大野山(【東】富嶽三十六景)

2024.02.18(日) 日帰り

谷峨駅と山北駅、どちらからでも登れる。谷峨駅の方がアスファルト歩きが少ないので(とはいえ、30分くらい歩く。)、こちらから登った方がいい。富士山、全然見えなかった~。でも野生の鹿たちに会えたので満足。

御殿場線の谷峨駅が今日のSTART。精算したいのに無人駅…。

御殿場線の谷峨駅が今日のSTART。精算したいのに無人駅…。

御殿場線の谷峨駅が今日のSTART。精算したいのに無人駅…。

朝7時なのにあったかい。ウィンドブレーカーいらないくらい。

朝7時なのにあったかい。ウィンドブレーカーいらないくらい。

朝7時なのにあったかい。ウィンドブレーカーいらないくらい。

河津桜と梅がたくさん咲いている。甘い匂いで癒される。

河津桜と梅がたくさん咲いている。甘い匂いで癒される。

河津桜と梅がたくさん咲いている。甘い匂いで癒される。

30分ほど車道を歩く。

30分ほど車道を歩く。

30分ほど車道を歩く。

民家の脇道から山道に入る。

民家の脇道から山道に入る。

民家の脇道から山道に入る。

ここから山道。地道に高度をあげる。頂上までこんな感じ。急勾配なし。

ここから山道。地道に高度をあげる。頂上までこんな感じ。急勾配なし。

ここから山道。地道に高度をあげる。頂上までこんな感じ。急勾配なし。

一旦、車道に出る。

一旦、車道に出る。

一旦、車道に出る。

大野山の頂上が見える。牧場だったから、山頂剥げてる。

大野山の頂上が見える。牧場だったから、山頂剥げてる。

大野山の頂上が見える。牧場だったから、山頂剥げてる。

ここから山道に。階段が多くなる。

ここから山道に。階段が多くなる。

ここから山道に。階段が多くなる。

昨日の雨のお陰で、自然のいい匂い。高速?が近いのか絶えずエンジン音がする。

昨日の雨のお陰で、自然のいい匂い。高速?が近いのか絶えずエンジン音がする。

昨日の雨のお陰で、自然のいい匂い。高速?が近いのか絶えずエンジン音がする。

遠くから見ると、ほんとの野鳥に見える…ビビりながら近づく。

遠くから見ると、ほんとの野鳥に見える…ビビりながら近づく。

遠くから見ると、ほんとの野鳥に見える…ビビりながら近づく。

ここから先は、整備された階段をひたすら登る。エンジン音が気にならなくなってきた。

ここから先は、整備された階段をひたすら登る。エンジン音が気にならなくなってきた。

ここから先は、整備された階段をひたすら登る。エンジン音が気にならなくなってきた。

振り替えると、素晴らしい展望。

振り替えると、素晴らしい展望。

振り替えると、素晴らしい展望。

頂上が723メートルなのであと少し…。

頂上が723メートルなのであと少し…。

頂上が723メートルなのであと少し…。

傾斜がゆるくなってきた。

傾斜がゆるくなってきた。

傾斜がゆるくなってきた。

到着。気づいたら霧の中。ほんとはここから富士山の絶景が見えるらしい。

到着。気づいたら霧の中。ほんとはここから富士山の絶景が見えるらしい。

到着。気づいたら霧の中。ほんとはここから富士山の絶景が見えるらしい。

霧の風景も幻想的で美しい。

霧の風景も幻想的で美しい。

霧の風景も幻想的で美しい。

霧がかかっても美しい展望。

霧がかかっても美しい展望。

霧がかかっても美しい展望。

熊のお地蔵さん。

熊のお地蔵さん。

熊のお地蔵さん。

これから山北駅に向かって降りる。もう使われてない牧場かと思いきや、何頭か牛が放牧されてた。

これから山北駅に向かって降りる。もう使われてない牧場かと思いきや、何頭か牛が放牧されてた。

これから山北駅に向かって降りる。もう使われてない牧場かと思いきや、何頭か牛が放牧されてた。

山北駅側ルートにも可愛い案内が。後ろのインディアン、なんなのだろう。

山北駅側ルートにも可愛い案内が。後ろのインディアン、なんなのだろう。

山北駅側ルートにも可愛い案内が。後ろのインディアン、なんなのだろう。

山道入ってすぐ、牝鹿が斜面を駆け上がって行った。音楽流して歩いてるのに、逃げるの遅いな。

山道入ってすぐ、牝鹿が斜面を駆け上がって行った。音楽流して歩いてるのに、逃げるの遅いな。

山道入ってすぐ、牝鹿が斜面を駆け上がって行った。音楽流して歩いてるのに、逃げるの遅いな。

さらに行くと、立派な角の牡鹿も斜面を駆け上がっていく。お尻が真っ白でふさふさ。上からずっとこっちを見てる。

さらに行くと、立派な角の牡鹿も斜面を駆け上がっていく。お尻が真っ白でふさふさ。上からずっとこっちを見てる。

さらに行くと、立派な角の牡鹿も斜面を駆け上がっていく。お尻が真っ白でふさふさ。上からずっとこっちを見てる。

それにしても傾斜がゆるいから、降りるの楽チン。

それにしても傾斜がゆるいから、降りるの楽チン。

それにしても傾斜がゆるいから、降りるの楽チン。

大分降りてきたとこ。

大分降りてきたとこ。

大分降りてきたとこ。

山道歩き終了。ここから先は駅に向かって車道歩き。

山道歩き終了。ここから先は駅に向かって車道歩き。

山道歩き終了。ここから先は駅に向かって車道歩き。

梅が満開。いい匂い。

梅が満開。いい匂い。

梅が満開。いい匂い。

傾斜もすぐ終わり、平坦な道をこれから1時間ほど歩く。

傾斜もすぐ終わり、平坦な道をこれから1時間ほど歩く。

傾斜もすぐ終わり、平坦な道をこれから1時間ほど歩く。

線路脇に菜の花の群生。一足早い春。

線路脇に菜の花の群生。一足早い春。

線路脇に菜の花の群生。一足早い春。

到着。あっという間に登山終了~。精算のことを聞いたら、精算できる駅で自己申告するようにとのこと。精算できる駅ってどこ~(笑)!

到着。あっという間に登山終了~。精算のことを聞いたら、精算できる駅で自己申告するようにとのこと。精算できる駅ってどこ~(笑)!

到着。あっという間に登山終了~。精算のことを聞いたら、精算できる駅で自己申告するようにとのこと。精算できる駅ってどこ~(笑)!

御殿場線の谷峨駅が今日のSTART。精算したいのに無人駅…。

朝7時なのにあったかい。ウィンドブレーカーいらないくらい。

河津桜と梅がたくさん咲いている。甘い匂いで癒される。

30分ほど車道を歩く。

民家の脇道から山道に入る。

ここから山道。地道に高度をあげる。頂上までこんな感じ。急勾配なし。

一旦、車道に出る。

大野山の頂上が見える。牧場だったから、山頂剥げてる。

ここから山道に。階段が多くなる。

昨日の雨のお陰で、自然のいい匂い。高速?が近いのか絶えずエンジン音がする。

遠くから見ると、ほんとの野鳥に見える…ビビりながら近づく。

ここから先は、整備された階段をひたすら登る。エンジン音が気にならなくなってきた。

振り替えると、素晴らしい展望。

頂上が723メートルなのであと少し…。

傾斜がゆるくなってきた。

到着。気づいたら霧の中。ほんとはここから富士山の絶景が見えるらしい。

霧の風景も幻想的で美しい。

霧がかかっても美しい展望。

熊のお地蔵さん。

これから山北駅に向かって降りる。もう使われてない牧場かと思いきや、何頭か牛が放牧されてた。

山北駅側ルートにも可愛い案内が。後ろのインディアン、なんなのだろう。

山道入ってすぐ、牝鹿が斜面を駆け上がって行った。音楽流して歩いてるのに、逃げるの遅いな。

さらに行くと、立派な角の牡鹿も斜面を駆け上がっていく。お尻が真っ白でふさふさ。上からずっとこっちを見てる。

それにしても傾斜がゆるいから、降りるの楽チン。

大分降りてきたとこ。

山道歩き終了。ここから先は駅に向かって車道歩き。

梅が満開。いい匂い。

傾斜もすぐ終わり、平坦な道をこれから1時間ほど歩く。

線路脇に菜の花の群生。一足早い春。

到着。あっという間に登山終了~。精算のことを聞いたら、精算できる駅で自己申告するようにとのこと。精算できる駅ってどこ~(笑)!

この活動日記で通ったコース

谷峨駅-大野山-山北駅 縦走コース

  • 04:10
  • 10.5 km
  • 723 m
  • コース定数 18