粟ヶ岳に登って勝手な思い込みをしていたと知りました

2024.02.24(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 57
休憩時間
35
距離
6.3 km
のぼり / くだり
477 / 477 m
6
54
13
1 8
2

活動詳細

すべて見る

2月の3連休も天候には恵まれず、今日だけはお出かけ日和だとのことで、前から行ってみたかった、山の斜面の茶の文字で知られるあの粟ヶ岳へ行ってみました。 朝7時前に空を見たら青空なので、これはいけると喜んでいたら、その後はどんどん曇り空に。出発の時点で、晴天は期待できなくなっちゃった。帰る頃から日が当たるようにはなりましたが、残念ながら富士山はすっかり雲の中でした。 でも、山頂付近からの眺めは素晴らしかったし、楽しい山歩きができました。 茶の文字で有名な粟ヶ岳ですが、その文字はお茶畑でできているとなぜか勝手に思い込んでいました。 山頂からの帰りに、そのお茶文字の木々のところをかすめるように歩かせていただき、お茶畑なんかでは全くなく、ヒノキの木を植えて人工的にできたものだとわかりました。 今日、ここに登らなかったら、死ぬまであれは茶の字の形をしたお茶の畑と思っていたでしょう。 その点からも、登って良かったですね。

粟ヶ岳 いっぷく処の駐車場がいっぱい。生涯学習センターまで行くしかないかと思ったけど、こちらの農協の東茶工場の広い敷地に駐めることができた。
行き方を教えてくださった地元のおばさま、ありがとうございます。
ヤマップにも駐車場マークが表示されている学習センターまでの道は、グーグルマップで見るとかなりすれ違いが大変そうなだけに、ここに駐められてすごく嬉しかったですね。
いっぷく処の駐車場がいっぱい。生涯学習センターまで行くしかないかと思ったけど、こちらの農協の東茶工場の広い敷地に駐めることができた。 行き方を教えてくださった地元のおばさま、ありがとうございます。 ヤマップにも駐車場マークが表示されている学習センターまでの道は、グーグルマップで見るとかなりすれ違いが大変そうなだけに、ここに駐められてすごく嬉しかったですね。
粟ヶ岳 まずはいっぷく処を目指す。正面に粟ヶ岳が見える。
まずはいっぷく処を目指す。正面に粟ヶ岳が見える。
粟ヶ岳 この角度だとわかりにくいけど、山の斜面に茶の文字が見える。
この時点でも、あの茶の文字は、お茶の字の形をしたお茶畑だと思いこんでいた。
この角度だとわかりにくいけど、山の斜面に茶の文字が見える。 この時点でも、あの茶の文字は、お茶の字の形をしたお茶畑だと思いこんでいた。
粟ヶ岳 いっぷく処に到着。帰りに寄ることにして、まずは山に登ることに。
いっぷく処に到着。帰りに寄ることにして、まずは山に登ることに。
粟ヶ岳 いっぷく処の前にあった東山マップ
いっぷく処の前にあった東山マップ
粟ヶ岳 舗装道を登っていく
舗装道を登っていく
粟ヶ岳 下を眺めて、さっきはあの辺りにいたなって思ったりもするのも楽しい。
下を眺めて、さっきはあの辺りにいたなって思ったりもするのも楽しい。
粟ヶ岳 ここを左に曲がり、道なりに舗装道をさらに登っていく。
ここを左に曲がり、道なりに舗装道をさらに登っていく。
粟ヶ岳 舗装道の旅は続く。意外と急な坂ばかり。
舗装道の旅は続く。意外と急な坂ばかり。
粟ヶ岳 ハイキングコースに入る
ハイキングコースに入る
粟ヶ岳 お茶畑の横を通っていく
お茶畑の横を通っていく
粟ヶ岳 周囲はお茶畑だらけ
周囲はお茶畑だらけ
粟ヶ岳 時々、ネコが案内してくれる
時々、ネコが案内してくれる
粟ヶ岳 休憩場あり。でも、靴を脱いで下さいって。床が濡れているし、上がるのは諦める。
休憩場あり。でも、靴を脱いで下さいって。床が濡れているし、上がるのは諦める。
粟ヶ岳 休憩場の軒下からの見晴らしは良好。
休憩場の軒下からの見晴らしは良好。
粟ヶ岳 階段登りが続きます
階段登りが続きます
粟ヶ岳 雨の名残が土の階段にちょっとあり注意しながら登りました。
雨の名残が土の階段にちょっとあり注意しながら登りました。
粟ヶ岳 柵で整備された通路が始まる。この少し先に、谷側は何もなく、山側だけをしっかり柵で整備してあるところがあり、なんのための柵なのかって考えたけど、わからなかった。
柵で整備された通路が始まる。この少し先に、谷側は何もなく、山側だけをしっかり柵で整備してあるところがあり、なんのための柵なのかって考えたけど、わからなかった。
粟ヶ岳 眺めあり。だいぶ登ったってわかるよね。
眺めあり。だいぶ登ったってわかるよね。
粟ヶ岳 古木の横の休憩スペース。
古木の横の休憩スペース。
粟ヶ岳 ここから神社の参道が始まった感じ。右に行き、迂回するのが正しいコースだったかもだが直進しちゃった。
ここから神社の参道が始まった感じ。右に行き、迂回するのが正しいコースだったかもだが直進しちゃった。
粟ヶ岳 道なりに前進。
道なりに前進。
粟ヶ岳 コケが生えた岩がゴロゴロしたところに到着。
コケが生えた岩がゴロゴロしたところに到着。
粟ヶ岳 こちらも大きな岩。
こちらも大きな岩。
粟ヶ岳 なんかおごそかな感じがする岩がゴロゴロ。
なんかおごそかな感じがする岩がゴロゴロ。
粟ヶ岳 このあたりが磐座なのかな?
このあたりが磐座なのかな?
粟ヶ岳 岩場を抜けて、阿波々神社の社殿に到着した。ほぼ山頂に到着。
岩場を抜けて、阿波々神社の社殿に到着した。ほぼ山頂に到着。
粟ヶ岳 阿波々神社の社殿周辺の案内図。社殿の左後ろに山頂がありってわかった。ヤマップの山頂表示とちょっと違う位置みたい。
阿波々神社の社殿周辺の案内図。社殿の左後ろに山頂がありってわかった。ヤマップの山頂表示とちょっと違う位置みたい。
粟ヶ岳 河津桜に会えました。
河津桜に会えました。
粟ヶ岳 無事に山頂標識発見
無事に山頂標識発見
粟ヶ岳 すぐ隣に別の山頂標識。
すぐ隣に別の山頂標識。
粟ヶ岳 さらにその隣の表示
さらにその隣の表示
粟ヶ岳 無間の井戸ですって。社殿から山頂に行く途中の絵馬が飾られる小さな小屋の下にありました。
無間の井戸ですって。社殿から山頂に行く途中の絵馬が飾られる小さな小屋の下にありました。
粟ヶ岳 無間の井戸。昔からのなんか怖い伝説の話を聞いたような覚えが。石とかを投げ込むと、祟られるんでしたっけね?
無間の井戸。昔からのなんか怖い伝説の話を聞いたような覚えが。石とかを投げ込むと、祟られるんでしたっけね?
粟ヶ岳 社殿の裏に、連れが見つけて教えてくれた。
社殿の裏に、連れが見つけて教えてくれた。
粟ヶ岳 テラスからの眺め
テラスからの眺め
粟ヶ岳 テラスからの龍。これがあの龍なんですね。
テラスからの龍。これがあの龍なんですね。
粟ヶ岳 島田の街ですかね?
島田の街ですかね?
粟ヶ岳 富士山は雲の中でした
富士山は雲の中でした
粟ヶ岳 南アルプスも雲の中でした
南アルプスも雲の中でした
粟ヶ岳 河津桜がここにも。
河津桜がここにも。
粟ヶ岳 どなた様の像だったっけ? 確認するのを忘れて下山しちゃった。
どなた様の像だったっけ? 確認するのを忘れて下山しちゃった。
粟ヶ岳 社殿の横の河津桜。
社殿の横の河津桜。
粟ヶ岳 また磐座を見に来た。なんか雰囲気がある場所。
また磐座を見に来た。なんか雰囲気がある場所。
粟ヶ岳 磐座についてなにか表示はないか探したが、特に案内表示はなかった。
磐座についてなにか表示はないか探したが、特に案内表示はなかった。
粟ヶ岳 この周辺が神様が状態降臨したというパワースポット。
この周辺が神様が状態降臨したというパワースポット。
粟ヶ岳 磐座を十分見させていただき、下山を開始に。
磐座を十分見させていただき、下山を開始に。
粟ヶ岳 テラスの下へ進み、龍が見えてきた。
テラスの下へ進み、龍が見えてきた。
粟ヶ岳 龍の前まで降りてきた。
龍の前まで降りてきた。
粟ヶ岳 ある女性が、この龍はサッカーボールをくわえているって叫んでいた。
ある女性が、この龍はサッカーボールをくわえているって叫んでいた。
粟ヶ岳 下側から見た龍
下側から見た龍
粟ヶ岳 帰りは舗装道を降りて、茶の字の横を通っていくことに
帰りは舗装道を降りて、茶の字の横を通っていくことに
粟ヶ岳 茶の字の一番上の部分のすぐ上が現在地ですって。
茶の字の一番上の部分のすぐ上が現在地ですって。
粟ヶ岳 両側の木々が、茶の文字を作っているってことのようだ。お茶の畑じゃないことにここでようやく気付く。
両側の木々が、茶の文字を作っているってことのようだ。お茶の畑じゃないことにここでようやく気付く。
粟ヶ岳 茶の文字の上の横棒の右端に当たる部分が現在地ですって
茶の文字の上の横棒の右端に当たる部分が現在地ですって
粟ヶ岳 とうとう、茶の字の下の部分を通過。
説明文を読むと初めて、ヒノキの木が植えられているのだと判明。
とうとう、茶の字の下の部分を通過。 説明文を読むと初めて、ヒノキの木が植えられているのだと判明。
粟ヶ岳 この辺りのワラを刈り取って龍を作ったのかな?
この辺りのワラを刈り取って龍を作ったのかな?
粟ヶ岳 また休憩場まで降りてきた。
また休憩場まで降りてきた。
粟ヶ岳 お茶畑が広がる
お茶畑が広がる
粟ヶ岳 かなり降りてきた。
かなり降りてきた。
粟ヶ岳 この坂を降りる時に少し怖い感じがした。ちょっと急な下りだった。
この坂を降りる時に少し怖い感じがした。ちょっと急な下りだった。
粟ヶ岳 舗装道を進み、かなり下ってきた感じ。
舗装道を進み、かなり下ってきた感じ。
粟ヶ岳 摩利支真天という祠に寄りました
摩利支真天という祠に寄りました
粟ヶ岳 いっぷく処に寄ってお茶をいただきました。そのあとに駐車場へ戻りました。
いっぷく処に寄ってお茶をいただきました。そのあとに駐車場へ戻りました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。