赤岳・阿弥陀岳 地蔵尾根経由御小屋尾根へ

2024.02.17(土) 日帰り

てんきとくらすがAの晴れ。 八ヶ岳ブルーを期待して赤岳・阿弥陀岳へ行ってきました。 しかし、予報は外れたようで曇り時々晴れで絶景には恵まれませんでした。残念。 でも登山者が少なかったことで、厳しい冬の登山が経験できたことはこれからに活かせそう。 今週積もった雪のあと、地蔵尾根と阿弥陀岳の登りは人がほとんど入っておらず、 緊張の中、急登の積雪と格闘してへろへろでした。 ピッケルとアイゼンの有難さをあらためて認識した山行になりました。 どなたかはわからないのですが、登りを先行して頂いた方々にはとても感謝です。

朝の八ヶ岳山荘。前日23:30に到着し、仮眠室@2,000で4:30まで仮眠とりました。

朝の八ヶ岳山荘。前日23:30に到着し、仮眠室@2,000で4:30まで仮眠とりました。

朝の八ヶ岳山荘。前日23:30に到着し、仮眠室@2,000で4:30まで仮眠とりました。

5時に出発、暗闇の中、林道を歩いて赤岳山荘の駐車場到着6:01

5時に出発、暗闇の中、林道を歩いて赤岳山荘の駐車場到着6:01

5時に出発、暗闇の中、林道を歩いて赤岳山荘の駐車場到着6:01

林道は凍結

林道は凍結

林道は凍結

美濃戸山荘前 6:07

美濃戸山荘前 6:07

美濃戸山荘前 6:07

南沢方面へ

南沢方面へ

南沢方面へ

美濃戸山荘は冬季閉鎖

美濃戸山荘は冬季閉鎖

美濃戸山荘は冬季閉鎖

南沢ルート中盤

南沢ルート中盤

南沢ルート中盤

昨夜はうっすらと積雪あり

昨夜はうっすらと積雪あり

昨夜はうっすらと積雪あり

赤岳が見えました

赤岳が見えました

赤岳が見えました

赤岳、横岳が見えてもうすぐ行者小屋

赤岳、横岳が見えてもうすぐ行者小屋

赤岳、横岳が見えてもうすぐ行者小屋

行者小屋到着 8:15、冬季閉鎖

行者小屋到着 8:15、冬季閉鎖

行者小屋到着 8:15、冬季閉鎖

阿弥陀岳に朝日が当たりきれい

阿弥陀岳に朝日が当たりきれい

阿弥陀岳に朝日が当たりきれい

赤岳はまだ朝日当たらず

赤岳はまだ朝日当たらず

赤岳はまだ朝日当たらず

テント数張り

テント数張り

テント数張り

この時は晴れていて良かったが…

この時は晴れていて良かったが…

この時は晴れていて良かったが…

横岳方面

横岳方面

横岳方面

アイゼンとピッケルに交換。地蔵尾根ルートに踏み跡があるのでこちらから赤岳へ

アイゼンとピッケルに交換。地蔵尾根ルートに踏み跡があるのでこちらから赤岳へ

アイゼンとピッケルに交換。地蔵尾根ルートに踏み跡があるのでこちらから赤岳へ

アイゼンとピッケルを効かせて地蔵尾根を登る

アイゼンとピッケルを効かせて地蔵尾根を登る

アイゼンとピッケルを効かせて地蔵尾根を登る

踏み跡少なめ

踏み跡少なめ

踏み跡少なめ

硫黄岳がチラッと

硫黄岳がチラッと

硫黄岳がチラッと

森林限界越えると斜度きつく、前爪効かせて登る

森林限界越えると斜度きつく、前爪効かせて登る

森林限界越えると斜度きつく、前爪効かせて登る

樹氷がきれい

樹氷がきれい

樹氷がきれい

阿弥陀岳まだ見えてる

阿弥陀岳まだ見えてる

阿弥陀岳まだ見えてる

姿が見えない2人の踏み跡頼りに進む

姿が見えない2人の踏み跡頼りに進む

姿が見えない2人の踏み跡頼りに進む

地蔵尾根後半

地蔵尾根後半

地蔵尾根後半

最後の急登、先を行く2人の姿確認

最後の急登、先を行く2人の姿確認

最後の急登、先を行く2人の姿確認

風はなく穏やか

風はなく穏やか

風はなく穏やか

だいぶ疲れるがあとちょと

だいぶ疲れるがあとちょと

だいぶ疲れるがあとちょと

地蔵ノ頭到着 9:19
えびの尻尾がたくさんきれいに付いてる

地蔵ノ頭到着 9:19 えびの尻尾がたくさんきれいに付いてる

地蔵ノ頭到着 9:19 えびの尻尾がたくさんきれいに付いてる

ここから強風にさらされる

ここから強風にさらされる

ここから強風にさらされる

横岳方面

横岳方面

横岳方面

地蔵尾根を下から上がって来る人

地蔵尾根を下から上がって来る人

地蔵尾根を下から上がって来る人

赤岳方面と天望荘
この辺り暴風スポット

赤岳方面と天望荘 この辺り暴風スポット

赤岳方面と天望荘 この辺り暴風スポット

赤岳北峰到着 9:53

赤岳北峰到着 9:53

赤岳北峰到着 9:53

赤岳山頂は晴れてます

赤岳山頂は晴れてます

赤岳山頂は晴れてます

北八ヶ岳方面

北八ヶ岳方面

北八ヶ岳方面

硫黄岳

硫黄岳

硫黄岳

到着!!

到着!!

到着!!

赤岳山頂 10:00 、後方に富士🗻がチラッと

赤岳山頂 10:00 、後方に富士🗻がチラッと

赤岳山頂 10:00 、後方に富士🗻がチラッと

地蔵ノ頭からはかなりの強風でした

地蔵ノ頭からはかなりの強風でした

地蔵ノ頭からはかなりの強風でした

晴れたりガスったり

晴れたりガスったり

晴れたりガスったり

マイナス6℃だが風が強く長居は無理

マイナス6℃だが風が強く長居は無理

マイナス6℃だが風が強く長居は無理

降ります

降ります

降ります

岩場もしっかり雪があり歩きやすい

岩場もしっかり雪があり歩きやすい

岩場もしっかり雪があり歩きやすい

権現岳方面は踏み跡なし

権現岳方面は踏み跡なし

権現岳方面は踏み跡なし

下はガスってます

下はガスってます

下はガスってます

文三郎道への分岐が下方に

文三郎道への分岐が下方に

文三郎道への分岐が下方に

中岳方面

中岳方面

中岳方面

振り返っての赤岳

振り返っての赤岳

振り返っての赤岳

この辺りは雪が飛ばされ、凍ってる

この辺りは雪が飛ばされ、凍ってる

この辺りは雪が飛ばされ、凍ってる

下は穏やかそう

下は穏やかそう

下は穏やかそう

文三郎道を二人登ってくる

文三郎道を二人登ってくる

文三郎道を二人登ってくる

私は分岐から阿弥陀岳方面へ。踏み跡は一つのみ。
中岳は夏道と異なり、崩れやすい積雪。踏み外さないように慎重に越えました。

私は分岐から阿弥陀岳方面へ。踏み跡は一つのみ。 中岳は夏道と異なり、崩れやすい積雪。踏み外さないように慎重に越えました。

私は分岐から阿弥陀岳方面へ。踏み跡は一つのみ。 中岳は夏道と異なり、崩れやすい積雪。踏み外さないように慎重に越えました。

中岳を越えて行者小屋への分岐。でもそちらは踏み跡なし。

中岳を越えて行者小屋への分岐。でもそちらは踏み跡なし。

中岳を越えて行者小屋への分岐。でもそちらは踏み跡なし。

阿弥陀岳方面。上はガスってるが、お一人の踏み跡頼りに進むことに。

阿弥陀岳方面。上はガスってるが、お一人の踏み跡頼りに進むことに。

阿弥陀岳方面。上はガスってるが、お一人の踏み跡頼りに進むことに。

まずは上に見える梯子を目指す

まずは上に見える梯子を目指す

まずは上に見える梯子を目指す

心強い踏み跡が続く、とてもありがたい。この後は崩れやすい積雪の急斜面の連続で写真撮る余裕なし。

心強い踏み跡が続く、とてもありがたい。この後は崩れやすい積雪の急斜面の連続で写真撮る余裕なし。

心強い踏み跡が続く、とてもありがたい。この後は崩れやすい積雪の急斜面の連続で写真撮る余裕なし。

阿弥陀岳山頂到着 11:27
この登り30分が一番きつかったです。急なエリアは止まると足場が崩れていくので休めず、次の安全エリアまで進むの繰り返し。

阿弥陀岳山頂到着 11:27 この登り30分が一番きつかったです。急なエリアは止まると足場が崩れていくので休めず、次の安全エリアまで進むの繰り返し。

阿弥陀岳山頂到着 11:27 この登り30分が一番きつかったです。急なエリアは止まると足場が崩れていくので休めず、次の安全エリアまで進むの繰り返し。

視界はなし。。。

視界はなし。。。

視界はなし。。。

御小屋尾根からの登山者に写真撮ってもらいました

御小屋尾根からの登山者に写真撮ってもらいました

御小屋尾根からの登山者に写真撮ってもらいました

アイゼン大活躍でした

アイゼン大活躍でした

アイゼン大活躍でした

マイナス5℃

マイナス5℃

マイナス5℃

美濃戸口方面へ下ります

美濃戸口方面へ下ります

美濃戸口方面へ下ります

御小屋尾根、雪が沢山あり下りやすい

御小屋尾根、雪が沢山あり下りやすい

御小屋尾根、雪が沢山あり下りやすい

たくさん踏み跡あり

たくさん踏み跡あり

たくさん踏み跡あり

樹林帯まで降りてきました

樹林帯まで降りてきました

樹林帯まで降りてきました

南アルプスが少しみえた

南アルプスが少しみえた

南アルプスが少しみえた

この辺りからは温かい感じ

この辺りからは温かい感じ

この辺りからは温かい感じ

展望台 12:09

展望台 12:09

展望台 12:09

のどかな感じ。人もいない。

のどかな感じ。人もいない。

のどかな感じ。人もいない。

御小屋山 12:54

御小屋山 12:54

御小屋山 12:54

雪が急に少なくなる

雪が急に少なくなる

雪が急に少なくなる

日焼けしそうな天気になる

日焼けしそうな天気になる

日焼けしそうな天気になる

14:00に下山。八ヶ岳山荘でコーヒー頂きました☕︎ 充実感♬

14:00に下山。八ヶ岳山荘でコーヒー頂きました☕︎ 充実感♬

14:00に下山。八ヶ岳山荘でコーヒー頂きました☕︎ 充実感♬

下山後、鹿の湯へ

下山後、鹿の湯へ

下山後、鹿の湯へ

朝の八ヶ岳山荘。前日23:30に到着し、仮眠室@2,000で4:30まで仮眠とりました。

5時に出発、暗闇の中、林道を歩いて赤岳山荘の駐車場到着6:01

林道は凍結

美濃戸山荘前 6:07

南沢方面へ

美濃戸山荘は冬季閉鎖

南沢ルート中盤

昨夜はうっすらと積雪あり

赤岳が見えました

赤岳、横岳が見えてもうすぐ行者小屋

行者小屋到着 8:15、冬季閉鎖

阿弥陀岳に朝日が当たりきれい

赤岳はまだ朝日当たらず

テント数張り

この時は晴れていて良かったが…

横岳方面

アイゼンとピッケルに交換。地蔵尾根ルートに踏み跡があるのでこちらから赤岳へ

アイゼンとピッケルを効かせて地蔵尾根を登る

踏み跡少なめ

硫黄岳がチラッと

森林限界越えると斜度きつく、前爪効かせて登る

樹氷がきれい

阿弥陀岳まだ見えてる

姿が見えない2人の踏み跡頼りに進む

地蔵尾根後半

最後の急登、先を行く2人の姿確認

風はなく穏やか

だいぶ疲れるがあとちょと

地蔵ノ頭到着 9:19 えびの尻尾がたくさんきれいに付いてる

ここから強風にさらされる

横岳方面

地蔵尾根を下から上がって来る人

赤岳方面と天望荘 この辺り暴風スポット

赤岳北峰到着 9:53

赤岳山頂は晴れてます

北八ヶ岳方面

硫黄岳

到着!!

赤岳山頂 10:00 、後方に富士🗻がチラッと

地蔵ノ頭からはかなりの強風でした

晴れたりガスったり

マイナス6℃だが風が強く長居は無理

降ります

岩場もしっかり雪があり歩きやすい

権現岳方面は踏み跡なし

下はガスってます

文三郎道への分岐が下方に

中岳方面

振り返っての赤岳

この辺りは雪が飛ばされ、凍ってる

下は穏やかそう

文三郎道を二人登ってくる

私は分岐から阿弥陀岳方面へ。踏み跡は一つのみ。 中岳は夏道と異なり、崩れやすい積雪。踏み外さないように慎重に越えました。

中岳を越えて行者小屋への分岐。でもそちらは踏み跡なし。

阿弥陀岳方面。上はガスってるが、お一人の踏み跡頼りに進むことに。

まずは上に見える梯子を目指す

心強い踏み跡が続く、とてもありがたい。この後は崩れやすい積雪の急斜面の連続で写真撮る余裕なし。

阿弥陀岳山頂到着 11:27 この登り30分が一番きつかったです。急なエリアは止まると足場が崩れていくので休めず、次の安全エリアまで進むの繰り返し。

視界はなし。。。

御小屋尾根からの登山者に写真撮ってもらいました

アイゼン大活躍でした

マイナス5℃

美濃戸口方面へ下ります

御小屋尾根、雪が沢山あり下りやすい

たくさん踏み跡あり

樹林帯まで降りてきました

南アルプスが少しみえた

この辺りからは温かい感じ

展望台 12:09

のどかな感じ。人もいない。

御小屋山 12:54

雪が急に少なくなる

日焼けしそうな天気になる

14:00に下山。八ヶ岳山荘でコーヒー頂きました☕︎ 充実感♬

下山後、鹿の湯へ