五社山・中の沢~観察道、山展望~FEルート

2024.01.28(日) 日帰り

活動データ

タイム

04:12

距離

13.2km

のぼり

825m

くだり

823m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 12
休憩時間
19
距離
13.2 km
のぼり / くだり
825 / 823 m
17
22
1 2
7
8
17
16
56
20

活動詳細

すべて見る

CAUTION! 今回の日記は多少下品な話がでます! 苦手な方はブラウザバックで! 昨日松島オルレにカレーガチャ氏とお出かけした翌日。 なんか足んねぇよなぁ!?てことで五社山へ。 日中の五社山はやはり大人気。早速老紳士・マダムサークルの登り始めにかち合う。 お写真を撮りながらの山行のようで、流石にペースが違うと思い、お断りを入れつつ先に行かせてもらい、バックミラーから消しつつまずは展望広場に向かい参拝。 いつもの祈りを込めた後は無計画だったのでとりあえず1人で行ったことのない中の沢~観察道へ。 途中IKEAのジップに入った行動食を発見。獣たちに味を覚えさせては行けないと思い回収&処分することに。 観察道脇は沢がいい感じに流れており、やはり水は流れてれば流れてるほどいいなーと思いつつ再び展望広場近傍へ。 ここから笹尾根の逆回り、通称逆尾根に行くかも迷いましたがそこまでのモチベーションまで持っていくことが出来ず、とりあえずは吉道オブ吉道、三方塚を目指します。 ※吉道(よしみち):大変素晴らしく、これまでの疲れも取れるかのような良い道。また、そのさま。 流れでそのまま山展望まで行ったところ、今度は別の老紳士・マダムサークルが写真撮影中。 カメラマンを買ってでて撮影。 どうやらこの後は吉道を通り解散のご様子。 私も足が痛くなってきたので軽く休憩後に吉道を通り帰宅を考えていましたがこれでは道中にかち合ってしまうか。。。 丁度いい気もしたのでこのまま行ったことのないF・Eルート行ってみよう! Fルートはすんごい岩肌が見えている傾斜、つまるところのすんご岩を通り、沢の合流点まで降ります。 道中にはアルファベットルート名物、何らかのフンもありました。 その後はEルートへ。またまたアルファベットルート名物とりあえずの急傾斜を登り、Φ14mmくらいのワイヤーロープを尻目に進むとそこにはナ○シカ屈指の名シーンばりの黄金ロードが迎えます。 そういえば昨日のオルレの帰るという時に特大の便意に襲われ、早々に同伴者とお別れを告げトイレに駆け込みました。 襲いくる便意を何とか尻の谷で受け止め、着衣を汚すことなく、適切な処理を遂行。 あと0.1秒でも下着を下ろすのが遅ければ。。。考えただけでも恐ろしい、背筋の凍る出来事でした。 そんな私、汚いナ○シカ、もとい尻の谷のナ○シカが黄金ロードをランララ歩きます。 ここはあれですね、夏来たらすごい大変そうですね。 轍っぽくなっているところを見る限り、きっとここは行政の車両が出入りする場所なのでしょう。 やはりという看板も確認後、三方塚へ戻り、キングオブ吉道を通り本日の山行終了。 しかしアルファベットルートの急傾斜は慣れませんね。もっと修行を積まねば。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。