さっきよりはましに。 戻る 次へ

槍ヶ鞘・トーミの頭・黒斑山・蛇骨岳・仙人岳・鋸岳・車坂山の写真

2024.02.18(日) 11:12

さっきよりはましに。

この写真を含む活動日記

45
32

04:31

9.9 km

892 m

槍ヶ鞘・トーミの頭・黒斑山・蛇骨岳・仙人岳・鋸岳・車坂山

浅間山・黒斑山・篭ノ登山 (長野, 群馬)

2024.02.18(日) 日帰り

2024年初登山。約2か月半ぶりの登山はガトーショコラの呼び名が有名な浅間山へ(厳密には登山規制のため、今行ける最大限近くの鋸岳まで)。 本当は山中湖で石割山あたりでダイヤモンド富士などを目当てに宿泊先やバスも予定していたが直前での予報が全曇りに。 これでは行く価値がほぼないので、かわりのプランで浅間山天気予報を見るとそちらは悪くないので当日で予定変更。 前泊で佐久平で泊まり、翌日に一番メジャーな車坂峠登山口すぐの高峰高原ホテル前に向かう。 登山客は予想通りたくさん。メジャーなルートは車坂峠と黒斑山を往き来するルートで感覚知的には9割がたがそう。 ヤマップの2月の登頂者数でも鋸岳はこの時期極端に少ない。 実際に行ってみて一応冬山で平時でも少し厳しそうなので、無理そうなら引き返す位のつもりでルートは黒斑山からさらに蛇骨岳、仙人岳、鋸岳まで行き、Jバンドでおり、草すべりからトーミの頭にもどりそのまま車坂峠へ下るルートを組んだ。 結果、浅間山をより近くで違うアングルでみれ、黒斑山までだと物足りなかったが、雪成分多めになり、神経を使うJバンドの下り、予想以上にハードな草すべりののぼりがちょうどいい塩梅で登山充足度があがり、良かった。 装備はチェーンスパイクで行った。大半はそれで十分だったがJバンド、草すべりあたりは軽アイゼンの方がよそさうだった。 特に草すべりルートはトレースはあるが少なく、深く踏み抜く箇所も結構あり。あまりいないと思うが、下りは危険。 ほとんど黒斑山以降はこの時期、人がおらず、にぎやかだったメインルートとは変わって静かな雪山山行が楽しめた。 高原ホテルひとつ前のバス停の浅間山登山口から天狗温泉経由で上り下りするルートも面白いのではないかと思う。 ガトーショコラは登り時にはかなりガス&雲で3合目くらいしかみえずやきもき、仙人岳にくるとマシになったので、開けたところでさむかったが、しばらく待ったりしてようやくてっぺんまでなんとか見える感じにはなった。 その後、草すべりあたりから山頂の雲がややとれ、全容がようやくみえるようになっていった。 帰りのトーミの頭でもその姿が大分おがめた。それでも、上空の雲が多く厚くという状態で、もう少し雲が少なければ最高だったが、何度来てもガスに当たる人も実際いるそうで、一応見えれたので良かった。 余裕をもって、高峰高原ホテルの温泉にも入れ、2024年幸先のよい山行となった。 ここは雪山の初級編にすぎないレベルかと思うが、雪山登山には雪山登山にしかない要素が面白く、経験値も徐々にあがってきている。