫と大崩の間の谷図帯の森を滑り降りて道路に合流。 スカイライン下山も往路で使ったショートカットはリスクもあるしさほど時間も変わらないだろうと、夫婦松までずっと道路基調で降りる。masaさんが得意のクロカンっぽいスケーティングが速く離れてしまうも、轍&スリップストリームwに入って上半身の筋トレしながら夫婦松まで。 夫婦松からは森の中に。天気も徐々にガスってきて視界も悪くなる。 途中登りのトレースを見失いそうになるも、落ち着いてGPSで位置照会しながら、なんとか牧場まで(滑り)降りた。 ここからも、ブッシュ?地雷?が多く気が抜けない。途中でガリッとやっちゃったが気にせずに、一気に林道〜ゲートまで降りて、無事に下山。 板脱いでチラッと滑走面みると、片方の板のエッジの部分が剥離してて、ぎゃぁぁ〜な感じに。 前から剥離の予兆が見えてて、何時か逝くかなと思ってたので、仕方ない。 ちゃんと下山させてくれてありがとう。でもDNAくんごめんよ〜って感じでした。 そんなこんなで、グロスで6時間30分ネットで5時間30分総距離25kmのロングツーリング終了。 masaさん、次の日はシクロクロスのレースだと言うのに、私の無理に合わせていただきありがとうございました。 装備や補給も特に問題なし。 スタートとフィニッシュこそはガスってたけど、夫婦松から上はこの時期では珍しい最高の天気でした。 楽しいツーリングありがとうございました。 板:Dynafit DNA 2022/2021 シール:Pomoca race pro 62mm WAX:ガリウム 紫 ポール:LAKI C.C 2.6改

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。