平賀源心で始まったので所縁の城を最後に訪ねて見ようと思い平賀城に行って見ました。 平賀城の歴史は、かなり古く平安時代の元曆元年に平賀義信が築城したと伝えられ佐久地方での最古の城と言われています。 平賀氏は、源義光の子息の盛義が平賀邑に居住したことが始まりといわれ甲斐武田氏とは同族でした。鎌倉時代の初期には、御家人筆頭と非常に重く用いられました。北条氏が執権になるに及び力は、衰え承久の乱で後鳥羽上皇に加担したため没落したそうです。 その後平賀城は、信濃源氏小笠原氏一族の岩村田大井氏の統治下になり大井氏の一族が平賀氏を名乗る様になり平賀源心に至ります。 城は、大林寺と言うお寺の裏山になり切り立った山頂付近に三の郭・二の郭・本郭と連郭式にならび下を見ると腰郭が4~5段位みえました。

石塁

石塁

平賀城址碑と説明板

平賀城址碑と説明板

平賀城址碑と説明板

三の郭

三の郭

三の郭

二の郭

二の郭

二の郭

東屋あり

東屋あり

東屋あり

本郭

本郭

本郭

搦手曲輪

搦手曲輪

搦手曲輪

麓に向かって段郭…5段位?

麓に向かって段郭…5段位?

麓に向かって段郭…5段位?

平賀城址碑

平賀城址碑

平賀城址碑

遠くに浅間山が…

遠くに浅間山が…

遠くに浅間山が…

大林寺砦は、雑木林

大林寺砦は、雑木林

大林寺砦は、雑木林

石塁

平賀城址碑と説明板

三の郭

二の郭

東屋あり

本郭

搦手曲輪

麓に向かって段郭…5段位?

平賀城址碑

遠くに浅間山が…

大林寺砦は、雑木林