金立町、神埼市低山巡りの旅

2024.02.03(土) 日帰り

鳥栖市より西側へ、低山巡りの旅第4弾ですが、今回は高速金立(金立SA)より金立町、神埼市の低山巡りを行いました。😀 今日は午後から雨予報なので、少し軽めの内容にし、雨が降る前に終われば良いと甘い考えを持っていましたが、見事に裏切られて、靴がずぶ濡れ になってしまいました。まあー覚悟はしていましたが。😓 ルートは正現岳 、大門山経由して久々の金立山へ行き鈴隈山 →帯隈山 → 天童山 →茶臼隈山 →日の隈山 →城山→高速神埼 鈴隈山 の下山道、帯隈山 、天童山は倒竹の薮に随分と苦労しました。💦 帰りは高速神埼で高速バスで帰りました。 お疲れ山でした。🤗

高速金立で下車して、ここよりスタートします。

高速金立で下車して、ここよりスタートします。

高速金立で下車して、ここよりスタートします。

学生が沢山歩いています。

学生が沢山歩いています。

学生が沢山歩いています。

金立山の登山口です。

金立山の登山口です。

金立山の登山口です。

まずはトイレによっておきましょう。

まずはトイレによっておきましょう。

まずはトイレによっておきましょう。

このベンチの裏から行きます。

このベンチの裏から行きます。

このベンチの裏から行きます。

整備されていて、通りやすい道です。

整備されていて、通りやすい道です。

整備されていて、通りやすい道です。

祠がありました。

祠がありました。

祠がありました。

展望デッキかな。

展望デッキかな。

展望デッキかな。

ちょっとだけ展望が見えました。

ちょっとだけ展望が見えました。

ちょっとだけ展望が見えました。

通りやすい道が続きます。

通りやすい道が続きます。

通りやすい道が続きます。

正現岳の山頂の様子。

正現岳の山頂の様子。

正現岳の山頂の様子。

正現岳に到着!
展望なし

正現岳に到着! 展望なし

正現岳に到着! 展望なし

印を追いかけて行きます。

印を追いかけて行きます。

印を追いかけて行きます。

印はずっとあります。

印はずっとあります。

印はずっとあります。

大門山の山頂の様子。

大門山の山頂の様子。

大門山の山頂の様子。

大門山に到着!
展望なし。

大門山に到着! 展望なし。

大門山に到着! 展望なし。

舗装道路に出て来ました。

舗装道路に出て来ました。

舗装道路に出て来ました。

山頂下の広場からの景色

山頂下の広場からの景色

山頂下の広場からの景色

金立山までもう少し

金立山までもう少し

金立山までもう少し

金立山の山頂の様子

金立山の山頂の様子

金立山の山頂の様子

金立山に到着!

金立山に到着!

金立山に到着!

下山路は快適です。

下山路は快適です。

下山路は快適です。

たまに展望があります。

たまに展望があります。

たまに展望があります。

たまにあるベンチで休みたいが先に進みます。

たまにあるベンチで休みたいが先に進みます。

たまにあるベンチで休みたいが先に進みます。

少し展望がありました。

少し展望がありました。

少し展望がありました。

幸せのベンチ

幸せのベンチ

幸せのベンチ

幸せのベンチより

幸せのベンチより

幸せのベンチより

通りやすい道が続きます。

通りやすい道が続きます。

通りやすい道が続きます。

ここに出てきました。
立ち入り禁止?

ここに出てきました。 立ち入り禁止?

ここに出てきました。 立ち入り禁止?

暫くは広い道が続きます。

暫くは広い道が続きます。

暫くは広い道が続きます。

たまに展望

たまに展望

たまに展望

梅の花が咲いていました。

梅の花が咲いていました。

梅の花が咲いていました。

分岐点です。
この道を上がっていきます。

分岐点です。 この道を上がっていきます。

分岐点です。 この道を上がっていきます。

立ち入り禁止?
ここまで来て引き返す事はできません。

立ち入り禁止? ここまで来て引き返す事はできません。

立ち入り禁止? ここまで来て引き返す事はできません。

先人者の軌跡を頼りに尾根に上がりましたが、この有り様

先人者の軌跡を頼りに尾根に上がりましたが、この有り様

先人者の軌跡を頼りに尾根に上がりましたが、この有り様

結局、道沿いに歩いて来れば良かったようです。
とりあえず行ける所まで行きます。

結局、道沿いに歩いて来れば良かったようです。 とりあえず行ける所まで行きます。

結局、道沿いに歩いて来れば良かったようです。 とりあえず行ける所まで行きます。

そうか。
法面の工事中で立ち入り禁止になっていたようです。

そうか。 法面の工事中で立ち入り禁止になっていたようです。

そうか。 法面の工事中で立ち入り禁止になっていたようです。

とりあえずいい展望です。

とりあえずいい展望です。

とりあえずいい展望です。

三角点があるから、この辺が鈴隈山の様です。

三角点があるから、この辺が鈴隈山の様です。

三角点があるから、この辺が鈴隈山の様です。

工事用の階段を行ける所まで行きます。

工事用の階段を行ける所まで行きます。

工事用の階段を行ける所まで行きます。

この辺りから竹薮に突入します。

この辺りから竹薮に突入します。

この辺りから竹薮に突入します。

まだこの辺は行きやすい方かな。

まだこの辺は行きやすい方かな。

まだこの辺は行きやすい方かな。

ちょっと竹薮に苦労しながら、柵を越えたりして何とか通過しました。

ちょっと竹薮に苦労しながら、柵を越えたりして何とか通過しました。

ちょっと竹薮に苦労しながら、柵を越えたりして何とか通過しました。

ここで県道に合流します。

ここで県道に合流します。

ここで県道に合流します。

そろそろ登山道ぽくなってきました。

そろそろ登山道ぽくなってきました。

そろそろ登山道ぽくなってきました。

池が見えてきました。
あの池の向こうの山が帯隈山かな。
いざご覚悟を!

池が見えてきました。 あの池の向こうの山が帯隈山かな。 いざご覚悟を!

池が見えてきました。 あの池の向こうの山が帯隈山かな。 いざご覚悟を!

記念碑より左に行きます。

記念碑より左に行きます。

記念碑より左に行きます。

最初は道があってルンルンですが。

最初は道があってルンルンですが。

最初は道があってルンルンですが。

この辺りからご覧の通り。

この辺りからご覧の通り。

この辺りからご覧の通り。

ちょっとずつ通りやすくなってきました。

ちょっとずつ通りやすくなってきました。

ちょっとずつ通りやすくなってきました。

ここまで来れば通りやすいか急登

ここまで来れば通りやすいか急登

ここまで来れば通りやすいか急登

帯隈山の山頂の様子。

帯隈山の山頂の様子。

帯隈山の山頂の様子。

帯隈山に到着!

帯隈山に到着!

帯隈山に到着!

下山道も厳しいです。

下山道も厳しいです。

下山道も厳しいです。

もおー最悪。

もおー最悪。

もおー最悪。

たまにある瓶が気になる。

たまにある瓶が気になる。

たまにある瓶が気になる。

こちらにも。

こちらにも。

こちらにも。

ちょっとずつ開けて来ました。

ちょっとずつ開けて来ました。

ちょっとずつ開けて来ました。

やっと普通の道にでれました。

やっと普通の道にでれました。

やっと普通の道にでれました。

この印を信用していいのかな?
とりあえず行ってみる。

この印を信用していいのかな? とりあえず行ってみる。

この印を信用していいのかな? とりあえず行ってみる。

なかなか良い道です。

なかなか良い道です。

なかなか良い道です。

山頂前に水槽があります。

山頂前に水槽があります。

山頂前に水槽があります。

天童山の山頂の様子。

天童山の山頂の様子。

天童山の山頂の様子。

天童山に到着!

天童山に到着!

天童山に到着!

ちょっと下の方にも山頂マークが。

ちょっと下の方にも山頂マークが。

ちょっと下の方にも山頂マークが。

先人者の軌跡を辿ると柵があって行けませんでした。

先人者の軌跡を辿ると柵があって行けませんでした。

先人者の軌跡を辿ると柵があって行けませんでした。

こちらの道で行きます。

こちらの道で行きます。

こちらの道で行きます。

池に出てきました。

池に出てきました。

池に出てきました。

日の隈公園のグラウンドを横切っていきます。

日の隈公園のグラウンドを横切っていきます。

日の隈公園のグラウンドを横切っていきます。

これが登山口かな。

これが登山口かな。

これが登山口かな。

目印を追いかけて行きます。

目印を追いかけて行きます。

目印を追いかけて行きます。

茶臼山の山頂の様子。

茶臼山の山頂の様子。

茶臼山の山頂の様子。

茶臼山に到着!

茶臼山に到着!

茶臼山に到着!

日の隈山を目指します。

日の隈山を目指します。

日の隈山を目指します。

通りやすいです。

通りやすいです。

通りやすいです。

舗装道路に出て来ました。

舗装道路に出て来ました。

舗装道路に出て来ました。

日の隈山の山頂より

日の隈山の山頂より

日の隈山の山頂より

日の隈山の山頂より

日の隈山の山頂より

日の隈山の山頂より

城山への道

城山への道

城山への道

これより入っていく様です。

これより入っていく様です。

これより入っていく様です。

ここが登山口の様です。

ここが登山口の様です。

ここが登山口の様です。

整備されていて通りやすい道です。

整備されていて通りやすい道です。

整備されていて通りやすい道です。

途中の展望岩からの景色。

途中の展望岩からの景色。

途中の展望岩からの景色。

土塁跡のようです。

土塁跡のようです。

土塁跡のようです。

上まで来ると平らな土地が広がります。
この辺に城があったのかな。

上まで来ると平らな土地が広がります。 この辺に城があったのかな。

上まで来ると平らな土地が広がります。 この辺に城があったのかな。

ここは井戸跡のようです。

ここは井戸跡のようです。

ここは井戸跡のようです。

城山山頂の様子

城山山頂の様子

城山山頂の様子

城山に到着。

城山に到着。

城山に到着。

梅の花が綺麗です。

梅の花が綺麗です。

梅の花が綺麗です。

コンビニでななチキとビールを購入!
美味しかったー

コンビニでななチキとビールを購入! 美味しかったー

コンビニでななチキとビールを購入! 美味しかったー

高速神埼に到着!

高速神埼に到着!

高速神埼に到着!

天神まで帰ります。
お疲れ山でした。

天神まで帰ります。 お疲れ山でした。

天神まで帰ります。 お疲れ山でした。

高速金立で下車して、ここよりスタートします。

学生が沢山歩いています。

金立山の登山口です。

まずはトイレによっておきましょう。

このベンチの裏から行きます。

整備されていて、通りやすい道です。

祠がありました。

展望デッキかな。

ちょっとだけ展望が見えました。

通りやすい道が続きます。

正現岳の山頂の様子。

正現岳に到着! 展望なし

印を追いかけて行きます。

印はずっとあります。

大門山の山頂の様子。

大門山に到着! 展望なし。

舗装道路に出て来ました。

山頂下の広場からの景色

金立山までもう少し

金立山の山頂の様子

金立山に到着!

下山路は快適です。

たまに展望があります。

たまにあるベンチで休みたいが先に進みます。

少し展望がありました。

幸せのベンチ

幸せのベンチより

通りやすい道が続きます。

ここに出てきました。 立ち入り禁止?

暫くは広い道が続きます。

たまに展望

梅の花が咲いていました。

分岐点です。 この道を上がっていきます。

立ち入り禁止? ここまで来て引き返す事はできません。

先人者の軌跡を頼りに尾根に上がりましたが、この有り様

結局、道沿いに歩いて来れば良かったようです。 とりあえず行ける所まで行きます。

そうか。 法面の工事中で立ち入り禁止になっていたようです。

とりあえずいい展望です。

三角点があるから、この辺が鈴隈山の様です。

工事用の階段を行ける所まで行きます。

この辺りから竹薮に突入します。

まだこの辺は行きやすい方かな。

ちょっと竹薮に苦労しながら、柵を越えたりして何とか通過しました。

ここで県道に合流します。

そろそろ登山道ぽくなってきました。

池が見えてきました。 あの池の向こうの山が帯隈山かな。 いざご覚悟を!

記念碑より左に行きます。

最初は道があってルンルンですが。

この辺りからご覧の通り。

ちょっとずつ通りやすくなってきました。

ここまで来れば通りやすいか急登

帯隈山の山頂の様子。

帯隈山に到着!

下山道も厳しいです。

もおー最悪。

たまにある瓶が気になる。

こちらにも。

ちょっとずつ開けて来ました。

やっと普通の道にでれました。

この印を信用していいのかな? とりあえず行ってみる。

なかなか良い道です。

山頂前に水槽があります。

天童山の山頂の様子。

天童山に到着!

ちょっと下の方にも山頂マークが。

先人者の軌跡を辿ると柵があって行けませんでした。

こちらの道で行きます。

池に出てきました。

日の隈公園のグラウンドを横切っていきます。

これが登山口かな。

目印を追いかけて行きます。

茶臼山の山頂の様子。

茶臼山に到着!

日の隈山を目指します。

通りやすいです。

舗装道路に出て来ました。

日の隈山の山頂より

日の隈山の山頂より

城山への道

これより入っていく様です。

ここが登山口の様です。

整備されていて通りやすい道です。

途中の展望岩からの景色。

土塁跡のようです。

上まで来ると平らな土地が広がります。 この辺に城があったのかな。

ここは井戸跡のようです。

城山山頂の様子

城山に到着。

梅の花が綺麗です。

コンビニでななチキとビールを購入! 美味しかったー

高速神埼に到着!

天神まで帰ります。 お疲れ山でした。