冬季の北アルプスデビュー戦!唐松岳

2024.02.24(土) 日帰り

活動データ

タイム

05:15

距離

9.0km

のぼり

959m

くだり

960m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 15
休憩時間
33
距離
9.0 km
のぼり / くだり
959 / 960 m
1 14
1
49
45
20

活動詳細

すべて見る

【アクセス】  駐車場は白馬八方尾根スキー場の有料駐車場を使いました。6時以前の利用は御遠慮下さい、とありましたが、5時45分に着いたら9割方埋まってました。トイレはチケット売場の建物内にあるようです。  チケットは「八方アルペンライン」になります。当日にチケット行列をするのが嫌なので「明日、利用予定だが買えるか」聞いたところ、売場の一人は「払い戻しできないし、明日動く保障はないのでお勧めしない」と言われ、もう一人に聞いたら「買えない」と言い切られました。  チケットそのものは発売日から3日間有効なので、その日に乗るふりをして買っても良かったのかも。 【ルート】  丸山ケルン辺りまではサイドが切れ込むような地形ではないので、スノーハイクにお勧めです。ただし、急な登りはあります。  そこから先は尾根を直登するため、サイドが切れ込んでいたり、2カ所ほど狭いトラバースがあります。落ちると、ピッケル使っても止まらないと思います。とにかく慎重に進みます。  ヘルメットとピッケルを持っていきましたが、結局使わずじまいでしたが…前記の通り、丸山ケルンから先は装備した方が良かったと思いました。 【雑記】  3連休、当初は土曜日に当直が入っていたので諦めていたら、なんと交代したいという人が。どうしても次週の土曜日を空けたいとのことで交代成立!降って湧いた連休でしたので、特にプランがなかったところ、土曜日だけ天気が良くて、特に北アルプスがお勧めに。私のレベルで行けそうなのは唐松岳。冬山の中級に分類されますが、天候も良さそうで多くの人出が予想され、トレースがバッチリあれば何とかなるかな、と。  前日を移動日にして、スキー場の偵察を。チケットは上記のとおり買えなかったので、場所を確認して、泊地の道の駅に移動。途中、スーパーで買い物もしましたが…本当に外国のお客さんが多数いました。  駐車場の「6時前は駐車御遠慮願います」を信じて、5時45分に着いたら、ほぼ埋まってました。みんな、遠慮しながら停めていたようです。  チケット売場は6時前には立入禁止で、スキー板を置くなどの行為も禁止されてました。パンを食べながら様子をうかがっていたら、暫くして人影が見えたので私も並ぶことに。その後、続々と登山者が集まりましたが、ゴンドラの方にも行列が形成されていると教えてもらいました。スキー板が並んでるとの話しで、私もストックに並んでもらいました。グループで来ている方は二手に分かれて並んでいる人達も。  ゴンドラは8時に動き出すハズでしたが、枝切り安全確認のため出発が遅れました。その後、リフトを2本乗り継ぎます。八方池山荘には9時前に着き、トイレを借りたりアイゼン履いたり準備を整えて出発です。  先行パーティーが沢山いましたし、トレースもしっかりしていたので、その点では救われました。急登もありましたので体力的にはギリギリでした。スクワットして鍛えないと。  本当に天候に恵まれて、暫くは暑いくらいでした。稜線に近づくにつれ風が出てきたので保温着を着たりしました。服装調節をこまめにする必要がありました。  帰りのリフトの最終が15:20でしたので、初めは中間時刻の12時をリミットと考えていましたが、下山の方が時間はかからないので、12:30をリミットにしました。最終的には余裕をもってリフトまで戻れました。  それも、天候に恵まれ、ワカンの必要も無いしっかりとしたトレースに助けられての事です。実力以上の山を無事に終えられたのは、条件の良さのお陰でした。

鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 チケット行列中、ようやく晴れてきてテンションが上がる!
チケット行列中、ようやく晴れてきてテンションが上がる!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ゴンドラ行列も凄い!
ゴンドラ行列も凄い!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 リフトの乗り換え。ガスの向こうに見える素晴らし山々。
リフトの乗り換え。ガスの向こうに見える素晴らし山々。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池山荘でトイレを借りました。
八方池山荘でトイレを借りました。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 五竜岳と鹿島槍が見えて大興奮!
五竜岳と鹿島槍が見えて大興奮!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 もっと景色が良くなりました。以後、五竜岳と鹿島槍の写真を撮りまくります。御了承下さい(^^;
もっと景色が良くなりました。以後、五竜岳と鹿島槍の写真を撮りまくります。御了承下さい(^^;
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 偶には白馬槍方向も。雲海が、これまた素晴らしい。
偶には白馬槍方向も。雲海が、これまた素晴らしい。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 続々上がってきます。
続々上がってきます。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 白馬槍と、不帰キレット(名前が怖いですよね…)
白馬槍と、不帰キレット(名前が怖いですよね…)
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 雲海の向こうに八ヶ岳…
雲海の向こうに八ヶ岳…
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八ヶ岳の右に富士山が見えました。
八ヶ岳の右に富士山が見えました。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 この辺りの斜度はそれ程でもなかったのですが、丸山ケルン手前に2発ほど急登があって苦しかった記憶が。
この辺りの斜度はそれ程でもなかったのですが、丸山ケルン手前に2発ほど急登があって苦しかった記憶が。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルンが射程に入ってきました。
丸山ケルンが射程に入ってきました。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルン
丸山ケルン
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 右端が目指す唐松岳。すぐ左のピーク下に山荘(冬季は休業中)があります。
右端が目指す唐松岳。すぐ左のピーク下に山荘(冬季は休業中)があります。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 唐松岳山頂まであと少し!
唐松岳山頂まであと少し!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 山頂から不帰キレット方面
山頂から不帰キレット方面
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 山頂から山荘方向
山頂から山荘方向
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 五竜岳。その直ぐ右奥に槍の穂先も見えました。
五竜岳。その直ぐ右奥に槍の穂先も見えました。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 右のピークが劔岳。左のピークは立山
右のピークが劔岳。左のピークは立山
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 山荘のピーク下、ここのトラバースが怖かったです。
山荘のピーク下、ここのトラバースが怖かったです。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 帰路につきます
帰路につきます
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ザクザク降ります。登りはあんなに辛かったのに…
ザクザク降ります。登りはあんなに辛かったのに…
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 樹林帯が近づきます。この辺りでシリセードで降りてる人も。ヒップソリ持ってくれば良かった!
樹林帯が近づきます。この辺りでシリセードで降りてる人も。ヒップソリ持ってくれば良かった!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池、全て雪の中。
八方池、全て雪の中。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルン方向
丸山ケルン方向
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 リフトまであと少し
リフトまであと少し
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 唐松岳と不帰の嶮
唐松岳と不帰の嶮
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 顔ですね。
顔ですね。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池山荘が見えてきました。
八方池山荘が見えてきました。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 雲海の向こうの山々、名前入り。
雲海の向こうの山々、名前入り。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 リフトでガスの中に突入!
リフトでガスの中に突入!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ゴンドラで、ガスの下に出ました。
ゴンドラで、ガスの下に出ました。

活動の装備

  • ガーミン(Garmin)
    inReach mini2
  • その他(Other)
    GARMIN Instinct Dual Power 010-02296-31

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。