東山Trail: 修学院山〜茶山🏃

2024.02.24(土) 日帰り

久し振りに京都一周トレール地図で東山の未踏トレールを探索に🏃‍♂️。。 雲母坂からケーブル比叡まで登り、そこから東山トレイルを南下し、白鳥山~瓜生山~茶山方面へ。 ついでに少し観光も加えてブラブラと⛩👀🚶‍♂️。。

修学院駅から音羽川上流に向かって歩いていると雲母坂の案内板が出てきた。だれも歩いてないけど、この道で合っている小さい安心感😊

修学院駅から音羽川上流に向かって歩いていると雲母坂の案内板が出てきた。だれも歩いてないけど、この道で合っている小さい安心感😊

修学院駅から音羽川上流に向かって歩いていると雲母坂の案内板が出てきた。だれも歩いてないけど、この道で合っている小さい安心感😊

音羽川の川底の段差から聞こえる水の音🎵、川に生えている葦、平和なのんびりした感じの道を歩いて行きますと🚶‍♂️

音羽川の川底の段差から聞こえる水の音🎵、川に生えている葦、平和なのんびりした感じの道を歩いて行きますと🚶‍♂️

音羽川の川底の段差から聞こえる水の音🎵、川に生えている葦、平和なのんびりした感じの道を歩いて行きますと🚶‍♂️

熊出没注意🐻の看板が👀 平和ぶち壊し😆💦
熊出てきたらどついたろか🐻🤛😠
ホンマに出てきたらどないすんねん🐒
謝るしかないな🙇‍♂️
謝ってスマンのとちゃう🙉

熊出没注意🐻の看板が👀 平和ぶち壊し😆💦 熊出てきたらどついたろか🐻🤛😠 ホンマに出てきたらどないすんねん🐒 謝るしかないな🙇‍♂️ 謝ってスマンのとちゃう🙉

熊出没注意🐻の看板が👀 平和ぶち壊し😆💦 熊出てきたらどついたろか🐻🤛😠 ホンマに出てきたらどないすんねん🐒 謝るしかないな🙇‍♂️ 謝ってスマンのとちゃう🙉

音羽川は川がけずられるのを防ぐために、床固工(とこがためこう)ってコンクリートで固めて何段も続けて階段のように落差を作って、急な川底の勾配を緩くしたんですね🤔
道理で下流から見て連続した小滝のような感じだったな🌊

音羽川は川がけずられるのを防ぐために、床固工(とこがためこう)ってコンクリートで固めて何段も続けて階段のように落差を作って、急な川底の勾配を緩くしたんですね🤔 道理で下流から見て連続した小滝のような感じだったな🌊

音羽川は川がけずられるのを防ぐために、床固工(とこがためこう)ってコンクリートで固めて何段も続けて階段のように落差を作って、急な川底の勾配を緩くしたんですね🤔 道理で下流から見て連続した小滝のような感じだったな🌊

雲母橋を渡って

雲母橋を渡って

雲母橋を渡って

もしここで案内板がなかったら、真っ直ぐ林道を突き進んでしまうな

もしここで案内板がなかったら、真っ直ぐ林道を突き進んでしまうな

もしここで案内板がなかったら、真っ直ぐ林道を突き進んでしまうな

序盤は結構急登ですね🚶‍♂️💦

序盤は結構急登ですね🚶‍♂️💦

序盤は結構急登ですね🚶‍♂️💦

修学院山・きらら城跡に寄って

修学院山・きらら城跡に寄って

修学院山・きらら城跡に寄って

さらに進みますと、U字に掘れた箇所も結構多いです

さらに進みますと、U字に掘れた箇所も結構多いです

さらに進みますと、U字に掘れた箇所も結構多いです

「水飲対陣之跡」
京都市のサイト情報によると、後醍醐天皇が開始した天皇が自ら行う政治(建武政権)が公家優先の方針になって、それに武家が反発し足利尊氏の攻略により政権が瓦解し、足利軍が攻めてきた際、後醍醐天皇の信任が厚かった千種忠顕(ちくさただあき)が比叡山麓西坂本水飲で戦った。この石碑は千種忠顕が戦死した地を示すらしい。「西坂本水飲」とは当時の地名か。

「水飲対陣之跡」 京都市のサイト情報によると、後醍醐天皇が開始した天皇が自ら行う政治(建武政権)が公家優先の方針になって、それに武家が反発し足利尊氏の攻略により政権が瓦解し、足利軍が攻めてきた際、後醍醐天皇の信任が厚かった千種忠顕(ちくさただあき)が比叡山麓西坂本水飲で戦った。この石碑は千種忠顕が戦死した地を示すらしい。「西坂本水飲」とは当時の地名か。

「水飲対陣之跡」 京都市のサイト情報によると、後醍醐天皇が開始した天皇が自ら行う政治(建武政権)が公家優先の方針になって、それに武家が反発し足利尊氏の攻略により政権が瓦解し、足利軍が攻めてきた際、後醍醐天皇の信任が厚かった千種忠顕(ちくさただあき)が比叡山麓西坂本水飲で戦った。この石碑は千種忠顕が戦死した地を示すらしい。「西坂本水飲」とは当時の地名か。

水飲対陣之跡が、京都一周トレイル標識番号「東山69」に当たる。右手の丹生山系へ向かう前に、先ずケーブル比叡駅まで探索することに🏃‍♂️

水飲対陣之跡が、京都一周トレイル標識番号「東山69」に当たる。右手の丹生山系へ向かう前に、先ずケーブル比叡駅まで探索することに🏃‍♂️

水飲対陣之跡が、京都一周トレイル標識番号「東山69」に当たる。右手の丹生山系へ向かう前に、先ずケーブル比叡駅まで探索することに🏃‍♂️

「浄刹結界跡」
石碑に「女人牛馬結界」とある

「浄刹結界跡」 石碑に「女人牛馬結界」とある

「浄刹結界跡」 石碑に「女人牛馬結界」とある

途中、展望のよいところがあった😃

途中、展望のよいところがあった😃

途中、展望のよいところがあった😃

風雨で土がどんどん流れて木の根がむき出しになっているところが多い

風雨で土がどんどん流れて木の根がむき出しになっているところが多い

風雨で土がどんどん流れて木の根がむき出しになっているところが多い

途中「千種忠顕卿戦死之地」に寄ってみた🙏
その後、この碑の裏から本道に合流し、

途中「千種忠顕卿戦死之地」に寄ってみた🙏 その後、この碑の裏から本道に合流し、

途中「千種忠顕卿戦死之地」に寄ってみた🙏 その後、この碑の裏から本道に合流し、

行者道から電波塔前に着くと、良いビュースポット🤩

行者道から電波塔前に着くと、良いビュースポット🤩

行者道から電波塔前に着くと、良いビュースポット🤩

「やどり地蔵」を過ぎ、

「やどり地蔵」を過ぎ、

「やどり地蔵」を過ぎ、

ケーブル比叡駅前のHIEIZANに到着🤗
ケーブルとロープウエイは冬の間は運休中で、この辺で景色見ながらランチ休憩して😋 その後、先ほどの京都一周トレイル「東山69」地点まで戻って🚶‍♂️

ケーブル比叡駅前のHIEIZANに到着🤗 ケーブルとロープウエイは冬の間は運休中で、この辺で景色見ながらランチ休憩して😋 その後、先ほどの京都一周トレイル「東山69」地点まで戻って🚶‍♂️

ケーブル比叡駅前のHIEIZANに到着🤗 ケーブルとロープウエイは冬の間は運休中で、この辺で景色見ながらランチ休憩して😋 その後、先ほどの京都一周トレイル「東山69」地点まで戻って🚶‍♂️

今度は南側の瓜生山方面へ向かいますと、川を渡る場所がキレイで雰囲気がいいです😀

今度は南側の瓜生山方面へ向かいますと、川を渡る場所がキレイで雰囲気がいいです😀

今度は南側の瓜生山方面へ向かいますと、川を渡る場所がキレイで雰囲気がいいです😀

木橋の上から上流側と👀

木橋の上から上流側と👀

木橋の上から上流側と👀

下流側を見て

下流側を見て

下流側を見て

やがて「石鳥居」までやってきました。さらに瓜生山の方向へ進みますと

やがて「石鳥居」までやってきました。さらに瓜生山の方向へ進みますと

やがて「石鳥居」までやってきました。さらに瓜生山の方向へ進みますと

てんこ山への踏み跡に取りつき、鉄塔下を過ぎて進むと、

てんこ山への踏み跡に取りつき、鉄塔下を過ぎて進むと、

てんこ山への踏み跡に取りつき、鉄塔下を過ぎて進むと、

先達の注意案内から、ここを右に下りて進むようですね。左手に歩きやすそうな踏み跡があるが、てんこ山からの戻りでトレイル本道につながる支道のようです

先達の注意案内から、ここを右に下りて進むようですね。左手に歩きやすそうな踏み跡があるが、てんこ山からの戻りでトレイル本道につながる支道のようです

先達の注意案内から、ここを右に下りて進むようですね。左手に歩きやすそうな踏み跡があるが、てんこ山からの戻りでトレイル本道につながる支道のようです

てんこ山三角点に到着
その後も地図と踏み跡に従い南下すると、

てんこ山三角点に到着 その後も地図と踏み跡に従い南下すると、

てんこ山三角点に到着 その後も地図と踏み跡に従い南下すると、

「東山66」で本道に合流。道標足元には

「東山66」で本道に合流。道標足元には

「東山66」で本道に合流。道標足元には

木のお地蔵さんが旅の安全を見守ってくださってる🤗

木のお地蔵さんが旅の安全を見守ってくださってる🤗

木のお地蔵さんが旅の安全を見守ってくださってる🤗

トレイルは歩きやすい道で🚶‍♂️ときどきランニングしてる人達にも会いました🏃‍♂️🏃‍♂️

トレイルは歩きやすい道で🚶‍♂️ときどきランニングしてる人達にも会いました🏃‍♂️🏃‍♂️

トレイルは歩きやすい道で🚶‍♂️ときどきランニングしてる人達にも会いました🏃‍♂️🏃‍♂️

途中デカイ虫こぶ😲

途中デカイ虫こぶ😲

途中デカイ虫こぶ😲

手と比べても段違いに大きい😮

手と比べても段違いに大きい😮

手と比べても段違いに大きい😮

途中所々で開けています

途中所々で開けています

途中所々で開けています

うっかり白鳥山への取りつきを過ぎてしまい、もどって「東山62」の所から支道を上がっていきますと、

うっかり白鳥山への取りつきを過ぎてしまい、もどって「東山62」の所から支道を上がっていきますと、

うっかり白鳥山への取りつきを過ぎてしまい、もどって「東山62」の所から支道を上がっていきますと、

白鳥山頂・北白川城出丸址に到着

白鳥山頂・北白川城出丸址に到着

白鳥山頂・北白川城出丸址に到着

近代産業遺産か😮

近代産業遺産か😮

近代産業遺産か😮

さらに進んで、瓜生山頂・北白川城本丸址に到着

さらに進んで、瓜生山頂・北白川城本丸址に到着

さらに進んで、瓜生山頂・北白川城本丸址に到着

山頂に幸龍大権現
その裏に

山頂に幸龍大権現 その裏に

山頂に幸龍大権現 その裏に

元勝軍地蔵石室

元勝軍地蔵石室

元勝軍地蔵石室

清沢口石切場を過ぎ🚶‍♂️

清沢口石切場を過ぎ🚶‍♂️

清沢口石切場を過ぎ🚶‍♂️

白幽子旧跡
白幽子という仙人が住んでいたとされる岩窟。1710年、白隠禅師がここで白幽子によって病を治癒されたといわれている👴

白幽子旧跡 白幽子という仙人が住んでいたとされる岩窟。1710年、白隠禅師がここで白幽子によって病を治癒されたといわれている👴

白幽子旧跡 白幽子という仙人が住んでいたとされる岩窟。1710年、白隠禅師がここで白幽子によって病を治癒されたといわれている👴

そこから西へすぐに、茶山に到着🚶‍♂️

そこから西へすぐに、茶山に到着🚶‍♂️

そこから西へすぐに、茶山に到着🚶‍♂️

茶山から南へ下山していくと、大山祇神社・地龍大明神に🚶‍♂️

茶山から南へ下山していくと、大山祇神社・地龍大明神に🚶‍♂️

茶山から南へ下山していくと、大山祇神社・地龍大明神に🚶‍♂️

その後東山トレイルを離れ、吉田山の麓に来ました🚶‍♂️ 吉田山緑地公園の入り口は、ここ北東側、北西側、南側、南東側、南西側とあちこちから登れそうですね

その後東山トレイルを離れ、吉田山の麓に来ました🚶‍♂️ 吉田山緑地公園の入り口は、ここ北東側、北西側、南側、南東側、南西側とあちこちから登れそうですね

その後東山トレイルを離れ、吉田山の麓に来ました🚶‍♂️ 吉田山緑地公園の入り口は、ここ北東側、北西側、南側、南東側、南西側とあちこちから登れそうですね

丘の上に東屋があって、ここから大文字山が見えた😀

丘の上に東屋があって、ここから大文字山が見えた😀

丘の上に東屋があって、ここから大文字山が見えた😀

さらに南へ歩いて行くと吉田山三角点があった👀

さらに南へ歩いて行くと吉田山三角点があった👀

さらに南へ歩いて行くと吉田山三角点があった👀

せっかくなので平安神宮にも寄ってみました🚶‍♂️

せっかくなので平安神宮にも寄ってみました🚶‍♂️

せっかくなので平安神宮にも寄ってみました🚶‍♂️

令和七年には平安神宮百三十年の式年を迎えるそう

令和七年には平安神宮百三十年の式年を迎えるそう

令和七年には平安神宮百三十年の式年を迎えるそう

大極殿でお参りして🙏

大極殿でお参りして🙏

大極殿でお参りして🙏

神苑(庭)に入りました

神苑(庭)に入りました

神苑(庭)に入りました

西神苑

西神苑

西神苑

中神苑

中神苑

中神苑

臥龍橋(がりゅうきょう)を渡る場合は自己責任で

臥龍橋(がりゅうきょう)を渡る場合は自己責任で

臥龍橋(がりゅうきょう)を渡る場合は自己責任で

渡ります🚶‍♂️

渡ります🚶‍♂️

渡ります🚶‍♂️

東神苑

東神苑

東神苑

泰平閣(たいへいかく)橋殿

泰平閣(たいへいかく)橋殿

泰平閣(たいへいかく)橋殿

東神苑

東神苑

東神苑

平安神宮を後に白川沿いに歩いて行くと、明智光秀の塚があった🙏

平安神宮を後に白川沿いに歩いて行くと、明智光秀の塚があった🙏

平安神宮を後に白川沿いに歩いて行くと、明智光秀の塚があった🙏

白川沿いの柳と水仙

白川沿いの柳と水仙

白川沿いの柳と水仙

一本橋(行者橋)
比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が、京の町に入洛するとき最初に渡る橋らしい

一本橋(行者橋) 比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が、京の町に入洛するとき最初に渡る橋らしい

一本橋(行者橋) 比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が、京の町に入洛するとき最初に渡る橋らしい

今日は結構歩いたな🚶。今日も無事に感謝しおつかれ山でした😅

今日は結構歩いたな🚶。今日も無事に感謝しおつかれ山でした😅

今日は結構歩いたな🚶。今日も無事に感謝しおつかれ山でした😅

修学院駅から音羽川上流に向かって歩いていると雲母坂の案内板が出てきた。だれも歩いてないけど、この道で合っている小さい安心感😊

音羽川の川底の段差から聞こえる水の音🎵、川に生えている葦、平和なのんびりした感じの道を歩いて行きますと🚶‍♂️

熊出没注意🐻の看板が👀 平和ぶち壊し😆💦 熊出てきたらどついたろか🐻🤛😠 ホンマに出てきたらどないすんねん🐒 謝るしかないな🙇‍♂️ 謝ってスマンのとちゃう🙉

音羽川は川がけずられるのを防ぐために、床固工(とこがためこう)ってコンクリートで固めて何段も続けて階段のように落差を作って、急な川底の勾配を緩くしたんですね🤔 道理で下流から見て連続した小滝のような感じだったな🌊

雲母橋を渡って

もしここで案内板がなかったら、真っ直ぐ林道を突き進んでしまうな

序盤は結構急登ですね🚶‍♂️💦

修学院山・きらら城跡に寄って

さらに進みますと、U字に掘れた箇所も結構多いです

「水飲対陣之跡」 京都市のサイト情報によると、後醍醐天皇が開始した天皇が自ら行う政治(建武政権)が公家優先の方針になって、それに武家が反発し足利尊氏の攻略により政権が瓦解し、足利軍が攻めてきた際、後醍醐天皇の信任が厚かった千種忠顕(ちくさただあき)が比叡山麓西坂本水飲で戦った。この石碑は千種忠顕が戦死した地を示すらしい。「西坂本水飲」とは当時の地名か。

水飲対陣之跡が、京都一周トレイル標識番号「東山69」に当たる。右手の丹生山系へ向かう前に、先ずケーブル比叡駅まで探索することに🏃‍♂️

「浄刹結界跡」 石碑に「女人牛馬結界」とある

途中、展望のよいところがあった😃

風雨で土がどんどん流れて木の根がむき出しになっているところが多い

途中「千種忠顕卿戦死之地」に寄ってみた🙏 その後、この碑の裏から本道に合流し、

行者道から電波塔前に着くと、良いビュースポット🤩

「やどり地蔵」を過ぎ、

ケーブル比叡駅前のHIEIZANに到着🤗 ケーブルとロープウエイは冬の間は運休中で、この辺で景色見ながらランチ休憩して😋 その後、先ほどの京都一周トレイル「東山69」地点まで戻って🚶‍♂️

今度は南側の瓜生山方面へ向かいますと、川を渡る場所がキレイで雰囲気がいいです😀

木橋の上から上流側と👀

下流側を見て

やがて「石鳥居」までやってきました。さらに瓜生山の方向へ進みますと

てんこ山への踏み跡に取りつき、鉄塔下を過ぎて進むと、

先達の注意案内から、ここを右に下りて進むようですね。左手に歩きやすそうな踏み跡があるが、てんこ山からの戻りでトレイル本道につながる支道のようです

てんこ山三角点に到着 その後も地図と踏み跡に従い南下すると、

「東山66」で本道に合流。道標足元には

木のお地蔵さんが旅の安全を見守ってくださってる🤗

トレイルは歩きやすい道で🚶‍♂️ときどきランニングしてる人達にも会いました🏃‍♂️🏃‍♂️

途中デカイ虫こぶ😲

手と比べても段違いに大きい😮

途中所々で開けています

うっかり白鳥山への取りつきを過ぎてしまい、もどって「東山62」の所から支道を上がっていきますと、

白鳥山頂・北白川城出丸址に到着

近代産業遺産か😮

さらに進んで、瓜生山頂・北白川城本丸址に到着

山頂に幸龍大権現 その裏に

元勝軍地蔵石室

清沢口石切場を過ぎ🚶‍♂️

白幽子旧跡 白幽子という仙人が住んでいたとされる岩窟。1710年、白隠禅師がここで白幽子によって病を治癒されたといわれている👴

そこから西へすぐに、茶山に到着🚶‍♂️

茶山から南へ下山していくと、大山祇神社・地龍大明神に🚶‍♂️

その後東山トレイルを離れ、吉田山の麓に来ました🚶‍♂️ 吉田山緑地公園の入り口は、ここ北東側、北西側、南側、南東側、南西側とあちこちから登れそうですね

丘の上に東屋があって、ここから大文字山が見えた😀

さらに南へ歩いて行くと吉田山三角点があった👀

せっかくなので平安神宮にも寄ってみました🚶‍♂️

令和七年には平安神宮百三十年の式年を迎えるそう

大極殿でお参りして🙏

神苑(庭)に入りました

西神苑

中神苑

臥龍橋(がりゅうきょう)を渡る場合は自己責任で

渡ります🚶‍♂️

東神苑

泰平閣(たいへいかく)橋殿

東神苑

平安神宮を後に白川沿いに歩いて行くと、明智光秀の塚があった🙏

白川沿いの柳と水仙

一本橋(行者橋) 比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が、京の町に入洛するとき最初に渡る橋らしい

今日は結構歩いたな🚶。今日も無事に感謝しおつかれ山でした😅