荒船山(経塚山)・相沢氷瀑

2024.02.11(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:07

距離

10.2km

のぼり

1179m

くだり

1180m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 7
休憩時間
1 時間 38
距離
10.2 km
のぼり / くだり
1179 / 1180 m
2 58
54
55

活動詳細

すべて見る

週の初めに関東でも積雪するくらいの雪が降り、以前から荒船山が積雪したら、あの台地をスノートレッキングしたら気持ちいいだろうなと思っていて、天候も良い今週末がベストタイミングと見て行ってきました。 荒船山は2回目で、前回は内山峠から登りましたが、今回は厳冬期にはアイスクライミングのスポットになる相沢氷瀑を見るために相沢登山口から登りました。 氷瀑はなかなかの迫力で、たくさんの方がアイスクライミングをしていました。あれは怖そうですねー。私はとてもじゃないが無理そう。 登山道は南側の斜面では雪が溶けてる場所もありましたがおおむね雪が付いていて、台地直前の急登あたりはかなり雪があり、アイゼンじゃないと厳しいほどでしっかり雪山登山が楽しめました。(下山時は、相沢氷瀑との分岐から下はかなり溶けていてドロドロになってました) 台地部分は狙い通りの積雪で、スノートレッキングをするのに最高の舞台です。艫岩あたりは霧氷も綺麗でした。 経塚山まではトレースがあるのでアイゼンなしでも歩けそうでしたが、せっかくなのでワカンで歩きました。経塚山への登りは、霧氷の氷が落ちてサラサラでパウダースノーのようでした。 雪山登山とスノートレッキング両方が楽しめた荒船山、やっぱり楽しい山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。