厳冬期テント泊・五竜岳のAtmospheric optics・白岳・遠見尾根

2024.02.17(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

09:56

距離

13.1km

のぼり

1335m

くだり

1338m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 13
休憩時間
38
距離
6.4 km
のぼり / くだり
1137 / 179 m
12
1 12
16
42
56
1 33
DAY 2
合計時間
3 時間 42
休憩時間
1 時間 2
距離
6.6 km
のぼり / くだり
198 / 1154 m
32
22
28
7
22
5
1

活動詳細

すべて見る

初めての山でのテント泊、厳冬期の五竜で。 ダブルアックスがなかったので、落ちると思い、五竜頂上まで行けなかったんだ。 2日間、雲海の上で過ごすことは満足。 雲の上で眠り、雲の上で目を覚ます。それは、ただそのまま生きる一部の動物にとってはシンプルな日常のルーティンかもしれませんが、人間にとっては同じではありません。 久しぶりに一眼レフを持って行った。 只今いきなりに山専用のinstagramアカウントを作った、これから写真(フィルムがメイン)をシェアしていく予定。まだ何もないけど、これからアップしていくからよろしく。 Instagram: https://www.instagram.com/p.h.o.t.i.c.9?igsh=dDVjZG12YWF0NG4y&utm_source=qr まずYamapでスマホで撮った写真のみをシェアします。 雪庇めっちゃできてきれい 。リュックが重くて、西遠見から白岳までキツかった、結構疲れた。雲の跡が山の表面に残り、日々、年々、絶えず移動しています。私にとってここで興味深い対比が二つあります: 軽と重、一時と永遠。 Kaoruのテント、ペグが刺さらなかったから、急に雪洞掘って泊まったんだ笑。 夜から風強かった、私のテントとHabiruさんのテントが飛びそうでめっちゃ心配だった笑。 翌日は晴れて、モルゲンが見えたのは嬉しかった。異なる色が互いにおよびその周囲とどのように相互作用するかが好きです。どうせ、色は幻想です。 テント撤収の時に強風でスノーフライが一瞬で飛んでいっちゃった。悲しい。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。