大杉山

2019.01.19(土) 08:32 - 2019.01.19(土) 15:07
今日は「集ろうテレマーク」に参加して、神鍋に来たのだが、我がままを言って、一人で山に入らせてもらった。 我がままの訳は、気になるコースがあったからである。大杉山へダイレクトに登る尾根道が観光協会のパンフレットで紹介されていた。その中に備前山の北の谷から万場への道も描かれていたので、スキーツアーのコースとなり得るかどうか確かめたいと思っていたのである。 大杉山へは奥神からアプローチした。ゲレンデトップの尾根は予想に反してパウダーだった。そのまま軽く滑って林道下でシール着用。大杉山への稜線は薮で、道は廃れたかと思っていたが、この寡雪でも楽に行くことができた。 大杉山からの尾根は、予想外に滑りやすかった。軽い雪から春のようなベタ重の雪に変わったが、左右に尾根をからみながの滑降。尾根末端辺りでは雪も少なくなったので、わずかばかりをツボ足で下りた。 中ノ滝を右手から巻く途中に分岐がある。谷には雪がなく、スキーをしばらくかつぐ。夫婦カツラの下から、スキーを履いて登ったが、沢中の急斜面にしごかれた。カツラ親分という巨木の辺りで道を失い、さらに急になった雪面で苦闘。下りならなんとかなるにしても、一部雪崩地形もあるので、積雪状況の判断が必要なコースに思えた。 両コースとも登り不向き、滑降適というところか? 備前山と蘇武岳を結ぶ尾根に出た。いつもは名色スキー場跡を滑って下りるのだが、もう何度も行っているので、1度も歩いたことのない林道を下ってみた。途中から雪は切れ切れになり、いくぶん後悔したが、こんなところだろう。 今夜は宴会だ。明日は蘇武を越えて村岡へ下ってみよう。

写真

奥神リフト乗り場

奥神リフト乗り場

ゲレンデトップ 雲海が見えた

ゲレンデトップ 雲海が見えた

ここでシールをつける

ここでシールをつける

大杉山山頂

大杉山山頂

万場スキー場を見下ろす

万場スキー場を見下ろす

大杉

大杉

尾根は樹間があり滑りやすい

尾根は樹間があり滑りやすい

ここで脱スキー

ここで脱スキー

中ノ滝下まで下りてしまった 分岐はこの上

中ノ滝下まで下りてしまった 分岐はこの上

夫婦桂

夫婦桂

雪は薄い

雪は薄い

急傾斜になる

急傾斜になる

古い標識だ

古い標識だ

備前山からの尾根に出た

備前山からの尾根に出た

雪は切れ切れ

雪は切れ切れ

車止めがしてある

車止めがしてある

田んぼの畦で一休み

田んぼの畦で一休み

やはり名色スキー場跡を滑ればよかった

やはり名色スキー場跡を滑ればよかった

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。