一応ここ冠山山頂です。なんも見えんけど。 戻る 次へ

冠山の写真

2024.02.18(日) 10:26

一応ここ冠山山頂です。なんも見えんけど。

この写真を含む活動日記

33
75

05:39

8.0 km

1056 m

冠山

冠山・金草岳 (福井, 岐阜)

2024.02.18(日) 日帰り

今日は天気予報晴れだったんだけどなぁ。 冠山トンネルが出来て一気に岐阜に近くなったんだが、フォロワーさんの日記から、冬季限定のルートで冬の冠山に行ける事を知り、 これは一度は行ってみなきゃと、晴れ予報の本日18日、家の事は息子にお願いして、早朝出発。 家を出た時は空に星が出ていて、ヨシ今日はいいぞって思ってた。 池田に着く頃は山はガスに覆われている。 なんかイヤな感じ! 7時前に冠山トンネルを抜け駐車スペースに入ると、20台ほど停められるスペースは、残り5台ほど。そして、完全に曇り空だ。 チェンスパとアイゼンはザックに詰めて、スノーシューをザックに括り付けて出発です。 いきなりおっそろしぃ階段からスタート。 階段を登り切ると、雪解けで湿った枯葉の急登。滑るのでめっちゃ恐い。帰りはもっと恐いんだろなと思いながら登り、ガスにまかれたブナ林を抜け、稜線に出てアップダウンを幾度か繰り返し雪庇の痩せ尾根を抜けると、谷からの爆風、爆風。吹き飛ばされるかと思うほど。身体を持ってかれる爆風です。 初めての場所なので、私の前を行く4人組のパーティの後を着いて行く。 途中、お先にどうぞされるが、初めてのルートなので、どうぞお進み下さい。と、先を歩いてもらう事にした。 登り坂で1名、アイゼンを装着しているので、先に行かせてもらう。とうやら4人組ではなかった様で、私と同じ単独の方でした。 引き続き3人組の後を、単独2名が続く感じで、私も途中からチェンスパを履き進む。 何処まで行ってもガスガスのうえ爆風の中、 見失わないよう後を追う。 どうやら冠平まで来たようだが、先行の3人組の方達は、風を避けて休憩らしく、山頂は真っ直ぐと手振りで道を指示してくれた。 ガスガスではっきり見えないが、どうも直登の感じ。 雪は緩んているので、アイゼンに履き替えようかと思ったが、チェンスパのまま登り切る。 山頂に着いてもなぁーんも見えません。ガスガスのガッスガス。 後から来た単独の方に一応やって来たぞの一枚を撮って頂き、さっさと下山です。 ただ、山頂は以外と風は弱く予想外だった。 今回は、ゴーグルを持っていったので、雨風爆風に耐えられました。 じゃなかったら、冠平で戻っていたかも。 下山はやはり登山口手前の枯葉の急登は、めっちゃ恐かった。しかもルートを外しちゃって、あれ車が見えるって事は、間違えてるわと、枝を掴んで登り返しルートに復帰。 でも降りてから気が付いたんだけど、そのまま車まで降りても行けた感じでした。 二回程尻もちついたくらいで、怪我も無く無事下山。ただ、今回は、落とし物あり。 カメラのレンズフードを落としてきてしまった。でも、駐車場で着替えていた時、山頂て写真を撮ってくれた方が、拾ってくれてました。感謝感謝です。 と、言う事で、今回はただただガスガスでさっぱり景色を、楽しめませんで渾身の一枚は撮れませんでした。 家に着くと、めっちゃいい天気。 悔しいので、海で渾身の一枚の夕陽を撮って来ました。