大山(弥山)

2024.02.03(土) 日帰り

活動データ

タイム

07:31

距離

7.0km

のぼり

983m

くだり

993m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 31
休憩時間
1 時間 53
距離
7.0 km
のぼり / くだり
983 / 993 m

活動詳細

すべて見る

スタート時、南光河原ではガスに隠れて頂上付近は全く見えませんでした。 今日は二人です。気持ち的に安心かな。 先々週、一人で登りましたが、六合目で雨に降られ断念ました。 先週は、行者谷から登ったのですが、ラッセルに近い状態で最後の登りで断念しました。 友人は七合目まで行きましたが、ブリザードで引き返したそうです。 さて本題ですが、今回は私が前でスタートしましたが三合目でもうダウン。先頭を変わりました。そしていつもの如く先に行って!と ドンドン先に、私は置いていかれます。そして何人もの人に抜かれました。 五合目辺りで青空が見え隠れしていました。 これは期待できるな。大山ブルー! 六合目で友人は待ってくれていましたが、すでにアイゼンも履いて準備万端。いいよ、先に行って。1時間も待って来なかったら自分時間で動いてくれ。そう伝えました。 私は軽く食料を食べ、アイゼンを履きました。 30分弱でしょうか。少し元気が出ました。 雪は少ない印象です。さあ、行こう! 途中までストックで登りました。ピッケルの必要性を感じなかったからです。 さすがに八合目あたりかな、⛏️を出しました。晴天ではないものの、風がほとんどなくて荒々しい北壁の様子、別山などに取り憑いて登るパーティを見ながら感心して一歩一歩進みました。 やっと木道。一月にブリザードで視界がなく引き返したところです。 楽しんで歩を進めました。避難小屋近くに友人を発見!手を挙げて来たぞと合図しました。 頂上碑、三角点?まで行きました。 昼飯を食べて降りました。 途中で右足中指が痛くなって、降りてから見たら靴紐が取れていました。下の前にその辺も確認しないといけませんね。友人は両靴とも解けていました。 大山ブルーはあまり見れませんでしたが、北壁へと流れ落ちるガスの動きがとても綺麗でした。 今シーズンはもう一度行けるかな!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。