虚空蔵山(虚空蔵岳)・川棚のマッターホルン

2024.02.17(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 29
休憩時間
16
距離
1.9 km
のぼり / くだり
297 / 306 m

活動詳細

すべて見る

佐世保から川棚に自動車で来ると、少し傾いた、まさに川棚のマッターホルンが見える。 今回は、個人的には虚空蔵山の周回コース 尾根にこだわってみましたバージョン 単に、木場登山口の行きの冒険コースと帰りの旧道コースを周回しただけ。 高速道路を東彼杵で降り、嬉野温泉方向に向かい、林道を通って、木場登山口を目指す。 ある程度整備してあるが、イノシシ🐗に注意⚠️が必要である。 林道を使うと、岩屋口登山口と木場登山口を通過出来る。 木場登山口の駐車場に自動車を停め、登山準備をする。 駐車場は10台程度は充分に駐車でき、トイレもあるため、よく利用する。 9:40頃に木場登山口を出発する。 登山道は急勾配ながら、よく整備されている。 登りは鎖場の多い冒険コースを選択する。 しかし、どちらも険しいことには間違いない。 冒険コースは尾根筋を登る変化の多い登山道で、飽きがこない。 頂上直下で、岩屋口と木場、そして、嬉野コースと合流する。 ここから、一般道以外を通って頂上に到達する。 まぁ、なかなか楽しかった。 頂上は天気が良く、見晴らしが素晴らしい。 佐世保方向、佐賀方向、大村方向とも見飽きない。 帰りも同じルートをとる。 土曜日で、天気が良いため、登山客も多い。 良い一日でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。