【厳冬期】赤岳~阿弥陀岳ツェルト2泊【厳冬期?】

2024.02.16(金) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 44
休憩時間
0
距離
7.2 km
のぼり / くだり
779 / 58 m
DAY 2
合計時間
8 時間 19
休憩時間
0
距離
7.4 km
のぼり / くだり
1084 / 956 m
DAY 3
合計時間
2 時間
休憩時間
0
距離
7.3 km
のぼり / くだり
76 / 928 m

活動詳細

すべて見る

厳冬期の八ヶ岳へ!今回は昨年の八ヶ岳縦走で撤退した中岳~阿弥陀岳を目指します。今年は温暖で雪も少なく、茅野駅周辺~美濃戸口では雨が降る残雪期のようなコンディション。ドカ雪がふらずとも気温が高まれば雪崩リスクも増すため注意しながらゆっくり登ることに。 天候も厳冬期の八ヶ岳ブルーというより、3シーズンに近い感じがしました。朝早い時間は眺望がよく、陽が高くなるとすぐにガスガスになりやすい。 新たに導入したツェルト2ロングを使いこなすテストのため贅沢に2泊で臨みました。雪山テント泊では1泊なら適当でも結果オーライになりますが2泊以上を快適に過ごすならギアを極力ドライに保つ立ち回りに気を遣う必要があります。狭く雪が入りやすいツェルトは特にギア管理が難しいですね。装備も極力コンパクトにするよう工夫しました。 ザックの総重量は出発時・帰宅時共に17kgほど。装備の濡れによる重量増の影響もほぼなくまずまずの出来だったかなと。 1点、普段からランニングや筋トレをしていましたが、雪山で中腰で進むときに使う太ももの筋肉をあまり鍛えていなかったので少し筋肉疲労を感じました。雪山はあらゆる筋肉をローテーションで使うのでまんべんなく整えなきゃ駄目だなと反省です。足太くなってスラックスが入らなくなりそうだけど。 ■行程 ・1日目 美濃戸口~赤岳鉱泉(食事付き) ・2日目 赤岳鉱泉~赤岳~中岳~阿弥陀岳~文三郎尾根~行者小屋 ・3日目 行者小屋~南沢ルート~美濃戸口 詳細は写真コメントにて。

八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) タクシーで美濃戸口へ。雪が少ない!
タクシーで美濃戸口へ。雪が少ない!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 所々水たまりが。残雪期のような景観。
所々水たまりが。残雪期のような景観。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) つららも育たず溶けてゆく。
つららも育たず溶けてゆく。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 行動食は自作のチョコバー。チョコ、ヒマワリの種、オートミール、塩。そのまま食べてよし、テントで過ごす時お湯を注いでホットチョコにしてもよし、更にオートミールを足してチョコレート粥にしてもよし。手軽にカロリー補給できて腹持ちも良い。
行動食は自作のチョコバー。チョコ、ヒマワリの種、オートミール、塩。そのまま食べてよし、テントで過ごす時お湯を注いでホットチョコにしてもよし、更にオートミールを足してチョコレート粥にしてもよし。手軽にカロリー補給できて腹持ちも良い。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 心拍数を見ながらペースをコントロール。
心拍数を見ながらペースをコントロール。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 雪は少ないけどようやく厳冬期らしい景色に。
雪は少ないけどようやく厳冬期らしい景色に。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳鉱泉に到着!この日はほぼ一日中稜線が晴れていたようです。
赤岳鉱泉に到着!この日はほぼ一日中稜線が晴れていたようです。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ツェルト設営開始。未開拓の土地をチョイス。
ツェルト設営開始。未開拓の土地をチョイス。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) まずは整地。雪が少なくあまり深く掘ることはできません。
まずは整地。雪が少なくあまり深く掘ることはできません。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ペグは竹ペグ4本を持参。ツェルト4隅を固定するペグとトレッキングポールのペグは共用にできるので意外とシンプルにまとまりました。ツェルト・ペグ・ロープ・タイベックシートすべて込みで700gくらい。下山後の水を含んだ状態で980gくらいでした。自立式テントと比べるとやはりコンパクトで軽い!
ペグは竹ペグ4本を持参。ツェルト4隅を固定するペグとトレッキングポールのペグは共用にできるので意外とシンプルにまとまりました。ツェルト・ペグ・ロープ・タイベックシートすべて込みで700gくらい。下山後の水を含んだ状態で980gくらいでした。自立式テントと比べるとやはりコンパクトで軽い!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 元々、モンベルの小さなツェルト使っていたので広さは十分。
元々、モンベルの小さなツェルト使っていたので広さは十分。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 日差しが強いので日焼け止めを。これは山岳医の方のYouTubeで見て買ってみました。
日差しが強いので日焼け止めを。これは山岳医の方のYouTubeで見て買ってみました。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) スティックタイプで厳冬期の稜線上でも塗りやすいです。
スティックタイプで厳冬期の稜線上でも塗りやすいです。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 朝食にと持ってきて余ったパンをいただく。景色が贅沢すぎる。
朝食にと持ってきて余ったパンをいただく。景色が贅沢すぎる。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 調理スペースに風よけを設置。
調理スペースに風よけを設置。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) さっそくお湯をわかして。
さっそくお湯をわかして。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ドリップコーヒーを。このカフェインレスコーヒーは香りがしっかりしていて美味しい。普段も夕食後はこのカフェインレスにして睡眠品質上がりました。登山でもカフェインの影響を受けないのでおすすめです。
ドリップコーヒーを。このカフェインレスコーヒーは香りがしっかりしていて美味しい。普段も夕食後はこのカフェインレスにして睡眠品質上がりました。登山でもカフェインの影響を受けないのでおすすめです。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) アーベンロートのお時間。
アーベンロートのお時間。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) この日はずーっと晴れていてのんびり過ごすのに良い感じでした。
この日はずーっと晴れていてのんびり過ごすのに良い感じでした。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳鉱泉の夕食。本日はステーキ。
赤岳鉱泉の夕食。本日はステーキ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) お野菜がたっぷりでうれしい。お代わり自由の豚汁には春菊が。うまい。
お野菜がたっぷりでうれしい。お代わり自由の豚汁には春菊が。うまい。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) まだ月明かりのある星空。アイスキャンディが映える。左林奥の黄色い光は僕のツェルトです。おやすみなさい。
まだ月明かりのある星空。アイスキャンディが映える。左林奥の黄色い光は僕のツェルトです。おやすみなさい。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 起床。朝はオートミールをお茶漬けの素やカップスープで。お湯を注いですぐに食べられるのでフードコジーとか保温用のギアを持たずに済みます。
起床。朝はオートミールをお茶漬けの素やカップスープで。お湯を注いですぐに食べられるのでフードコジーとか保温用のギアを持たずに済みます。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 夜明け前の星空。
夜明け前の星空。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 撤収完了!今回はベースキャンプ型ではなくぜんぶ担いで縦走するスタイルで(昨年はベースキャンプ設営用のテントと縦走ビバーク用ツェルトをそれぞれ持っていました)。
撤収完了!今回はベースキャンプ型ではなくぜんぶ担いで縦走するスタイルで(昨年はベースキャンプ設営用のテントと縦走ビバーク用ツェルトをそれぞれ持っていました)。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) まずは行者小屋へ。
まずは行者小屋へ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ここから地蔵尾根を登ります。
ここから地蔵尾根を登ります。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 美しい眺め。
美しい眺め。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 雪は締まっていて登りやすい。
雪は締まっていて登りやすい。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 常軌を逸する修行。
常軌を逸する修行。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) エビ蔵さん。
エビ蔵さん。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳クッキリ。
赤岳クッキリ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳、阿弥陀岳もクッキリだけど徐々にガスが…
中岳、阿弥陀岳もクッキリだけど徐々にガスが…
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 富士山も!
富士山も!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳と富士山。
赤岳と富士山。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳展望荘。今年も厳冬期営業のタイミングを逃してしまった。
赤岳展望荘。今年も厳冬期営業のタイミングを逃してしまった。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 街のほうから風が吹いてきてガスが発生しそうなので見えるうちに自撮り。
街のほうから風が吹いてきてガスが発生しそうなので見えるうちに自撮り。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳にアタックする時には強風&ガス。
赤岳にアタックする時には強風&ガス。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 昨年と比べるとやはり雪が少ない。雪が深いところがほぼ無くアイゼンは効きやすい。
昨年と比べるとやはり雪が少ない。雪が深いところがほぼ無くアイゼンは効きやすい。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ガスが濃くなってくる。頂上山荘は目の前。
ガスが濃くなってくる。頂上山荘は目の前。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 振り返ると硫黄岳と横岳はガスの中。
振り返ると硫黄岳と横岳はガスの中。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 茅野の街のほうは晴れているのですが。気温が高くて湿った空気が一気にガスになってる感じかなあ。
茅野の街のほうは晴れているのですが。気温が高くて湿った空気が一気にガスになってる感じかなあ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 山頂、何とか晴れ間が。
山頂、何とか晴れ間が。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ギリギリ見える富士山。このあとガスで真っ白に。
ギリギリ見える富士山。このあとガスで真っ白に。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 登頂!
登頂!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) それでは阿弥陀岳へ。
それでは阿弥陀岳へ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳&阿弥陀岳はガスにのまれました。
中岳&阿弥陀岳はガスにのまれました。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 文三郎尾根の分岐。
文三郎尾根の分岐。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 硫黄岳方面のガスは晴れそうで晴れない。
硫黄岳方面のガスは晴れそうで晴れない。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳。
中岳。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) やせ尾根を進む。雪が少ないので地形がわかりやすい。雪がたくさん付いているとき、歩きやすいからと左寄りに進むと踏み抜いて滑落するのかなーとか考えながらゆっくり進む。
やせ尾根を進む。雪が少ないので地形がわかりやすい。雪がたくさん付いているとき、歩きやすいからと左寄りに進むと踏み抜いて滑落するのかなーとか考えながらゆっくり進む。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳を下ってきて。
中岳を下ってきて。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) あとは阿弥陀岳の山頂へ!
あとは阿弥陀岳の山頂へ!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ガスで山頂が見えずゴールがわからない。写真には撮りませんでしたが、一部で土が露出しておりやはり雪が少ないのだなと。普通に落石とかもありそうなので混みあっている時は特に注意が必要です。
ガスで山頂が見えずゴールがわからない。写真には撮りませんでしたが、一部で土が露出しておりやはり雪が少ないのだなと。普通に落石とかもありそうなので混みあっている時は特に注意が必要です。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ガスがもっと濃くなると前後の登山者が見えなくなり、雪や石が落ちやすい急斜面は危険になりますね。
ガスがもっと濃くなると前後の登山者が見えなくなり、雪や石が落ちやすい急斜面は危険になりますね。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ぬるっと登頂。
ぬるっと登頂。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) やりました!真っ白け。
やりました!真っ白け。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 素っ裸で縦走するアニキ。
素っ裸で縦走するアニキ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 文三郎尾根へ引き返します。中岳とかもう一度登らないといけない。ちなみに行者小屋への沢筋のルートはノートレース。ただ、行者小屋から見た阿弥陀岳直行のルートはなぜかトレースがついていた(バリエーションルートへ向かう人たちのもの?)。
文三郎尾根へ引き返します。中岳とかもう一度登らないといけない。ちなみに行者小屋への沢筋のルートはノートレース。ただ、行者小屋から見た阿弥陀岳直行のルートはなぜかトレースがついていた(バリエーションルートへ向かう人たちのもの?)。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 文三郎尾根に戻ってきて。
文三郎尾根に戻ってきて。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) あとは行者小屋へ下るのみ。スマホ電波があるうちに危険個所は抜けたと妻に報告を入れる。
あとは行者小屋へ下るのみ。スマホ電波があるうちに危険個所は抜けたと妻に報告を入れる。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 無事生還。テント受付。ちなみに水場は凍結しておらず水量豊富でした。
無事生還。テント受付。ちなみに水場は凍結しておらず水量豊富でした。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ツェルト設営開始。
ツェルト設営開始。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) こちらも雪が少なくあまり掘れず。
こちらも雪が少なくあまり掘れず。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 2泊目ですが寝袋はほぼ濡らさず快適。3シーズンでスリーピングマットとして使用している8mm銀マットを寝袋内に仕込んで腰~足先への冷気を遮断。
2泊目ですが寝袋はほぼ濡らさず快適。3シーズンでスリーピングマットとして使用している8mm銀マットを寝袋内に仕込んで腰~足先への冷気を遮断。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) さらにエスケープヴィヴィでブースト。
さらにエスケープヴィヴィでブースト。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) スリーピングマットはアルパインパッド25の90cmで足元はザックを。このマットはスポンジ入りで仮に穴が空いても最低限の断熱効果は得られます。一般的なエアーマットはフワフワしすぎて苦手なのですが、ちょっと固めの感じが気に入っています。これ1枚だと寒いので先の寝袋のブーストと組み合わせて。この日はマイナス5~8度くらいだったのでダウンパンツいらずでした。
スリーピングマットはアルパインパッド25の90cmで足元はザックを。このマットはスポンジ入りで仮に穴が空いても最低限の断熱効果は得られます。一般的なエアーマットはフワフワしすぎて苦手なのですが、ちょっと固めの感じが気に入っています。これ1枚だと寒いので先の寝袋のブーストと組み合わせて。この日はマイナス5~8度くらいだったのでダウンパンツいらずでした。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 明け方の空。多くの方が出発準備しており明るい。
明け方の空。多くの方が出発準備しており明るい。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 夜中はガスガスで雪が舞っていましたが朝はスッキリ。
夜中はガスガスで雪が舞っていましたが朝はスッキリ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 出発前のコーヒー。
出発前のコーヒー。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 撤収完了。
撤収完了。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 名残惜しいですが…
名残惜しいですが…
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 下山します。
下山します。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 南沢ルートも終わりにさしかかると雪が薄く。
南沢ルートも終わりにさしかかると雪が薄く。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 下山してお風呂に入ってビール&ハンバーグ。ご飯大盛。
下山してお風呂に入ってビール&ハンバーグ。ご飯大盛。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) パンナコッタも。15時のバスまで時間がありすぎるのでタクシーで帰りました。おつかれ山!
パンナコッタも。15時のバスまで時間がありすぎるのでタクシーで帰りました。おつかれ山!

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。