東海自然歩道-14-<尾高高原、宇賀渓>(湯の山温泉~東藤原駅)

2016.02.29(月) 07:38 - 2016.02.29(月) 16:52
Shakagatake(Suzuka) (Mie, Shiga)
湯の山ロッジを出発した時点では、天気は曇りで少しも寒くなかった。天気予報は下り坂なので、なるべく早く朝明川の渡渉を済ませるべく歩いた。件の渡渉時にちょうど雨が降り出し、車道沿いのトイレの軒先で雨宿りした。薄陽もさしてきたので出発し、順調に車道歩きをこなす。 切畑を通過すると山道になり、同時に雨が降り始めた。福王山を回り込み標高を上げると風が唸り気温も下がってきた。八風牧場跡を通過する頃には、更に風が強くなり、雨にみぞれが混じり始めた。その後、標高を下げるとみぞれは混じらなくなったが雨が強くなり、堪らず水晶キャンプ場跡の炊事場で雨宿り。空も暗くあまり良い雰囲気ではない。 二十分ほど停滞し、雨が弱くなるのを待って出発。しばらくは単調な車道歩きが主体で趣がない。雨は大分収まったが気温が更に下がった。 集落を抜けてから振り返ると、山の高い部分が白くなっていた。みぞれから変わった雪が積もったらしい。藤原岳も当然白い姿を晒していた。 六時間くらい雨の中を歩いたことになったが、なかなか記憶に残るハイクとなった。 --ルートの状況-- ○湯の山大橋施工のため、希望荘まで県道と国道で迂回 ○希望荘~朝明渓谷(水無) 主に渓流沿いの山道。危険箇所や迷いやすい箇所は無い。朝明川の渡渉は飛び石を伝うが、一箇所飛び石が欠けているため足を川中に置かなければならない。この記録時はミドルカットの靴でギリギリ可能であったが、降雨後などは靴の浸水不可避と思われる。 ○朝明渓谷~切畑 車道と公園内遊歩道。危険箇所なし。標識もわかりやすい。 ○切畑~宇賀渓 山道。迷うような箇所や危険箇所はない。八風牧場跡付近は幅広の道。 ○宇賀渓~石榑 車道歩き。 ○石榑~青川 山道と細い車道。道標完備だが、青川峡入口の右折箇所では見つけられなかった。 ○青川~東藤原駅 車道歩き。道標完備。しかしながら、三岐鉄道を渡る(またはくぐる)箇所以降は、三重県発行のガイドマップと道標の示すコースが異なる。道標に従うと線路から離れた農道を折れながら遠回りすることになる。

写真

湯の山ロッジをスタート

湯の山ロッジをスタート

希望荘近くの人道管渠で自然歩道復帰

希望荘近くの人道管渠で自然歩道復帰

おおるりばし

おおるりばし

ここから山道

ここから山道

渓流をゆく

渓流をゆく

きれいな渓流

きれいな渓流

杉林のなかをゆく

杉林のなかをゆく

滑滝

滑滝

風越峠

風越峠

件の渡渉箇所

件の渡渉箇所

一旦、雨上がり

一旦、雨上がり

薄陽さす

薄陽さす

県民の森近く

県民の森近く

尾高観音

尾高観音

椿咲く春

椿咲く春

根の平

根の平

車道を行く

車道を行く

切畑バス停

切畑バス停

切畑のなだらかな棚田

切畑のなだらかな棚田

福王山を巻く

福王山を巻く

八風牧場跡

八風牧場跡

水晶キャンプ場跡で雨宿り中

水晶キャンプ場跡で雨宿り中

路傍の花

路傍の花

また山道を行く

また山道を行く

藤原岳

藤原岳

くぐる箇所

くぐる箇所

東藤原へ

東藤原へ

東藤原駅

東藤原駅

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。