イノ洞・東洞岳 続ぎふ百山編

2024.02.11(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 22
休憩時間
40
距離
6.2 km
のぼり / くだり
519 / 528 m
56
55
56

活動詳細

すべて見る

続ぎふ百山めぐりの旅(郡上地区)日帰り 1座目は「東洞岳」 皆さんのレポにあるこもれびロードの相谷トンネル南側入り口スペースに駐車しました。 午前6時、気温-4度、寒い。少し明るくなるのを待って、6時半前にスタート。 少し林道を歩き、イノ洞への尾根取付きから入山しましたが、急斜面がカチカチに凍り付いていました。 チェンスパイクを付けたものの、斜面の途中で危険を感じて、アイゼンを取りに車に戻りました。この間、約1時間のログは切り取りました。 再スタート、アイゼンの歯が良く効いて、急斜面もグイグイ登れました。 尾根上には鹿の足跡と大量のフンがありました。 イノ洞までの急斜面はアイゼンを付けたまま歩きました。 イノ洞では、あの山名板が「ない!」。針金だけが無残に残っていました。 付近の雪をどけながら探しましたが、目付けられませんでした。 山名板目当ての方は、雪解けまでお預けですね。 イノ洞からチェンスパイクに変えて、東洞岳を目指しました。 尾根上にはp1080まで、柵の残骸が続いていました。 p1080で雪上に初の靴跡を発見し、東洞岳に向けて往復付いていました。 靴跡をたどり、東洞岳に着き、無事に山頂出来ました。 帰路は、少し戻って東に向かう尾根からおりましたが、廃林道に降りるポイントから北側に降りる急傾斜がカチカチに凍っていました。 アイゼン使うか迷いながら、チェーンスパイクだけで何とか降りましたが、落ちたらアカン所です。 廃林道に出たら、p1080からの尾根で見た靴跡が付いていました。 この靴跡の方は、この廃林道からp1080を経由して高洞岳をピストンされたようです。 駐車地点に戻り、2座目の「和良岳」へ向かいました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。