東海自然歩道-16-<川原越>(西藤原駅~養老駅)

2016.03.02(水) 07:13 - 2016.03.02(水) 16:01

今回の旅で一番の懸案事項の川原越え。 川原から山道を登ると、標高が高ずるにつれて雪が多くなった。最高点(700mくらい)では約5cmの積雪だった。予想よりも積雪は少なく、結局スパッツは着けなかった。 川原越からの下りは、収集した情報の通り荒れた道であったが、所詮通行止めにならない程度である。人通りの少ない登山道レベルであろう。ただし、積雪時の木の階段の下りは恐ろしく滑る。 美濃津屋分岐以降は、収集した情報では迷いやすいとの事であったが、道標が整備されていて迷うことは無いと思う。ただ、アップダウンが多くて、距離の割に異常に疲れる。コースを設定した人は、なるべく集落を通らないルートを選定したのであろう。 --ルートの状況-- ○西藤原駅~東林寺 広い狭いはあるが車道歩き。道標完備。 ○東林寺~登奈井尾林道出合 至極整備状態の良い山道の遊歩道。悪評高い階段は樹脂製が多い。 ○登奈井尾林道出合~川原越 林道を歩いたのち作業道へ分岐、更に進むと山道になる。危険箇所なし。 ○川原越~美濃津屋分岐 峠直下の下りは、急傾斜で道が不明瞭。斜面からの落石や沢からの土石流堆積物で半ば埋没している。ルート不明瞭箇所は、木の階段の残骸やトラロープを伝うと迷わない。足元注意。落石注意。早く通過することが肝要。分岐に近づくほどに道の状態は良くなるが、時々急な道になる。 ○川原分岐~今熊谷 アップダウンを激しく繰り返す山道と林道。道標は完備されているが、見逃すと確実に迷う。時間がかかる割に距離が伸びない。 ○今熊谷~養老駅 山道と細い路地。アップダウンは穏やか。道標完備だが見逃すと迷うこと必至。

写真

朝日が染める

朝日が染める

藤原岳が白い

藤原岳が白い

道標と藤原岳

道標と藤原岳

谷の水田

谷の水田

舗装路を行く

舗装路を行く

変電所

変電所

養老山地へ向かう

養老山地へ向かう

川原集落へ

川原集落へ

川原分校跡

川原分校跡

東林寺白滝

東林寺白滝

山道へ

山道へ

雪はまだまだ

雪はまだまだ

うっすら

うっすら

自分だけの足跡

自分だけの足跡

林道と併走

林道と併走

四阿

四阿

下り

下り

登奈井尾林道

登奈井尾林道

川原越から遥か濃尾平野

川原越から遥か濃尾平野

落石と積雪が隠す

落石と積雪が隠す

急な階段滑る

急な階段滑る

大分落ち着いた道

大分落ち着いた道

美濃津屋分岐

美濃津屋分岐

四阿

四阿

濃尾平野

濃尾平野

落ち葉を歩く

落ち葉を歩く

瓢

水は無い

水は無い

赤岩神社

赤岩神社

蛙

梅

柑橘

柑橘

養老公園

養老公園

養老駅

養老駅

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合は 報告フォーム からご連絡ください。

まずはYAMAPと一緒に
出かけてみましょう

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
App Storeからダウンロード