雪の大峯に響く鳥の歌声【八経ヶ岳】

2024.02.24(土) 日帰り

活動データ

タイム

07:30

距離

24.5km

のぼり

1914m

くだり

1918m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 30
休憩時間
12
距離
24.5 km
のぼり / くだり
1914 / 1918 m
2
1 55
40
16
5
27
11
12
14
2 1
1

活動詳細

すべて見る

昨日の雨も標高が高くなると雪の様です。 明日も雨の予想ですが、山々は雪ですかね。 明るくなり始めた6時過ぎに登山開始、今日も天川川合からです。最初の鉄塔につくと鶯が迎えてくれた。ホーキョケキョン。まだ上手ではないが一生懸命歌ってます。 遠くからヤマガラの地鳴きも聞こえる。 標高を上げると積雪も増えてきました。昨日の雨もこの辺りは雪ですね。まぁまぁ積もっていました。 天女の舞には一番乗り、久しぶりに青空と霧氷、いつ来ても色々な表情で迎えてくれる。 本当にいい場所です。 湿っぽい雪に足を取られながら、一歩一歩着実に山頂へ向け足を進める。 西は雲海、山頂からは今日も光る海が素晴らしい。誰もいない山頂から暫し周りの山々を眺め、弥山奥宮でお詣り。狼平までは誰一人歩いた形跡はなく、特に階段は歩くのが勿体ないくらいモコモコして綺麗でした。 午前中は素晴らしい青空でしたが、気温が上がるお昼頃にはガスが湧き上がり、これまた幻想的な雰囲気に。大峯ブルーと霧の世界、大峯の美しさを一日で堪能できました。 とても静かな大峯でしたが、たまに聞こえる鳥の歌声が春を感じます。 いい場所です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。