入笠山(沢入登山口から)

2024.01.17(水) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 2
休憩時間
1 時間 6
距離
9.7 km
のぼり / くだり
628 / 629 m
1 59
1 3
22
49

活動詳細

すべて見る

軽めの雪山を探して入笠山へ。 スノーシューの試運転が目的ですが、今年はどこも雪が少な目らしくい色々調べてコチラへお邪魔しました。予想通り登山道はツボ足でいける位の積雪だったので、お花畑の斜面と大阿原湿原でスノーシューの感触を確かめます。平地だと快適ですが登りは結構キツイですね。片足で+900gなので大分重くなりますが、踏み抜き地獄を考えれば許容範囲です。湿原周囲の木道も雪が少な目だったので後半は湿原をショーカット。無理矢理歩きましたが結局1km位しか試せませんでした。 途中、いきなり雪の上にコロンとまん丸なヤマネの冬眠を見つけました。(写真に撮ったつもりだったけど撮れてなかったよ)枝から落ちたのかもしれんけど、狐なんかに狙われると可哀想なのでそっと笹藪の陰に移しておきました 気を取り直し入笠山へ。 山頂は広く見事な360°パノラマでした。 八ヶ岳を端から端まで見渡せ、中央アルプス、北アルプスも良く見えます。やはり甲斐駒ヶ岳は何処から見てもカッコ良い。 昨日とは打って変わり、風も穏やかなので山頂でゆっくり休憩します。 ここまではほぼツボ足で登ってきましたが、問題は下りです。今回、12本爪アイゼンは持ってきましたがチェーンスパイクを忘れてしまいました。スノーシューに気を取られ一番必要なチェーンスパイクを忘れてしまうとは…。12本爪はちょっと大袈裟と思い結局ツボ足で下ります。多少滑るものの、雪もまだ締まっていたので何とか歩けましたが、ちょっとでも不安ならアイゼンつけましょう。(チェーンスパイクは御守り代わりに必ず携行しましょう) お手軽な割に景色最高!のお得な入笠山でした。 (10.0kg)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。