尼ヶ岳・一ノ峰・ニノ峰・三ノ峰・四ノ峰・大洞山(雄岳)・大洞山(雌岳)

2024.01.26(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 19
休憩時間
1 時間 32
距離
17.0 km
のぼり / くだり
1208 / 1252 m
18
51
23
2
3
12
19
11
28
9
43
24

活動詳細

すべて見る

寒波到来ということで、雪のあるところに行きたいなと思ってました。いくつか候補があったのですが、ひょっこり金曜に休暇でとれたため尼ヶ岳と大洞山をセットで歩くことにしました。ここは車だと行きやすいですが、電車バスではなかなかいい時間に便がありません。唯一、青山町駅からのバスで高尾登山口にアクセスするといい時間帯に着けます。しかしこのバスが火曜と金曜しか運転されないのでいままで行けませんでした。また、三峰山にも近いので雪もあるんじゃないかなと期待しました。 それから、今回の山行でYAMAP500座を超えました。通過点ではありますが、これからも一歩づつ歩きたいです。 ・青山町駅からの行政バスは運賃200円です。 ・登山道に危険箇所はありませんが尼ヶ岳からの下りと二ノ峰付近はテープをよく見たほうがいいです。

大洞山・尼ヶ岳 近鉄青山町駅から、青山行政バスというコミュニティバスに乗って高尾バス停からスタートです。この朝の便は火曜と金曜しか走らないので休暇を取らないと乗れません。駅から終点まで乗客は私一人で、運賃も200円と安く申し訳ないような気持ちになりました。
近鉄青山町駅から、青山行政バスというコミュニティバスに乗って高尾バス停からスタートです。この朝の便は火曜と金曜しか走らないので休暇を取らないと乗れません。駅から終点まで乗客は私一人で、運賃も200円と安く申し訳ないような気持ちになりました。
大洞山・尼ヶ岳 バス停の先は田んぼと山の、のどかな風景ですが、風が強めでやや寒いです。
バス停の先は田んぼと山の、のどかな風景ですが、風が強めでやや寒いです。
大洞山・尼ヶ岳 ここは尼ヶ岳方面へ
ここは尼ヶ岳方面へ
大洞山・尼ヶ岳 トイレあります
トイレあります
大洞山・尼ヶ岳 最初は林道を歩きます
最初は林道を歩きます
大洞山・尼ヶ岳 この橋を渡ったところから登山道
この橋を渡ったところから登山道
大洞山・尼ヶ岳 わかりやすい地図
わかりやすい地図
大洞山・尼ヶ岳 霜柱がニョキニョキ育ってました。
霜柱がニョキニョキ育ってました。
大洞山・尼ヶ岳 なだらかな道です。
なだらかな道です。
大洞山・尼ヶ岳 いよいよここから階段の試練となります。なんとなくダイトレを思わせる雰囲気
いよいよここから階段の試練となります。なんとなくダイトレを思わせる雰囲気
大洞山・尼ヶ岳 長い…
長い…
大洞山・尼ヶ岳 このあたりから風がさらに強くなってきました。
このあたりから風がさらに強くなってきました。
大洞山・尼ヶ岳 振り返ると少し展望
振り返ると少し展望
大洞山・尼ヶ岳 尼ヶ岳の山頂が見えてきました
尼ヶ岳の山頂が見えてきました
大洞山・尼ヶ岳 最後の登り。吹き付ける風で体感温度はかなり低く感じました
最後の登り。吹き付ける風で体感温度はかなり低く感じました
大洞山・尼ヶ岳 尼ヶ岳です。強風です。雪はうっすらあるだけです。残念ながら霧氷はありません
尼ヶ岳です。強風です。雪はうっすらあるだけです。残念ながら霧氷はありません
大洞山・尼ヶ岳 北西側
北西側
大洞山・尼ヶ岳 南西側
南西側
大洞山・尼ヶ岳 北東側
北東側
大洞山・尼ヶ岳 お地蔵さま
お地蔵さま
大洞山・尼ヶ岳 寒いのですぐに山頂を離れます
寒いのですぐに山頂を離れます
大洞山・尼ヶ岳 次に目指す大洞山です。
次に目指す大洞山です。
大洞山・尼ヶ岳 倒木
倒木
大洞山・尼ヶ岳 日が差すと暖かいです。太陽に感謝
日が差すと暖かいです。太陽に感謝
大洞山・尼ヶ岳 大タワです。尼ヶ岳と大洞山の間のコルです。
大タワです。尼ヶ岳と大洞山の間のコルです。
大洞山・尼ヶ岳 大洞山への登り返し
大洞山への登り返し
大洞山・尼ヶ岳 これから一から四の4つの峰を越えます。まず一ノ峰
これから一から四の4つの峰を越えます。まず一ノ峰
大洞山・尼ヶ岳 ここは左の急登に進みます。二ノ峰を目指します
ここは左の急登に進みます。二ノ峰を目指します
大洞山・尼ヶ岳 二ノ峰です。プレートが複数ありますが書かれている標高が異なります。この二ノ峰への登りがいちばんきつかったです。風もいちばん強かった
二ノ峰です。プレートが複数ありますが書かれている標高が異なります。この二ノ峰への登りがいちばんきつかったです。風もいちばん強かった
大洞山・尼ヶ岳 二ノ峰から急降下して東海自然歩道に合流
二ノ峰から急降下して東海自然歩道に合流
大洞山・尼ヶ岳 倉骨峠
倉骨峠
大洞山・尼ヶ岳 ここで、ルートを少し外れて桔梗平方面を少しだけ歩きます
ここで、ルートを少し外れて桔梗平方面を少しだけ歩きます
大洞山・尼ヶ岳 石畳と苔の道です。一度来たかったところ
石畳と苔の道です。一度来たかったところ
大洞山・尼ヶ岳 ゴロゴロの岩と苔と雪の織りなす世界をひとり占め
ゴロゴロの岩と苔と雪の織りなす世界をひとり占め
大洞山・尼ヶ岳 東側の斜面になるので北西の風が遮られて穏やかです。
東側の斜面になるので北西の風が遮られて穏やかです。
大洞山・尼ヶ岳 じっくりとこの景色を堪能しました。
じっくりとこの景色を堪能しました。
大洞山・尼ヶ岳 元のルートに戻ります
元のルートに戻ります
大洞山・尼ヶ岳 三ノ峰です。
三ノ峰です。
大洞山・尼ヶ岳 続いて四ノ峰
続いて四ノ峰
大洞山・尼ヶ岳 さらに尾根を登ります
さらに尾根を登ります
大洞山・尼ヶ岳 あと少し
あと少し
大洞山・尼ヶ岳 目の前が開けました
目の前が開けました
大洞山・尼ヶ岳 倶留尊山かな?
倶留尊山かな?
大洞山・尼ヶ岳 大洞山の雄岳に着きました。山頂は風は少しましです。
大洞山の雄岳に着きました。山頂は風は少しましです。
大洞山・尼ヶ岳 先ほど登った尼ヶ岳
先ほど登った尼ヶ岳
大洞山・尼ヶ岳 では先に進みます
では先に進みます
大洞山・尼ヶ岳 これ以上の雪に出会えなかったのが残念
これ以上の雪に出会えなかったのが残念
大洞山・尼ヶ岳 いったん下り
いったん下り
大洞山・尼ヶ岳 コルから
コルから
大洞山・尼ヶ岳 登り返します
登り返します
大洞山・尼ヶ岳 シンボルツリーなのかな
シンボルツリーなのかな
大洞山・尼ヶ岳 大洞山の雌岳に着きました
大洞山の雌岳に着きました
大洞山・尼ヶ岳 三角点
三角点
大洞山・尼ヶ岳 うーん。高見山だろうか?もっと近いような。
うーん。高見山だろうか?もっと近いような。
大洞山・尼ヶ岳 お地蔵さま
お地蔵さま
大洞山・尼ヶ岳 こちらは倶留尊山
こちらは倶留尊山
大洞山・尼ヶ岳 そして下山します
そして下山します
大洞山・尼ヶ岳 おお、大峰の山々が。
おお、大峰の山々が。
大洞山・尼ヶ岳 階段をひたすら降ります
階段をひたすら降ります
大洞山・尼ヶ岳 なんだか風も収まって、暖かい
なんだか風も収まって、暖かい
大洞山・尼ヶ岳 ひでお… 私ではないです
ひでお… 私ではないです
大洞山・尼ヶ岳 登山口
登山口
大洞山・尼ヶ岳 こっちです
こっちです
大洞山・尼ヶ岳 サザンカ
サザンカ
大洞山・尼ヶ岳 林道
林道
大洞山・尼ヶ岳 真福院には大きな杉の木があります
真福院には大きな杉の木があります
大洞山・尼ヶ岳 のどかな。
のどかな。
大洞山・尼ヶ岳 みかんかな?
みかんかな?
大洞山・尼ヶ岳 三多気の桜はシーズン以外はひっそりしています
三多気の桜はシーズン以外はひっそりしています
大洞山・尼ヶ岳 茶畑もあります
茶畑もあります
大洞山・尼ヶ岳 ミツマタ
ミツマタ
大洞山・尼ヶ岳 ロウバイ
ロウバイ
大洞山・尼ヶ岳 道の駅に行こうと思いますが、ここから旧伊勢本街道を歩きます
道の駅に行こうと思いますが、ここから旧伊勢本街道を歩きます
大洞山・尼ヶ岳 スイセン
スイセン
大洞山・尼ヶ岳 旧伊勢本街道ですが、ここは荒れてます
旧伊勢本街道ですが、ここは荒れてます
大洞山・尼ヶ岳 倒竹だらけ
倒竹だらけ
大洞山・尼ヶ岳 倒木
倒木
大洞山・尼ヶ岳 ここから奈良県
ここから奈良県
大洞山・尼ヶ岳 さらに峠越え
さらに峠越え
大洞山・尼ヶ岳 でも伊勢本街道
でも伊勢本街道
大洞山・尼ヶ岳 かなり荒れてます
かなり荒れてます
大洞山・尼ヶ岳 姫石明神
姫石明神
大洞山・尼ヶ岳 岩坂峠
岩坂峠
大洞山・尼ヶ岳 お、大洞山がきれいに見えます
お、大洞山がきれいに見えます
大洞山・尼ヶ岳 こちらは左が二本ボソ、右が倶留尊山
こちらは左が二本ボソ、右が倶留尊山
大洞山・尼ヶ岳 道の駅に到着。お風呂タイム!
道の駅に到着。お風呂タイム!
大洞山・尼ヶ岳 入浴後のラーメンとコロッケ
入浴後のラーメンとコロッケ
大洞山・尼ヶ岳 心も体もすっきりしたところで中太朗生まで。道の駅からバスに乗ってもいいのですが、以前に倶留尊山に登ったときの軌跡とつなげようと思い、あるくこにしました。
このバス、いい味出してますね
心も体もすっきりしたところで中太朗生まで。道の駅からバスに乗ってもいいのですが、以前に倶留尊山に登ったときの軌跡とつなげようと思い、あるくこにしました。 このバス、いい味出してますね
大洞山・尼ヶ岳 つらら
つらら
大洞山・尼ヶ岳 再び奈良県から
再び奈良県から
大洞山・尼ヶ岳 三重県に
三重県に
大洞山・尼ヶ岳 大洞山
大洞山
大洞山・尼ヶ岳 南出口バス停でゴールです。
しかし。
バスの時間まで1時間ほどあり、その待ち時間が寒かった!山頂よりも寒くて震えていました。
南出口バス停でゴールです。 しかし。 バスの時間まで1時間ほどあり、その待ち時間が寒かった!山頂よりも寒くて震えていました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。