『Road to 天山』(佐賀市大和町→→→中多久駅)

2019.01.06

活動詳細

詳しく見る

中高年登山さんのお誘いにより、Furukawaさんと共に、今後の「大縦走」のコース確認も兼ねて、大和町から中多久駅まで「中縦走」してきました⛰⛰⛰ これで、自分の家から見える「天山山系(雨山・天山・彦岳)〜金立山系(金敷城山・金立山・腰巻山・猿岳・土器山)」が一本につながりました🤝 あとは、いつ「大縦走」を実施するか…🧐 今回は「ノーラン🏃‍♂️🙅‍♂️」だったのですが、お二人とも歩くのがめちゃくちゃ速いこと!とても◯十代とは思えませんでした😲 実は、ヤマッパーの方と行動を共にさせて頂くのは初めてだったのですが、楽しくお話しさせてもらい、8時間強の山行もあっという間でした(←さすがにそれは言い過ぎ⁇😝)。 スタート早々に手袋🧤を落としたり、最後の佐賀駅ではきっぷ紛失騒動を引き起こしたり(「きっぷがないない」言ってたら、腕時計と腕の間に挟んでいたという…🤣)と、ご迷惑をお掛けしましたが、これに懲りずにまたご一緒させてくださいませ🙇‍♂️

集合場所から舗装路を約3km、円光院というお寺から取り付く。
鉄塔の周りはフェンス沿いを行く。一人なら、この時点で不安になるレベル。
円光院から林道への出合い(左のポールのところ)。この先の左手には川上峡に降りる道があるとのこと。
テープがなければ、こんなところを通るとは思わない。
どこに道があるかわからないが、中高年登山者さんたちがテープを付けてくれてるおかげで、迷いなく行けそう。
林道から尾根に取り付く。中高年登山者さんが先日ウラジロを刈ってくれたおかげで、わかりやすい!(道はなかなかの傾斜だったけど😅)
尾根に取り付く地点。林道でも行けるが、今日はあえてひたすら尾根道を行くとのこと。
わかりにくいけど、急登なんです。
何回か林道と出合いながらも尾根道へ。
まず道だとはわからない。
90度進路が変わる三角点。中高年登山者さんがわかりやすく矢印入りテープを貼ってくれています。
円光院から2時間で白坂峠に到着。
確認のために、円光院方面を撮っておく。
ガードレールの外にある標識は中高年登山者さんが復旧。
彦岳に向かいます。
朽ちた標識。
お初の彦岳。ここで昼食タイム。
中高年登山者さん、コーヒーありがとうございます☕️ おかげで、体が温まりました♨️
「あっ、嘉瀬川ダムと古湯温泉が見える!👀」と思って撮ったけど…😭
屏風岩から。初めて景色が開ける🏞
今回唯一の証拠写真。
七曲峠到着! そういや、ここまで他の登山者に出会っていない。当然ちゃ当然の気もするが😑
ここから天山は何度も行ってるし、中多久駅ルートも約1年前に踏破済み。
途中振り返ると、さっきいた彦岳の奥にうっすら、金立山系が見える!👀
天山到着! 多くの人がいらっしゃいました(はずです。すぐに雨山方面に行ったので…)
きれいな雨山。☔️⛰
佐賀市内方面。若干曇って見えにくいですな😢
☔️⛰山頂と天山。
雨山頂上から反対に降りるのはお初。
車道に出合う。
展望台(?)で小休憩。
展望台脇から廃道っぽい登山道を行く。この辺りの草も中高年登山者さんが刈り取られたとのこと。感服です😌
袖山林道に出合ったあと、「道なき未知の道」を行く。
こんなところに突っ込んでいく、中高年登山者さんのフロンティアスピリットにこれまた感服😲
ガードレールを超えて、さらにショートカット。
いばらや棘のある木との格闘などの苦難の末、砂防ダム左手から降りてくる。 この九州自然歩道は以前走った経験あり。
砂防ダムから降りた林道は大雨の影響で崩落…😭
ひたすら舗装路を歩きますが、途中の菜の花に癒される♪🌷
ここからは岸川集落に向けてがっつり車道。
岸川まんじゅうは残念ながらお休み🤦‍♂️
中多久駅到着!ここから最若手の自分が「聖水🍺」(by Furukawaさん)を求め、酒屋にダッシュ💨
帰りの唐津線車内から。 全行程の半分くらいは写ってるかな⁇⛰⛰⛰

参加メンバー

  • 中高年登山
    中高年登山

    Saga, Fukuoka, Oita

    ID: 363748

    九重方面や祖母傾山方面に行ったりしてましたが、最近、朝起きてから行ける近場の山もたくさん登ろうと思うようになりました。

  • Furukawa
    Furukawa

    Saga, Fukuoka

    ID: 333674

    トレイルランニングが好きです。あと長距離の縦走も好きです。そして孫との登山がなにより好きです。よろしくお願いします。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。