北岳の右隣は小仙丈ヶ岳、仙丈岳、
と私の主張 戻る 次へ

金時山・明神ヶ岳・雪山·十五夜·頑張りすぎの写真

2024.02.24(土) 10:27

北岳の右隣は小仙丈ヶ岳、仙丈岳、 と私の主張

この写真を含む活動日記

111
299

08:30

19.0 km

1346 m

金時山・明神ヶ岳・雪山·十五夜·頑張りすぎ

金時山・明神ヶ岳 (神奈川, 静岡)

2024.02.24(土) 日帰り

富士山·雲海·雪·青空 絶好のタイミングを満喫💓💕❤️ 長尾山・金時山・火打石山・明神ヶ岳・明星ヶ岳・塔ノ峰と、箱根外輪山の1/3周を縦走。 神奈川県周辺、電車バスで行ける山のお勧めは? 金時山💕! と提案され、行くことに。 天下の秀峰の異名はどこからきただろうと、前から興味ある。   川崎6:00→(東海道線)→国府津7:04→(CB御殿場線)→御殿場駅7:57 CB御殿場駅バス停1番からバスを乗り、8:15の出発、乙女峠8:30到着。 天気が良さそうなので登山者が多いだろうと思ったら、バスを降りたは私一人。 場所違い??と不安も、地図を確認し、登山口があったので安心。 駅、先降りたところにカメラを構える人が居て、何かある?と駅に戻ったら、目の前にドン!と(写真を参考)   登山道は整備されている。登山口にちょっとした薄積雪。50mくらい高度を上がったら3~5cmのしっかりした積雪しゃないか! モフモフの新雪が木の枝に掛かり、青空の下に輝く、美しい❕   乙女峠展望台までは直ぐ、雲生成中、眺望なし、 長尾山の山頂は広々、気持ちいい。 更にのぼり、時々東北の雪山に間違う程、雪山風景が美しい。絶景を楽しみながら写真パシャパシャ、のんびりと70分で金時山山頂に。 “天下の秀峰金時山”、YAMAPレポよく出る標識が目の前に現れた、来た実感に。 雲海は凄い! 神山が雲海から頭を出して神々しい。 富士山は薄らの影のように見えるか見えないが、、、 先ず、勧められたなめこ味噌汁の注文に。 汁になめこたっぷり、ヌルヌル、ネバネバと美味しい。 ネバネバと粘ったら、おぉっ! 富士山は姿を見せてくれたじゃないか!💓 山頂に歓声が響き、一斉に写真パシャパシャ、フィルムを使い切るまで撮る。 (それは永遠に切れじゃ!) 北岳、(自己主張の仙丈ケ岳・小仙丈ケ岳)、鳳凰三山に甲斐駒ヶ岳、更に方位を右40度に八ヶ岳と、 自分が登った山をパノラマ一望。 金時山山頂をたっぷり時間を過ごし、名残惜しく次のピーク、明神ヶ岳に。 金時山から明神ヶ岳の道は急登、アップダウンある。 登山道にヌルヌルの泥、雪解け水の流れもある。 それにしても雪山の稜線は最高であり、嬉しく歩く。 唯一苦労したのは高い笹竹が積雪で登山道へ倒れ、登山道を塞ぐ点。 倒れた笹竹からなる狭いトンネルを潜って通る際、雪の解け水と笹に付着した水分が衣服に染み込み、全身が濡れていく。 明神ヶ岳も広々、登山者が両方向から続々と集まってくる。 山下はガス、のんびりとカップ麺とおやつ休憩、情報交換。再出発。 明神ヶ岳を降りる時も笹竹トンネルに苦労。 明星ヶ岳は地味、明星ヶ岳で悩む。宮城野まで降りるのは殆どだが、ちょっと欲が出て、雪山の稜線はきれいのでもう少し足を延ばす事に。 然し、膝に違和感あり、段々と痛みが強くなる。右膝は曲げられない。 一旦林道に出て、更に進むと、塔の峰コースに入る。 ストーク頼り、変な歩き方で更に進み、後戻りできないので 塔の峰まで進む。 外は晴れ、林の中は木の枝から雪の解け水が注ぐ、小雨。 塔の峰なら登山鉄道駅ので楽になると思ったら、勘違い。 駅は塔の沢駅、塔の峰ではない、全く別の場所。1時間以上のコース距離がある。 時間が遅くなり、気温が下がる。歩くベースも遅くなったので 濡れた体は冷える。 モンベルアルパイン800の登山靴も防水性が11ヶ月で失い、靴の中は池のように水が貯まる。 体が少々震えるながら下山、膝の痛みか、低温か、分からない。 リュックに乾燥靴下とダンもあるが、とにかく下山が優先したく、我慢我慢我慢。 箱根の町に出ってやっと安心。 湯本駅のトイレで着替えしたいが、駅大混雑、とりあえずそのまま電車を乗る。 小田急駅でもトイレは列、着替え断念。 川崎まで戻って、体温上がらず、ラーメン屋に入る。 ラーメンを食っても体は思うように暖まらないが、左右の靴にティッシュ3枚ずつ入れて水分吸収したら、天国に戻った気がする。   家に帰ってシャワーを流しっぱなし30分、体温回復、生き返る♪ 今日、ちょっと頑張りすぎと反省しているが、達成感と満足感がある。 十五夜の月、とっても明るく、丸く🌕輝く🌑 感想・コメント・情報共有 ―――――――――――――― ・アクセス: 御殿場駅からバスで乙女峠 ・トイレ:未使用。金時山頂あり、駅で済む事をお勧め ・登山道:整備され、分かりやすい、迷う事はない。 然し、泥ドロが常態。急登も若干ある。 ・ギア: 終始ツボ足、 ・眺望:金時山頂と明神ヶ岳山頂、一部の稜線。悪くない ・注意点:積雪ある時、笹竹が登山道に倒れ、道を塞ぐ。通過時濡れる。一定の対策が必要。 · 明星ヶ岳まで行ったら、箱根湯本まで行く、コースが長くなる。