快晴!@天狗岳(唐沢鉱泉よりピストン)

2019.01.14(月) 日帰り Yamanashi, Nagano
みややす
みややす

活動データ

タイム

06:55

距離

10km

上り

835m

下り

803m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

三連休の最終日、この日も天気予報は晴れだったので急遽雪山ハイクに行く事にしました。 当初の予定は根子岳でしたが、上信越道を走っている時菅平方面には怪しい雲が。そして八ヶ岳方面を見ると雲ひとつない天気。急遽行き先変更の相談、そしてハンドルを左に切り八ヶ岳方面へ。同行者(さくなのさん)の希望もあり天狗岳の登山口でもある唐沢鉱泉へ車を走らせました。 二日前の山行の疲れもあったので比較的なだらかな黒百合ヒュッテ経由の東、西天狗のピストンのコースを歩く事にしました。 終日快晴微風で穏やかな天候のもと、ノンビリと八ヶ岳の絶景を楽しむ事ができました。 天狗へ行く時の晴天率はあまりよくありませんでしたが(豪雨のために携帯を水没させた暗い過去あり)この日はベストに近い天候でまた近いうちにリピート決定です。 ⚫︎駐車場と路面 唐沢鉱泉手前の駐車場(キャパ約20台)にギリギリ停める事ができました(午前9時前) 駐車場手前数百メートルまでは路面に積雪ありませんでしたが、冬タイヤなどの装備必須です。 ⚫︎今回のコース概要(唐沢鉱泉からピストン) 唐沢鉱泉〜黒百合平(ヒュッテ) なだらかな登りを歩きます。雪はさほど積もっていませんでした。ゴツゴツした岩も雪で隠れてむしろ夏道より歩きやすいかも。この区間はチェーンスパイクにて歩きました。 黒百合平〜中山峠〜東天狗岳 黒百合ヒュッテよりアイゼンを履きました。 前半は岩とのミックス、その後は前歯を蹴り込みながらゆっくり登ります。雪は締まっていたのであるきやすかったです。分岐を超えると再びゴツゴツした岩の上を歩きます。 東天狗岳〜西天狗岳 南八ヶ岳の山々を見ながら約20分、山頂からは360viewの大展望。

唐沢鉱泉からスタート。いつもの山行よりだいぶノンビリです。
今回は黒百合ヒュッテ経由で東天狗、西天狗岳へ。
しばらくなだらかな樹林帯をひたすら歩きます。黒百合ヒュッテまでは眺望なしです。
渋の湯との分岐に到着。
空は晴れて青い。
だんだん空が開けてきました。
黒百合ヒュッテに到着。
太陽が眩しい。
約半年ぶりの黒百合ヒュッテです。ベンチを借りて一休みします。
今朝コンビニで買った行動食。しばらくハマりそう。
テン場には数張のテント。
休憩後、東天狗岳に向かいます。
中山峠に到着。ここから東天狗岳への登りが始まります。
しばらく登ると視界が開けて東天狗岳の山頂が。
奥秩父方面
東天狗岳と西天狗岳
浅間方面も雲がかかっています
南ア方面はスッキリした空
御嶽山
北アルプス
蓼科山はあまり雪ぐ付いていない模様です。
浅間方面は雲がかかっています
東天狗岳の分岐
東天狗岳の山頂標識が見えました。もう少し。
東天狗岳に到着
南八ヶ岳の山々がどーん!
蓼科山
西天狗岳とその向こうに御嶽山
東天狗を見上げる。空が蒼い。八ヶ岳ブルー
東天狗岳と西天狗岳の鞍部より。
東天狗岳
西天狗岳の山頂。ここでもノンビリ休憩です。
御嶽山アップ
そろそろ下山します。今回は周回ではなく来た道を戻ります。
下山の前に権現岳のアップ
こちらは北横岳と蓼科山、向こうに北アルプス。黒百合ヒュッテが眼下に見えます。
黒百合ヒュッテまで戻ってきました。
黒百合ヒュッテの食事営業時間は午後3時、ギリギリセーフで間に合いました。スタッフの方々がとても親切でした。
午前中に賑やかだったテント場も今日は1張のみです。
閑散とした小屋前。登山者は誰もいません。私たちのパーティが最後みたいです。
前回来た時はなかったソーラーパネル。さて、下山開始です。
黒百合ヒュッテから約1時間で下山です。
お疲れ様でした。この後唐沢鉱泉にて汗を流してから帰宅の途につきました。

メンバー

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。