パノラマ台・鉄砲木ノ頭・三国山・楢木山・大洞山(山中湖交流プラザから籠坂峠まで縦走)

2019.01.06

活動詳細

詳しく見る
2019年最初の山行は、久しぶりに次男を含む家族3人でのハイキングでした。昨年は次男を登山に誘っても嫌がって一度も付き合ってくれなかったので、実に1年以上ぶりになります。これからもたまには一緒に登ってほしい…。 三国山(みくにやま)ハイキングコースは、山中湖交流プラザから籠坂峠(かごさかとうげ)まで、山中湖パノラマ台・鉄砲木ノ頭(てっぽうぎのあたま)・三国山・楢木山(ならきやま)・大洞山(おおぼらやま)・アザミ平を経由していく初心者向けのルートで、パノラマ台と鉄砲木ノ頭からは富士山をバックにした山中湖の絶景が見られるはずだったんですが、今回は曇天のため富士山は見えずじまいでした。 自分にはやや物足りない山行でしたが、静岡県の山なのに広義の丹沢山系だということに興奮しました。いつか三国山から蛭ヶ岳までの丹沢主稜を繋いでみたいですね。
山中湖交流プラザきららの駐車場からスタート。6:50の時点でガラガラでした。
正面には見えるなだらかな丘のような山は鉄砲木ノ頭。
山中湖交流プラザきららから登山口はすぐ。
整備された山道を登っていきます。
すぐに舗装路に出ます。山と高原地図では舗装路沿いに進むように記載されていますが、パノラマ台までまっすぐ進む山道がありました。
パノラマ台に到着。車で来れる人気の撮影スポットということですぐに満車になるそうです。曇天なのに三脚を構えて富士山待ちしている方がいてびっくり。だんだん天気悪くなる予報なのに…。
今回の富士山はこんな感じでした。裾野しかみえない…。
太平山や石割山は綺麗に見えました。
次の目的地、鉄砲木ノ頭へ向かいます。
枯れ草の道を登っていきます。土が脆く大きく抉られて歩きにくかった…。
パノラマ台から約25分で鉄砲木ノ頭山頂に到着。山中諏訪神社の奥宮があり、明神山(みょうじんやま)とも呼ばれています。
奥に白く輝く八ヶ岳がチラッと見えました!
山中湖が一望できます。富士山が見えれば最高だったんですが。
これから縦走する三国山方面。ここも含めて、蛭ヶ岳から三国山までが丹沢主稜になります。
ここから三国山は大人で35分だそうです。わざわざ「大人」って書くの珍しいな。
まっすぐ西へ下ります。正面が三国山です。
10分ほどで県道730号線の三国峠まで下りました。山梨県山中湖村と神奈川県足柄上郡山北町の境界です。
道路を渡ったらひたすら登りです。
20分強で三国山山頂に到着。静岡の百山54座目です。
三国山山頂は名前の通り山梨県・神奈川県・静岡県の県境です。南側には小山町や御殿場市の街が見えました。南からは富士スピードウェイからの爆音が聞こえてきます。
三国山から籠坂峠までは三国山稜と呼ばれる尾根になります。なだらかでラクチン。
このあたりに楢木山の山頂があったはずなんですが、標識を見つけられずよく分かりませんでした。
次男のペースが速い…。置いていかれるアラフィフ夫婦です。
大洞山山頂に到着。今回のピークでは最高峰です。
三等三角点は赤く塗られてました。
ピークは全て通過したので、あとは籠坂峠まで歩くだけ!途中日本庭園のような平坦な場所を通過。
アザミ平と呼ばれる場所でした。普通のアザミより花が大きい「フジアザミ」の群生地なんだそうです。9月頃登れば見れたのかも。
天気が良ければ立山(たちやま)展望台を経由していくつもりでしたが、眺望は期待できなかったのでまっすぐ籠坂峠へ。寒くなってきたと思ったら、雪が降ってきました。
立山経由のルートと合流しました。
山中湖村公園墓地が山道の終点です。
ゴールの籠坂峠に到着!お疲れ様でした。さて次のバスは何分後かな?
1時間に2本のバスは3分前に行ってしまってました!どうせバスだと山中湖旭日丘で乗り換えないといけないので時間がかなりかかりますし、3人だと運賃もかさみそう。今回はタクシーを電話で呼びました。
5分ほどで来たタクシーはワゴンタイプで、ザックを持ったままでも楽々乗車OK。山中湖交流プラザきららまでは10分弱!料金は2,350円でした。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。