五葉山(黒岩~桧山周回)

2016.04.16

活動詳細

詳しく見る
どこへ行くか迷ったあげく近所の裏山へ。 まだ通ったことが無いコースを選択。 林道の状況。 気仙川支流桧山川に沿った林道は、スタート地点(桧山登山口)より前でバリケード(単管バリケード)により通行止めとなっていました。 管理は森林組合と言うことで、無許可で入った場合、事故等の責任を負えない・・・等の看板があり、ここは自己責任で・・・。 桧山登山口(スタート地点)が林道終点で駐車場にもなっている。 登山道の状況。 黒岩、桧山どちらのコースもピンクテープがこれでもか!ってくらいあって、迷うことはまずないとおもいます。 注意点として、桧山登山口から廃道を通って黒岩コースに乗るには、写真5枚目の分岐点を左折すること。見落として真っ直ぐ進んでしまうととんでもない方向に行くので注意すること。あとは大丈夫。 稜線までは、ヒバの密生林等で見通しが悪い区間があるので、熊等と出合い頭にならないように慎重に進みたいところ。 稜線に出れば高低差はあまりないものの、岩場が多いので、転倒・転落には十分注意したい。特にポールは使わず両手を使う方が歩きやすく安全。当然手袋必須。 道幅も狭く、低木が道を塞いだりする。朝露、霧等の時は雨具が必要。 避難小屋 1.しゃくなげ荘。 無人、薪ストーブ、薪、水場(直接飲める)、やかん等あり。 2.あすなろ山荘 しゃくなげ荘と同様だが、水場は無く、建物外にある水道水は飲料水ではないらしい。 まとめ 一般登山者の多くは赤坂峠登山口を利用するため、この黒岩コース、桧山コースを通る人は多くはない。 メインが稜線歩きとなるため、風が強い予報の時はお勧めできません。 三陸最高峰の五葉山。太平洋を眺めながらのんびりするのもたまには良いでしょう。 何度も申しますが、岩場が多いので足元には十分注意を。。。 最後に、携帯電話は、登山口でわずかに入る(ドコモ)。稜線は良好。途中不明。
スタート地点(桧山登山口)。ここから黒岩コースに向かいます。
林道のような廃道のような・・・。
沢も越えました。多少の増水があっても渡れそうです。
黒岩コースとの合流点。吸殻入れが目印。ここを左折して林に入っていきます。
斜面を登ります。
人通りは少ないようですが、ピンクテープは沢山あります。
良い天気です。
なんとなく目立っていた木。
ヒバの密生林を抜けると開けた道になります。
ほぼ稜線に着いた。
鹿の角を拾う。珍しくもないので捨てた(笑)。
一服場所。
急登になります。
8合目に近づくとシャクナゲが見え始めました。
8合目。
ちょっとヤブ漕ぎすると。。。黒岩手前の1216mピーク。
やっと景色が見られたので登ってきた稜線を振り返ります。
正面やや左のピークは氷上山。
黒岩方面(黒岩じゃないよ)。
大沢コースとの分岐(振り返って撮ったので左に行くと大沢)
こんな岩場を見ると鳥海山を思い出します。
どうなったらこうなるのかな?
黒岩(1,320.8m)が見えました。
すぐそこが黒岩です。
振り返ってみました。
黒岩(1,320.8m)到着。
五葉山山頂(1,340.4m)方面。山頂まで直線距離で2.0kmです。
証拠写真。
薄曇り。風弱く。急ぐことはないのでのんびりします。
進みます。
岩場が続きます。
それにしても気持ちの良い稜線歩きです。
振り返ってみます。
赤坂峠コースの雪もほとんど無いように見えます。
ガンコウラン。
池頭があれば高層湿原にも見えますね。
シャクナゲは沢山あります。
こう言う風景好きです。
シャクナゲ、シャクナゲ。
桧山コースとの分岐。下山時に通ります。
ちょっと残雪がありました。
山頂方面。
日枝神社到着。
山頂方面。今回は山頂に行かない。
しゃくなげ荘でお昼ごはん。
気温はプラス、+ですよ。+3℃(笑)。
水も豊富に出ています。感覚では夏より暖かく感じます。水分補給して下山します。
日枝神社に戻り、大船渡湾方面。
いつも見る黒岩方面の稜線。桧山コース分岐まで稜線を戻ります。
天空の笹道(笑)。これがお花畑になったらさぞかし美しいだろうね。
またも大船渡湾方面。
分岐に到着。桧山コースに入ります。
いきなりの残雪。
他から比べると結構残っています。
微妙な夏道。
またも残雪。
一服場所。何かが芽を出してきてる。
ヒバの密生林突入!
視界が悪いです。
熊さんが飛び出して来たらどうしよう(怖)。
木の根っこ。
あすなろ山荘が見えました。
振り向いて登山口。
フムフム・・・。あとで読もう(笑)。
立派ですね。
こちらはトイレじゃなくて、便所となっています。違いは?。
内部その1。薪ストーブがあります。
内部その2.天井裏。天井はないけど。。。
振り返って出入り口。
登山口まで林道っぽい道を行きます。
途中の沢。
無事に到着。閲覧ありがとうございます。
おまけ1。全然花が無かったので、里に下りてから撮りました。
おまけ2。
おまけ3。
おまけ4。
おまけ5。
おまけ6。
おまけ7。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。