中峠〜赤藪 竹田市

2024.01.30(火) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 33
休憩時間
1 時間 13
距離
4.5 km
のぼり / くだり
277 / 276 m
42
1 3
1 30

活動詳細

すべて見る

くじゅうの黒岳の東に延びる三尾筋に三つの峠がある。 2016年11月に上峠から三尾三角点まで歩いた。https://www.ooitanoyama.com/kamitouge.html その時に本峠も行ったので残す中峠はいつか!と思いつつ7年。今回らるさんの日記を参考に、赤藪にも立ち寄り宿題を終わらせた。ありがとうございます。

花牟礼山 広域農道からの取付き
広域農道からの取付き
花牟礼山 もう少し先まで車で行かれるが、雪が見えたのでここに駐める。
もう少し先まで車で行かれるが、雪が見えたのでここに駐める。
花牟礼山 立派な舗装道を歩く。風が冷たい
立派な舗装道を歩く。風が冷たい
花牟礼山 赤藪の取付きで舗装が終わる。帰りに体力があれば赤藪に立ち寄ろう
赤藪の取付きで舗装が終わる。帰りに体力があれば赤藪に立ち寄ろう
花牟礼山 まだ雪の残る土道
まだ雪の残る土道
花牟礼山 開けた
開けた
花牟礼山 前方に目指す稜線か?
前方に目指す稜線か?
花牟礼山 Y字分岐を右へ進んだが違った。林の中に入る
Y字分岐を右へ進んだが違った。林の中に入る
花牟礼山 杉林の中の道を進む
杉林の中の道を進む
花牟礼山 ヤマップの中峠に到着。右の尾根に取付いたが、イガイガだらけでやめた
ヤマップの中峠に到着。右の尾根に取付いたが、イガイガだらけでやめた
花牟礼山 地形図の破線を進むも道はなし
地形図の破線を進むも道はなし
花牟礼山 稜線を目指して登り返す
稜線を目指して登り返す
花牟礼山 稜線には防獣網。伐採帯の奥には遠く由布岳
稜線には防獣網。伐採帯の奥には遠く由布岳
花牟礼山 イガイガを避けながら稜線近くを進む
イガイガを避けながら稜線近くを進む
花牟礼山 広い林道に合流
広い林道に合流
花牟礼山 山頂が見えたので林道から山に取付く
山頂が見えたので林道から山に取付く
花牟礼山 なんだこれ?
G先生によるとマメザヤタケ(豆莢茸)らしい。気持ち悪いような可愛いような・・・
なんだこれ? G先生によるとマメザヤタケ(豆莢茸)らしい。気持ち悪いような可愛いような・・・
花牟礼山 ここを879mの中峠の山頂とする
ここを879mの中峠の山頂とする
花牟礼山 平治岳と大船山(右)
平治岳と大船山(右)
花牟礼山 7年前に三尾筋の三尾ピークの先から見た平治岳と大船山
7年前に三尾筋の三尾ピークの先から見た平治岳と大船山
花牟礼山 南へと下り始める所に図根点。山頂に戻って下山開始
南へと下り始める所に図根点。山頂に戻って下山開始
花牟礼山 山頂直下の林道は何処に続いているのだろう?
山頂直下の林道は何処に続いているのだろう?
花牟礼山 復路はずっと左手の稜線に付かず離れずで進む。トゲトゲもあるが、薄い踏み跡を辿る。
復路はずっと左手の稜線に付かず離れずで進む。トゲトゲもあるが、薄い踏み跡を辿る。
花牟礼山 ヤマップの中峠まで下りてきた
ヤマップの中峠まで下りてきた
花牟礼山 由布岳のネコ耳を見つけると何故だか嬉しい
由布岳のネコ耳を見つけると何故だか嬉しい
花牟礼山 赤藪の取付きまで戻り山頂に向かう
赤藪の取付きまで戻り山頂に向かう
花牟礼山 作業道が見えない程のカヤが茂る
作業道が見えない程のカヤが茂る
花牟礼山 ここから取り付いてみる
ここから取り付いてみる
花牟礼山 有刺鉄線があるのでここまで。赤藪の山頂とする。近くに四等三角点(赤藪 811.59m)があるはず
有刺鉄線があるのでここまで。赤藪の山頂とする。近くに四等三角点(赤藪 811.59m)があるはず
花牟礼山 山頂からの眺め。花牟礼山塊かなぁ?下山します
山頂からの眺め。花牟礼山塊かなぁ?下山します
花牟礼山 カヤと笹の間に時々トゲトゲ😫
カヤと笹の間に時々トゲトゲ😫
花牟礼山 ふぅ~取付きの舗装路が見えた
ふぅ~取付きの舗装路が見えた
花牟礼山 ひたすら舗装路を歩き宿題終了。無事に下山、ありがとうございました。
ひたすら舗装路を歩き宿題終了。無事に下山、ありがとうございました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。