入笠山スノーシューハイク~ヒュッテ入笠(旧マナスル山荘本館)に泊まる

2024.02.10(土) 2 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 56
休憩時間
1 時間 57
距離
9.5 km
のぼり / くだり
733 / 399 m
DAY 2
合計時間
50
休憩時間
0
距離
2.7 km
のぼり / くだり
29 / 358 m

活動詳細

すべて見る

今週初めに降雪があったので、美しい雪景色を期待して入笠山へ。天候もよく、快適なスノーシューハイキングを楽しめました。スノーシューはヒュッテ宿泊者は無料で借りられます。 沢入登山口(駐車場)を出発。時間もたっぷりあるので、富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅まで寄り道しました。迷走したわけではありませんよ。入笠湿原、ヒュッテ入笠までは手持ちの6本爪アイゼンで、ヒュッテから先は借りたスノーシューで、入笠山山頂を経て大阿原(おおあはら)湿原まで足を延ばします。この湿原まで来る人は少ないので本当に静か。おすすめです。 ヒュッテ入笠は、入笠山の施設であることがわかるようするなどの理由で2023年4月から改名。 一度、宿泊してみたかった宿でした。天体観測機材の貸出品が充実しています。ポータブル赤道儀まで置いてあって、すばらしい。その晩、その機材で超有名なメーカーの社長さんがプライベートで宿泊されていて、それもビックリ。 2800円を追加すると4時間飲み放題になるメニューがあって感激。生ビール、ハイボール、焼酎、日本酒をたっぷりいただきました。 【最後の写真:路面凍結箇所】厳冬期です。沢入登山口までの路面は積雪は少ないものの一部凍結。複数台の車がスタックしていました。運転要注意です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。